「野菊の墓文学碑」と矢切の渡【6/6】「矢切の渡」と江戸川。『春の潮』とともに読むべき『野菊の墓』。いいかげんな「…

[第554回]   「野菊の墓 文学碑」訪問の6回目ですが、伊藤左千夫『野菊の墓』には「矢切の渡し」についてもわずかに記述があります。 《 僕の家というは、松戸から二里ばかり下がって、矢切(やぎり)の渡(わたし)を東へ渡り、小高い岡の上でやはり矢切村と言っている所。矢切の斎藤といえば、この界隈の旧家で・・・ 》 というから、「野菊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「野菊の墓文学碑」【5/6】野菊庵・短歌の木札。伊藤左千夫は単作作家でない。「性格あつかましい」は自慢すべきでない…

[第553回]   市川市下矢切 の 「野菊の墓 文学碑」訪問の5回目です。 ↑ の「野菊の墓 文学碑」の右側に「野菊庵」という建物があります。↓ ↑ クリックすると大きくなるのでクリックして見てください。左の表札みたいな札に横書きで「野菊庵」と書かれています。 内部は、↓ ↑ 奥の方に「蔵のギャラリー 喫茶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「野菊の墓 文学碑」(下矢切)と文学・哲学への思い【4/6】野菊苑から見た西方の絶景。『野菊の墓』と「文学碑」「野…

[第552回]   松戸市下矢切の「野菊の墓 文学碑」訪問の4回目です。   ↑ 「野菊の墓 文学碑」は、《まるごとeちば》https://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/8532 には《 昭和40年(1965年)に地元有志の発案と門弟土屋文明氏の書により建てられました。》、《…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「野菊の墓 文学碑」と松戸市矢切と文学・哲学への思い【3/6】西蓮寺(真言宗)、『春の潮』に見られる「自我」の主張…

[第551回]   「野菊の墓 文学碑」訪問の3回目です。2回目で「野菊の墓 文学碑」と道を挟んで北側に「野菊苑」がある一角に到着しました。 ↑ 「野菊の墓 文学碑」がある場所。 ↑ 「永禄古戦場跡」碑。 ( ↑ マーカーが「野菊の墓 文学碑」 )   今回はクルマで行きましたが、8月後半の訪問で相当暑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「野菊の墓 文学碑」と松戸市矢切と文学・哲学への思い【2/6】市川側から「野菊の墓 文学碑」への道。「永禄古戦場跡…

[第550回]   「野菊の墓 文学碑」2回目です。 「野菊の墓 文学碑」は松戸市下矢切261 《千葉県観光物産協会 e千葉 野菊の墓文学碑》 https://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/8532 には、《 野菊の墓文学碑は、松戸市下矢切にある西連寺の境内にあります。》と書かれているのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「野菊の墓」文学碑と松戸市矢切と文学・哲学への思い【1/6】文学・哲学は毒薬か? 牛乳屋兼歌人・文学者の伊藤左千夫…

[第549回]   習志野市谷津1丁目 に「やったもん勝ち」のように・「巾着切り」のように北側の低層住居専用地域を中心とした住居系用途地域の住民の意思をきくこともなく建造されてしまった人工の巨大な岩山(「津田沼 ザ・タワー」)について、 〔 ↑ 千葉県習志野市谷津1丁目 の人工の巨大な岩山(「津田沼 ザ・タワー」) 北側…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慶應女子高女が「見捨てた」硬貨を自販機の下とか棚の下から拾って拾得のは犯罪ではありませんよね。岡野武志さんの動画を…

[第548回]   千葉県習志野市谷津1丁目で高層マンション(巨大な人工の岩山)〔「津田沼 ザ・タワー」〕を実質的には住民に意見を問うことなく「巾着切りのごとく」「やったもん勝ちのごとく」計画を進められた件において、「事業者等」ではない株式会社オリジナルワーク一級建築士事務所 の高浦氏がこの計画に対する問い合わせを自分にしてくれと掲示…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

試食品を大量に食べると犯罪か? みんなへの土産を一人でほぼ全部食べるのは犯罪ですか?―「三多摩」による異常事態宣言…

[第547回]   前回、「法律相談」で法律相談をせず、第1点の質問事項に対しては「わからないですね」と言い、第2点の質問事項については法律相談ではなく人生相談として、貧困な自説を言い、私が「法律相談をしていないのだから、相談料を返してください」と言ったにもかかわらず「もう、すんでますから」と奇妙な返答をして返還せず、「わからないのな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法律相談で「わからないですね」で相談料を盗る東京第二弁護士会と弁護士 鎌倉一樹氏(三宅坂法律事務所)~「津田沼ザ・…

[第546回]   このブログで何回か掲載した「津田沼 ザ・タワー」について、これは私が一人でどうこう言うべき性質のものではないので、もしも、何らかの動きを取るのであれば、自治会、あるいは市会議員などに動いてもらい、それに住民がみんなで動いて対応するべきものであり、私が一人でどうこうしても、別に何か悪いことをしているわけではないが、本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年中、出すなら「緊急事態宣言」でなくなる。単に「お願い」でなくペナルティーを課すなら立法によって議決してもらいたい…

[第545回]   昨年、最初に「緊急事態宣言」が出された時には、名前からして「こりぁえらいこっちゃ」て感じがしたが、今では年中「緊急事態宣言」が出ているから「普通のこと」であって、「だから、どうしたの」て感じになってきた。   多くの人間が、 「こりぁえらいこっちゃ」   ↓ ↓ ↓ 「だからどうしたの」 ・・という感覚の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

船橋市会議員補選 で選挙掲示板を見て「なんじゃ、こりぁ」。「このハゲ」と投票用紙に記入したとすると有効か無効か・・?

[第544回]   2021年6月21日(日)、6月の第三日曜日、「父の日」、いわゆる「わしに親孝行せえよお、わしにい。わしに親孝行せんとバチあたるぞ、バチあたるぞ、バチあたるぞ、まんまんまんまんまんまんま~ん」の日、「朕思うに我が皇祖こ~そ~はあ、わしに孝に、わしに孝に、わしに孝に、わしにわしにわしにわしにいい~い。んが、んが、んが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「精神疾患」と思われる人に「アホ」と言うアホ。農作業かスポーツをすると根性がつくか。数学の問題は根性で解けるか? …

[第543回]   うちの父親は、「わしいが、あんたあの為にやってやってやってやったったものは、いっぱいあるけれども、わしが、あんたにやってもらったというものは、これまでに何ひとつとしてないし、今後とも未来永劫に渡って何ひとつとしてないからなあ」と毎日毎日、何度も何度も言いまくってきた・・・。又、「この家は、すべてわし一人で築いたもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の日に想う――ある日、突然、いなくなった柴犬と「子供は女が育てるもの」と言うわりに犬を飼いたがる男。治療費より新…

 [第542回]   今となっては40年以上前のことだが、誰だったか忘れてしまったが吉本の漫才師が「うち、犬をこうてますねん。その犬の名前が『ネコ』言いまして。そんで、猫もこうてまして、その猫の名前が『イヌ』いいますねん」とか話していたのを覚えている・・・のだが、実は我が家にも、昔、「熊」がいたのだ。「クマ」という名前の柴犬が。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通知簿の相対評価と絶対評価。通知簿を書き換える教諭。腹立ちまぎれに生徒を殴る小学校教諭は傷害罪で告訴すべし。大学受…

[第541回]   今回は、小学校の通知簿の相対評価と絶対評価、高校および大学受験における「点数」と「偏差値」「順位」の是非について述べたいと思います。   私は小学校の4年の途中に家を引越して、小学校も4年の1学期の途中に、大阪市東住吉区の市立小学校から大阪府の北摂地区の市立小学校に転校しました。 1年から4年の初めまでいた大阪市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分の不勉強を原因に生徒をクラス全員で大笑いさせる教諭。「十三湖(じゅうさんこ)」は干拓地の一例。「十三(じゅうそ…

[第540回]   前回、中学校・高校の教諭編を述べたが、この際、小学校編も述べておこうと思い、作成する。 【1】 「十三(じゅうそう)」は「面白くもなんともない地名」で「大歩危小歩危(おおぼけこぼけ)」「親知らず子知らず」「立売堀(いたちぼり)」は「面白い地名」という理由は何だろうか。   これは、すでに、他の稿でも述べたことが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校・中学校の教諭はなぜ親に言うべきことを生徒に言い、生徒に言うべきことを親に言うのか。高校の修学旅行なんかない方…

[第539回]   義務教育の公立の小学校・中学校は行きたいと思ったけれども試験に合格できなかったために行けなかったということはない。それに対して、高校は私立の学校だけではなく公立の高校でも、行きたいと思って試験を受けて通る場合もあれば落ちる場合もある。大阪府立北野高校は行きたいと思って行った高校だったので、合格発表で自分の受験番号と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浪人中、予備校の選択の間違いと高校教諭との付き合い方の間違い、及び、予備校と付き合い方を知っている親と知らない親の…

[第538回]   前回、高校について述べたが、今回は大学入試でも特に浪人した場合、特に予備校と予備校とのつきあい方について述べる。   まず、大学受験というのは「終戦」だと私は思っている。 勝ちとか負けとかではなく、いかに「終戦」させることができるかである。最近は私が高校を卒業した頃と変わっている部分もあるかもしれないが、難関とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入学式の日に有休とって海外旅行に行く教諭は「進取の気質」ではなく、仕事に熱意がない証拠。教諭がストライキする日に生…

[第537回]   慶應大学の教授(内部進学)は「私学だっていうことは、いいってことじゃないか。そんな常識もわからんのか!」とおっしゃるお方ばかりであり、小学校:公立⇒中学校:公立⇒高校:公立⇒大学:国立に行くつもりだったのだが・・・という者からすると、「なんでやねん!?!」という気持にならされることがしばしばあり、「せ~んせええ~え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

倫理研究所(=倫理法人会)の集会に顔を出す熊谷俊人を立憲民主党が「支持」する理由は何だ? ヌエのような熊谷俊人と態…

[第536回]   千葉県知事に「剣道とスケベエ分けの森田健作」がなったと思ったら・・といっても、森田健作は「スケベエ分け」という印象が強かったのだけれども最近は「スケベエ分け」ではなくなったようだが、その森田健作が千葉県知事は引退するらしく、その次の知事を決める知事選挙がおこなわれ、2021年3月21日の日曜日が投票日になっている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葬式と「体育会系のおっさん」の思い出――「生き死にの間際に」

[第535回]   1995年1月というと、阪神淡路大震災があった月であるが、私にとっては母方の祖母が他界した月でもある。母方の祖父が他界したのが1985年だったので、その10年後、その間、介護施設に入ったり、そこで転倒して骨折したりといったことを経て、とうとう、亡くなった。   祖父の葬式の時は5人兄弟の一番上だった伯父が喪主をつ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more