橋下 徹 放射能汚染瓦礫受け入れ表明に見られる “大阪愛” の不足

〔第70回〕
  小出裕章さんの発言を集めた「小出裕章(京大助教) 非公式まとめ」http://hiroakikoide.wordpress.com/ に収録されていた 毎日放送「種まきジャーナル」での12月21日の放送で、大阪市長になった橋下 徹が、福島県などの瓦礫を受け入れると言い出したという話が語られていました。文字起こしをされている「ざまあみやがれい!」 http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65781622.html   http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65781692.html から、そのまま引用させていただきます。

水野「あの、次にですね、放射能汚染された被災地の瓦礫の処理についてうかがいいたいんです。」
小出「はい」
水野「大阪の橋下市長が細野原発担当大臣と会談して
小出「はい」
水野「あの、被災地の瓦礫……を受け入れることについて、安全面での基準がしっかりと作られたらうけいれるというふうにおっしゃたんですね
小出「はい(苦笑)」
水野「ただ大阪の場合は特殊な事情があって。海への埋立と。海へ埋め立てるという話があるというふうにおっしゃったら細野さんはですね、今の安全基準作りは陸で埋め立てることを前提としていたので、海に埋めるケースの安全性はもう一度確認する必要があると。まあただ協力して進めたいというふうにおっしゃったんですよ」
小出「はい」
水野「これ陸での埋立と、海での埋立ってのは、どう意味が違うんでしょうか」
小出「え……。まずどっちにしても大したかわりはありません。私は埋めてはいけないと言っています」
水野「うめてはいけない、はい」
小出「はい。えー、元々、放射性物質というものを産業廃棄物処分場に埋めたりするということそのことがいけないこと、だったわけ、です。ただもうどうしようもない状況でもう国の方は、それぞれの自治体で勝手に燃やして勝手に埋めろと言ってるわけですけれども。どっちも正しくありません。」
水野「はい」
小出「え……今現在の焼却、各自治体が持ってる焼却施設で燃やすようなことをすれば
水野「ええ」
小出「放射性物質が空気中に飛散してくる可能性が強いですし。
水野「はい」
小出「埋めてしまえばもう取り返しがつきませんので、埋めてはいけません。え…ですから私は基本的には今の日本の国の指示に全て反対、です。ただし、ですけれども、この番組でも私は聞いていただいたとおもいますが、え……膨大にすでに、存在してしまっている震災瓦礫、をこのまま放置することはできないと私は、思っています」
水野「そうですよねえ……はい。」
小出「で、私が何よりも望んでいることは……子供たちを被曝から守るという、ことです。」
水野「はい」
小出「え…もちろん、大阪の子供たちも被曝から守りたい、ですし」
水野「そうです、はい」
小出「各地の子供たちも守りたいのですけれども。福島の子供たちだって、私の願いの中には含まれて、います。今のまま放置しておくような瓦礫を、放置しておけば、福島の子供たちに被曝がますます集中してしまうとおもいますので、何よりも素早く行動を取らなければいけないと、思います。1番大切なことは福島現地に、え…専用の焼却施設を早急に作って、そこで焼くということ、です」
水野「専用の焼却施設を作るべき」
小出「はい」
水野「それはやはり、特別な施設が必要だってことですね」
小出「もちろんです」
水野「はい」
小出「はい。但しそれだけではとうていもう間に合わない、状況がありますので。私は各自治体で引き受けるべきだと実は言ってきて、みなさんから怒られて、怒られ続けていますが。え……子供たちの、トータルの被曝を少しでも減らすためには、それしかないと私は思って、います。但しそのためには国が言っているようなやり方はダメで、現在の焼却施設にきちんと排気系統に、放射能を補足できるようなフィルター等を取り付ける必要が、あります。え……その上で焼くことは私は受け入れざるをえないと思って、います。そして出てくる焼却灰は、各自治体で埋めてはいけません。え…それはもともと東京電力…、う……福島第一原子力発電所の原子炉の中にあった東京電力のれっきとした所有物が今汚染物として出てきているわけですから。」
水野「ええ」
小出「東京電力にお返しするのが筋だ、筋なわけですし。これからえ…福島第一原子力発電所の事故収束のために、多くの石棺をつくったり地下に遮水壁を作ったりするために膨大なコンクリートが必要になりますので
水野「ええ」
小出「え……その原料に使って福島第一原子力発電所に持ち帰るというのがいいと思います。
・・・・・・・・・
(太字箇所は私がここで太字にさせていただきました。)


   放射能汚染された瓦礫を受け入れるかどうか、という問題について、中部大学・武田邦彦教授のブログhttp://takedanet.com/ では、たとえば、《生活と原発 07 汚染された瓦礫の処理》http://takedanet.com/2011/04/post_29f3.html (2011年4月12日)で、
≪ 震災で汚れた福島の瓦礫を、川崎市が処理するという話が出ています。
・・・・・・・・・・・・・・
わたくしは福島の瓦れきを川崎で処理するのに賛成できません。

たとえ、川崎が瓦礫の受け入れに当たって瓦れきの放射性物質を測定し、それが基準内であっても、わたくしは川崎に持ち込むのは問題と思います.

通常では「規制値以下」の放射性物質を含む野菜を食べても良いのですが、現在のように身の回りに放射性物質が多くあるときには、「可能な限り放射性物質に接しない」方が良いからです。

つまり現在は、空間、内部、食品、水などからの被曝の「足し算」をせざるを得ない時期です。

川崎や横浜の放射性物質の量はなんとか安心できる範囲ですが、それにさらに放射性物質が加わるから問題なのです.

・・・・・・・・・
福島の瓦礫や土壌は放射性物質で汚れました。それは「福島原発という限られた場所に閉じ込められていたものが、福島県を含めて広く散らばった」ということを意味しています.

これからは、 「散らばった放射性物質をできるだけ、福島原発の近くに集める」ことをしなければなりません.従って、福島のゴミなどは早く原発の近くに放射線物質を回収できるフィルターのついた焼却炉を作って、そこでドンドン放射性物質を回収する必要があります。

そうしないと放射性物質が徐々に日本全体に拡がります.その第一歩を川崎がすることになり、同情は良いことですが、決して放射性物質を「拡がらせる」ことになってはいけません。

それは今、福島の人が苦しんでいることと同じ事なのです.

川崎に運ぶ予定の瓦礫などから「拡散させない」という行動を開始するべきで、これは東電に期待しても、到底できませんから、自治体もダメで、政府が指導力を発揮しなければならないと思います.≫
と述べられるなど、放射能汚染された瓦礫は他の都道府県・市町村で受け入れるべきではないと述べられてきたように思います。(太字は、引用に際して、私が太字にさせていただきました。)

   実際、放射能汚染された瓦礫は拡散させるべきではないと私も思います。 福島県の≪子供たちを被曝から守るという≫ためというのであれば、放射能汚染された瓦礫を拡散させるのではなく、福島県の子供を疎開・避難させるべきでしょう。、ここで、気になる・・・というよりも、「またか!」と思ったのは、橋下 徹の大阪府・大阪市への愛情・愛着の欠落です。

   かつて、神奈川県の逗子市の池子に米軍住宅ができるという時に、逗子市の住民が反対し、日本共産党は、日米安保条約がある限り、米軍は日本国内のどこにでも米軍住宅を作ることができるのであるから、日米安保条約に反対せずに、逗子市の米軍住宅にのみ反対しても、逗子市ではなく他の場所に米軍住宅ができるだけであるので、日米安保条約に反対せずに、逗子市の米軍住宅にだけ反対するような動きには協力できない、と、当初、協力を断った、という記事を新聞で見たことがありました。 確かに、安保条約に反対せずに、ある場所での米軍住宅の建設にだけ反対するのでは、他の市町村に作れと言っているだけ、になってしまうでしょう。
   そういう面はあるでしょうけれども、しかし、いったい、どこの誰が、自分の方から、自分の所の自治体に作ってくれと言い出すでしょうか? 自分の所に作ってくれと言う市長・知事がいたらおかしいですよね。
  
   放射能汚染された瓦礫についても、福島県の人たちはどうでもいいなどとは思っていないとしても、自分の所に放射能汚染された瓦礫を引き受けるかというと、引き受けたくないというのが普通ですよね。≪現在の焼却施設にきちんと排気系統に、放射能を補足できるようなフィルター等を取り付け≫た上で焼却するということで、受け入れざるをえないと考えるのか、やはり、受け入れることはできないと考えるのか、いずれにしても、積極的に大喜びで受け入れる性質のものではありませんよね。

   橋下徹は、かつて、民主党政権ができた直後、鳩山由紀夫内閣の時に、沖縄の米軍基地を「少なくとも県外」に移そうとして、妥当な移転先が見つからずに困っていた時にも、「関空(泉州沖の関西国際空港)に米軍基地を移転するというのであれば、相談に応じる」と、当時、大阪府知事の橋下徹の方から言い出した時がありましたよね。
 
   関空(関西国際空港)は、実際のところ、“ほとんど和歌山空港”であって、大阪府でも中部以北の人間、京都、神戸の人間にとっては便利悪い。 かつて、「コミューター空港」と言って、地方に空港を次々と作った時期がありましたが、南紀白浜空港しかない和歌山県と大阪府最南部のためのコミューター空港としての「泉南和歌山空港」であれば、立地としておかしくないでしょうけれども、「関西国際空港」として考えると、あまりにも、南すぎるのです。大阪市沖でなくても、南の方なら、せめて、堺市沖くらいまででしょう。
   もともと、関空は、作られる時から、これは、「朝鮮半島有事の際」を考えた、米軍と米軍の配下にある自衛隊が使うことを考えた軍事空港として作られるのではないのか? ということが言われていましたよね。 朝鮮半島を視野において考えた時、福岡の板付では近すぎる。 東京の厚木や横田では遠い。 その間の場所で、物資の補給などを考えて、ある程度以上の大都市から遠くない場所で、かつ、大都市に近すぎない場所、東京と厚木、東京と横田、東京と横須賀くらいの距離の場所で、かつ、陸地でなく海上であれば、実際に、そこで何をやっているか、周囲の住人にはわかるよしもない、という場所、ということで考えると、西日本で1番の都市・大阪から遠くなく、かつ、近すぎない場所で、海上で、という条件を考えれば、まさしく、今の関空がそれにあたる場所ですよね。それで、関空の場所は決まった??? ・・・・のかな・・・という感じの立地なのです。関空は。
   そうであったとしても、です。 その都道府県の知事の方から、「米軍基地としようというなら相談に応じる」などと言い出すというのは、おかしくないですか? 徳之島とかであれば、米軍基地を受け入れることでのマイナスがあるとともに、基地が来ることでのプラス面も、ある部分では期待できるものがあるかもしれません。原発を受け入れた町が、原発の危険性を受け入れるとともに、その町村へのカネの落下と原発での雇用の創出が期待できるというのと同じく、米軍基地にも、プラス面を期待する地方の市町村があるかもしれません。 しかし、東京に次ぐ中心地である大阪府には、そういうものを期待する理由はありませんよね。
   なぜ、橋下徹は、大阪府知事の方から、米軍基地を受け入れる話に応じるなどと言い出すのですか?

   関空への米軍基地にしても、放射能汚染された瓦礫の受け入れにしても、橋下徹の態度はおかしくないですか?  どうも、橋下は、大阪市長・大阪府知事の方から、受け入れようとするような発言をしているように見受けられますが、なぜでしょう。

  プロ野球の近鉄バッファローズが消滅した時、オリックスのオーナーが球団経営は簡単ではないと話したのに対して、当時、横浜ベイスターズにいた仁志選手が「球団経営に失敗したオリックスが言うことではない」と話した記事を見ました。私もそう思いました。 オリックスという会社は、なぜ、関西の球団を、東京オリックス大阪営業所みたいな球団にしてしまうのでしょう。  私が子供の頃、大阪から神戸にかけては、セ・リーグに阪神、パ・リーグに、南海・阪急・近鉄の3球団、計4球団あって、特に、パ・リーグは3球団がその地域にあるため、その地域のプロ野球ファンの数から考えて多すぎるのではないか、それが、パ・リーグ3球団の経営の難しさとなっているのではないか、といったことが言われました。 その後、南海ホークスは、ダイエー(→ソフトバンク)に買収されて福岡へ移転し、近鉄バッファローズは消滅して、かわりにできた楽天ゴールデンイーグルスは仙台を本拠地とするようになり、関西の球団は、セ・リーグの阪神、パ・リーグのオリックスの2つだけになりましたが、 元・南海ファンは、オリックスのファンになった人よりも阪神ファンになった人の方が多いですよね。 元・阪急ファンもオリックスのファンになった人より阪神ファンになった人の方が多いでしょう。元・近鉄ファンも、楽天ファンになった人と阪神ファンになった人はいても、オリックスのファンになった人は少ないのではないでしょうか。 かつて、セ・リーグの覇者・巨人に対して、パ・リーグの王者であった阪急ブレーブスを引き継いだオリックスで、元・巨人の土井を監督にしたり、元・西武の石毛を監督にしたり、なんだか、関西の人間はオリックスのファンになってもらわなくてけっこうです、と言っているような監督人事でしたよね。 東京オリックス大阪営業所みたいなチームのファンになる関西人・大阪人なんてあるのかなあ~あ・・・・と私は思いました。
  それで、プロ野球の球団については、魅力のない球団運営をする球団は、人気を得ることができなくなるだけのことで、オリックスの人気がなければ、その分、甲子園球場がますます満員になるだけのことです。 オリックスの経営者は、関西では阪神タイガースの人気が絶大だからオリックス ブルーウェーブ(→オリックス バッファローズ)の人気があがらないと思っているようですが、実際は、オリックスが関西人はファンになってもらわなくてけっこうです、という球団運営をしたから、その分、阪神ファンが増えたのですが、オリックスの経営者はわかってないのでしょうか???  と思うのですが、まあ、それだけのことです。
  それに対して、米軍基地とか放射能汚染された瓦礫の受け入れは、「それだけのこと」と言うわけにはいきません。

  それで、橋下徹という男は、なんだか、東京オリックス大阪営業所 みたいな大阪府知事・大阪市長だなあ、と思うのです。 橋下は、石原新太郎を尊敬しているとか言っていたように思いますが、なんだか、東京都知事から任命されて派遣されたのか? みたいな大阪府知事・大阪市長だと思いませんか?
  東京からか、もしくは、他のある程度離れた地域、特に、東日本の方の都道府県、市町村から、出向できているような大阪府知事・大阪市長だと思いませんか?

  「福島県の放射能汚染された瓦礫」ではなく、「ベラルーシ(白ロシア)の放射能汚染された瓦礫」「ウクライナの放射能汚染された瓦礫」だったらどうですか? そういうものを積極的に受け入れようとする大阪府知事・大阪市長て、支持しますか?

  大阪府・大阪市が福島県から受け入れるべきものは、放射能汚染された瓦礫ではないと思います。 大阪市の街中にも、都市化が進んで、そこに住んでいる人間が減り、児童・生徒がいなくなってしまった小学校・中学校があるのではないでしょうか。 大阪府でも、周辺部では、児童・生徒の数が少ない小学校・中学校があるのではないでしょうか。 そういう小学校・中学校で、福島県の小学生・中学生の疎開を受け入れるべきではないでしょうか。瓦礫は放射能汚染されていても、人間は汚染されていないと思いますよ。 瓦礫を受け入れるよりも人間を受け入れた方がいいと思います。 都会の子供は、地方の子どもとの出会いを持ち、福島県の子どもは、大阪の子どもと接触する機会を持つという経験は、将来にもプラスになると私は思います。
  都会の人間は、福島県の住人というのは、誰もが農業か漁業に従事しているかのように思っているかもしれませんが、福島県でも、今は、親戚に農家の人がいて田植えの時には手伝いに行くけれども自分自身は農地を持たずに会社員であるという人は少なからずおり、農家であっても、今は、専業農家よりも兼業農家の方が多いはずで、福島県の東部中部の工業団地の工場が震災と原発事故により閉鎖されて、仕事に困っている人もおられるのではないかと思うのです。大阪市・大阪府は、放射能に汚染された瓦礫を受け入れるのではなく、そういった勤務先の工場が閉鎖されて困っている方の勤め先としての受け入れを考える方が良いのではないでしょうか。
  私は、こういったことを考えますが、橋下は考えたことないのでしょうか?

  
  放射能汚染された瓦礫の受け入れに対して、抵抗を感じない男・橋下 徹に感じられるのは、 やはり、
“大阪愛”の欠如 だと思います。  「欠如」と言って、言い過ぎだと言うならば、“大阪愛”の不足 と言ってもかまいませんが、不足しているものなら増やせばよいのですが、橋下の場合、不足しているというより、ないのであって、増やせば・・というようなものではないように感じられます。

  その土地に愛情を持っている人間なら、簡単に受け入れないであろう、米軍基地や放射能汚染された瓦礫について、抵抗感が不足している橋下 徹という男。

  「ウィキペディア―橋下徹」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%8B%E4%B8%8B%E5%BE%B9 には、≪東京都渋谷区幡ヶ谷の六号坂通り商店街近くのアパートで幼少期を過ごした≫と書かれていますが、それでも、大阪府でも何年か過ごしてきたのですよね。 それにしては、大阪に愛情・愛着があるとは感じられないのですが・・・。
皆さん、そう思いませんか?

  私は、転勤で行って何年か過ごして、その後、離れた町にも愛着は感じていますよ。橋下は、それ以上に長く暮らした大阪に愛着を感じないのでしょうか?



  それから、北港埋立地にカジノを作るなどと、橋下が言い出したとか、ヤフーニュースで見ましたが、北港埋立地て、カジノ作るために埋め立てたのか? カジノを作るくらいなら、埋め立てずに海のままであった方がよかったのではないですか?
  あえて言うならば、立地から考えれば、北港埋立地に関空を移転して、カジノを作るなら、今の関空の場所・・という方が、まだ、現実的じゃないのかという気もしますが、どうでしょうか。
             (2011.12.26.)

≪ 福島には瓦礫や除染したものの処理施設がない。多くは汚染されているので、それなりの設備で安心して焼却したり、洗浄したい。それが「まだ」福島にはない。

その原因を作っているのが各自治体の「お節介な瓦礫引き受け」だ。
福島に行けば判るが、問題となっている大震災の瓦礫はなんとかつなみで流されたところや公共の土地で空いているところにおいてある。福島としては、地方に瓦礫を運ぶより、今のまま置いておき、早く福島の地で処理できることが良い。

政府は震災瓦礫を引き受ければお金を上げるといって自治体をさそっている。そのお金さえほとんど説明されていない。一方、「人を助けるようなフリをして、福島の人の被爆(除染したものを片付けられない)」ということをしているのが自治体の瓦礫引き受けである。首長は瓦礫の引き受けが福島には逆の効果を持っていることを知っているのに、人気とりで進めている。…  ≫と、中部大学・武田邦彦教授のブログhttp://takedanet.com/ の「読者のご質問に答えて19.緊急呼びかけ(1)・・・なぜ瓦礫を引き受けてはいけないのか?」(平成23年12月29日(木)) http://takedanet.com/2011/12/post_9dd6.html では述べられています。(太字は、私が太字にさせていただきました。) (2012.1.4.追記) 

≪ 福島のセシウムが急に増えたのは、どうも「瓦礫とゴミの焼却」から出ている可能性が高くなって来ました。  各地で瓦礫やゴミが燃やされています。この煙突からでている煙の測定が行われていませんので、きわめて危険です。自治体の市長は「お金がもらえるから、福島の人を助けるフリをして受け入れる」と言っていますが、福島は瓦礫の処理設備が必要で、他の自治体が瓦礫の受け入れをすることは、福島の人を苦しめ、汚染を拡大します。…≫
(武田邦彦教授のブログhttp://takedanet.com/ の「4号機とセシウムの基礎知識 (4) セシウム飛散の原因(速報)」(平成24年1月20日)http://takedanet.com/2012/01/4_ba65.html )
             (2012.1.20.)
  武田邦彦教授のブログhttp://takedanet.com/ の《(速報)北九州報告・・島田市と併せて》(2012.5.25.)http://takedanet.com/2012/05/post_cffd.html に、福岡県北九州市 と 静岡県島田市 での瓦礫の焼却による放射線量の変化が掲載されていますが、影響は相当に大きいようです。 福島県、及び、東北被災県に、早く、放射性物質を捕捉できる焼却場を設けるべきで、全国どの自治体にせよ、放射能汚染の可能性のある瓦礫を受け入れて、放射性物質を補足できる機能のない既存の焼却場で焼却するのはやめるべきです。
             (2012.5.26.)
      (ブログネーム : MNV≪モンテ=クリスト伯+中原中也+ヴォーリズ≫)


大阪府の歴史散歩 上 (歴史散歩 27)
山川出版社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大阪府の歴史散歩 上 (歴史散歩 27) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



大阪府の歴史散歩 下 (歴史散歩 27)
山川出版社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大阪府の歴史散歩 下 (歴史散歩 27) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



放射能と原発のこれから――武田先生、どうしたらいいの?
ベストセラーズ
武田 邦彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 放射能と原発のこれから――武田先生、どうしたらいいの? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

杉村陽子
2011年12月26日 18:32
ブ ラ ン ド 激 安 市 場
最 も 良い 品 質、最 低 の価 格、最 も 周 到な サー ビス、信 用 日 本 の第 一
あな た の選 択 を 信じ て 、私 達 の品 質 を も 信 じま す.
今、 広 大 な 取 引 先 に報い る ため.
当 店 は 今す で に 3つ の 第 一.をや り 遂げ ま し た
第 1 時 間は 出 荷 しま す.
商 品 の 品 質 第 一.
取 引 先 の 満 足 度 の 第 一.
あ な た の 支 持、当 会 社 の 動 力 で す.

http://GO.KakAkc.cOm

この記事へのトラックバック