哲建ルンバ

アクセスカウンタ

zoom RSS 高槻カトリック教会(高山右近記念聖堂)と「高山右近天守教会堂跡」、野見神社(大阪府高槻市)

<<   作成日時 : 2015/10/25 19:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

[第213回]日本の教会建築(10)
  阪急京都線「高槻市」駅の南に、高槻カトリック教会と「高山右近天守教会堂跡」があります。

【1】高槻カトリック教会(高山右近記念聖堂)
  阪急「高槻市」駅の西を南北に走る「城北通り」を南に進み、国道171号線を信号で渡り、そのまま南に進むと西側に高槻カトリック教会があります。↓ 
画像

画像

画像

↑高槻カトリック教会

≪ 高槻カトリック教会(高山右近記念聖堂は、1614年(慶長19)年江戸幕府の禁教令で、国外追放になった右近の終焉の地である、フィリピンのマニラ市のかつて日本町のあった地に立つパコ教会を模して建てられたものである。 聖堂の前庭左手にある高山右近の大理石像は、イタリアの彫刻家二コラ・アルギーニの作品で、ローマのクラレチアンヌ会総長ぺトルス・エシュバイベル師から寄贈されたものである。・・・・≫
(大阪府の歴史散歩編集委員会編『大阪府の歴史散歩 上 大阪市・豊能・三島』2007.9.18.山川出版社)
≪ ・・・・高槻城主であった高山右近は、徳川家康のキリシタン禁制が配布された際にマニラに追放され、そこで生涯を終えています。 その右近の臨終の地であるマニラ郊外アンティポロにある聖母大聖堂を模してカトリック高槻教会に建てられたのが、高山右近記念聖堂。・・・・≫
(阪急電鉄(株)発行『阪急沿線 悠遊一日紀行 高槻市』2015.6.〔阪急電鉄の駅で無料で配布されている冊子〕)

画像

↑ 高槻カトリック教会の前庭、教会堂に向かって左側に配置されている高山右近の像
画像

↑ 左側(南側)の建物の壁には高山右近のレリーフが刻まれています。
   ≪ 高山右近は、摂津高山庄(たかやまのしょう)(現、能勢町)の地頭代官高山飛騨守図書の長男として生まれ、1584年(永禄7)年に受洗し、ジュストの名を授けられた。 父(洗礼名ダリオ)とともに、熱心なキリスト教徒であった。・・・≫と大阪府の歴史散歩編集委員会編『大阪府の歴史散歩 上 大阪市・豊能・三島』(2007.9.18.山川出版社)には出ているが、「現、能勢町」ではなく、現在、豊能郡豊能町(「町」になる前は、豊能郡東能勢村)の高山のはずです。 単に「高山」と言うと、全国的には岐阜県の高山が有名ですが、高山右近の「高山」は岐阜県の高山ではなく、大阪府豊能郡の高山です。
※《右近の郷 豊能町立高山コミュニケーションセンター 》http://ukon-no-sato.com/ukon.html


【2】高山右近天守教会堂跡
  高槻カトリック教会の庭に高山右近の像がありますが、高槻カトリック教会の場所が高山右近天守教会堂跡というわけではないようで、高槻カトリック教会の南東のあたりにある高槻商工会議所会館の前に「高山右近天守教会堂跡」の碑が建っていて、この付近だったのではないかと思われる・・ということだそうです。
画像

画像

↑ 高槻商工会議所の前(南側)にある「高山右近天守教会堂跡」(大阪府指定史跡)
(写真はクリックすると大きくなります。大きくして見てください。 中央、電話ボックスの右に上の写真の碑があります。)


  ≪ ・・・日本のキリスト教は、伝来後わずか半世紀余りで全国にひろがり、民衆の生活に根をおろしました。 キリスト教の日本布教は、ヨーロッパをおおう宗教改革に対抗して展開されたカトリックの世界布教の一環と進められ、カトリック布教の伝統にしたがって、まず支配層を入信させ、その力を使って民衆の間へ及ぼされていきました。 しかしキリシタンの唯一神の信仰ときびしい倫理が民衆の心をとらえていくとともに、もともと封建支配を守る立場にあったキリシタンは一向一揆の講と同じような民衆の自主的な組織となって発展していきました。 そのうえ、アジアの涯で高い文化と発達した宗教をもつ日本社会に接して衝撃を受けたザビエル以来、外国人宣教師たちは、アジアの各地やラテン・アメリカで、土地の宗教と妥協しつつ布教していったのと異なり、一貫して厳格な正統のカトリック信仰を日本人に求め、他の宗教とくに仏教に対するきびしい批判をゆるめませんでした。 織豊政権から江戸幕府へと受けつがれた、すべての宗教を政治権力の完全な統制支配下におこうとする宗教政策にとって、民衆の心をとらえて発展するキリシタンの存在は、封建支配の秩序を脅かす、とうてい容認できないものとなっていたのです。・・・・≫
≪ 支倉(常長)一行が出発した1613年の暮、幕府は全国にわたるキリシタン禁教令を発しました。 こうして幕府は、封建支配を確立するためにキリシタンの徹底的な弾圧に踏み切りましたが、日本との貿易に進出してきた新教(プロテスタント)のイギリス、オランダが、幕府に競争相手のカトリック国ポルトガル・イスパニアの国力を背景とするキリシタンの侵略性を強調したことも、禁教を断行する動機になりました。 翌年(1614年)、高山右近ら148人の信者がマニラに追放され、こののち17世紀なかばまでの半世紀にわたって、流血に彩られた凄惨な迫害と殉教の歴史がくりひろげられていきました。
(村上重良『日本の宗教』1981.3.20.岩波ジュニア新書)

   安土桃山時代から江戸時代初期にかけての「キリスト教徒」でも、「キリシタン大名」の場合は、物珍しさから関心をもったりしても、はたして、どこまでキリスト教について理解し、信仰を持っていたのか疑問が述べられることもありますが、高山右近の場合、マニラに追放までされてもキリスト教を捨てなかったわけですから、単に、物珍しさだけといったものでもないでしょう。 もっとも、≪領民への積極的な布教により、高槻領内の信者は、領民2万5000人のうち、じつに1万8000人を数え、領内には、教会堂が20カ所も建てられたという。≫(『大阪府の歴史散歩 上』)という状況においては、領主だけがキリスト教を捨てることはできない状況であったかもしれません。

※高槻カトリック教会
HPは⇒http://www.catholic-takatsuki.jp/
《阪急電鉄 お出かけスポット 高槻カトリック教会・高山右近記念聖堂》http://www.hankyu.co.jp/area_info/spot/331


【3】野見神社
   高槻カトリック教会の少し南、「高山右近天守聖堂跡」の碑の少し西に、野見神社があります。 祭神は、スサノオノミコトとノミノスクネです。 説明書きによると、この地に悪疫が流行した時、牛頭天王を祀ると納まるとお告げがあって、牛頭天王を祀ったのが始まりらしく、牛頭天王⇒スサノオ で、それに相撲の神さまのノミノスクネが祀られた神社のようです。
   高山右近はキリシタン大名として、領民にキリスト教を広めるだけ広めて幕府が禁教の姿勢になると自分だけキリスト教を捨てて弾圧側に回る、といったことはせず、自分自身もキリスト教徒として、大名の立場を失い、日本から追放されてでもキリスト教を捨てなかったキリシタン大名・・であったのですが、一方で、高山右近が高槻城主になるより前からその地にあったらしい野見神社としては、
≪ ・・・キリシタン大名高山右近が城主となると社領を没収し、時の神職が石清水八幡宮へ御神体を避難させたと言い伝えがあります。・・・・≫ (現地での説明書き)という面もあったようです。
  牛頭天王がスサノオになったのは、明治維新後の神仏分離令の時に、仏教系である牛頭天王を神社だということでスサノオに名称を変えたようです。
画像

↑ 野見神社 東入口側
画像

↑ 野見神社 拝殿 南面(正面)
画像

↑ 社殿は「権現造り」、拝殿・幣殿・本殿の3部構成です。社殿 西面。

≪ 野見神社は高槻城の鎮守で、1649年に永井直清が修築した社殿があり、城の南東側にある八幡大神宮とともに、歴代城主の信仰が篤かった神社である。≫(『大阪府の歴史散歩 上』)

※野見神社について、
HP⇒http://www.nomijinja.jp/
高槻市教育委員会《高槻市 インターネット歴史観 野見神社》http://www.city.takatsuki.osaka.jp/rekishi_kanko/rekishi/rekishikan/jidai/shaji/1327659158743.html
《ウィキペディア―野見神社》https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E8%A6%8B%E7%A5%9E%E7%A4%BE_(%E9%AB%98%E6%A7%BB%E5%B8%82)


【4】高槻城跡 他
   野見神社のさらに南に、高槻城跡(大阪府指定史跡)があり、今回は行けませんでしたが、城跡公園が整備されているようです。
  おそらく、城跡の一部分の土地かと思われる場所に「槻の木高校」があります。 私が中学校から高校に進学する頃、1970年代、高槻市では「高槻方式」と言って、高槻市内の中学校では、大阪府立の高校で、もっと進学成績の良い高校でも合格できそうな中学生を「中学校の指導」という形式で高槻市内の三島高校・島上高校の2つの府立高校を受験させるようにする、といったことがおこなわれ、進学を考えると、北摂地区でも高槻市以外の市に住んだ方が良いといったことが言われた時がありました。 
   高槻市ではありませんが、私が行っていた北摂地区の市立中学校でも、ある先生が「公立の高校で東大や京大に進学するような学校があるというのがおかしいんだ。公立の高校はみんな、『勉強みたいなもん、嫌いじゃい』という者の行く学校にするべきで、東大や京大に行きたいようなやつなんか私立の学校に行けばいいんだ」と言われたことがあり、それはおかしいのじゃないかと思い、又、真面目に努力して成績をあげた人間というのは、そんなに悪者扱いされなければならないのかとも思ったことがありました。はっきりとその先生に「それはおかしいのと違いますか」と言ったことはないはずなのですが、人間の思っていることというのは顔に出るのか、どうも、その先生からその部分において、「おもしろくないやつ」と私は見られてしまったようでした。「『勉強みたいなもん、嫌いじゃい』というやつの行く学校」て、それ、何だあ? という気もします。アルバイト先などで、高校まであまりお勉強の成績はよくなかったという人と一緒になった時などありますが、そういう人と話をしても、「学校であまり成績はよくなかった」というのと、「勉強みたいなもん、きらいじゃい」というのは同じではないと思います。あまり成績はよくなくても、それでも、勉強したいという人もいるのです。 慶応義塾大学に行って、慶應の学生を見て、その多くは「勉強」「学習」「学問」が好きな人間ではなく、学校を双六(すごろく)ととらえて大学の学習は双六でコマを前に進めるための手段としてしか考えていない人が多く、双六で前にコマを進めるためでない学問はわずかでもやってたまるかという信念を持っているような人が慶應の学生には多い(特に内部進学者には多い)と感じました。 『旧約聖書 箴言』には、「智慧を売ってはならない。むしろ、智慧と教訓と教えを買え」と書かれていたように思います。 学問は「買うもの」であって「売るもの」ではない、というのが基本であると思うのですが(もちろん、仕事にありつくための学習というものもありますし、それが悪いということではありませんが)、慶應は、そういうことを言うと「何、馬鹿なこと言ってるの」と言う人ばかりの大学でした。 むしろ、高校までの成績はあまりよくなかったという人でも、そういう人で大学には進学しなかったという人でも双六のコマがどうかに関係なく「学ぶ」ということについての意欲のある人はいると私は思います。 「『勉強みたいなもん、きらいじゃい』という者の行く学校」という認識は、その認識自体がおかしいように私は思います。中学校までの成績はよくなくても、勉強はしたいという人間が高校に行けばよいのであって、「勉強みたいなもん、嫌いじゃい」と思っているなら、高校行かなくてもいいのと違うか・・・ということになりませんか?
   高校に進学後、1970年代後半、北野高校のある年の文化祭に、戦後すぐの時期に、北野高校の野球部がセンバツ大会で全国優勝したことがあり、その時に4番を打っていて、北野高校卒業後、京大の法学部に進学・卒業して、弁護士をやっているという山本さんという方が、来られて講演されたことがあり、その際、「公立の高校で進学校があるのはけしからん、といったことを言う人がいるが、それはおかしいと思う。 私は家庭が金持ちでなかったけれども、公立の進学校である北野高校というものがあったおかげで、北野高校に行って京都大学の法学部に行き、弁護士になることができた。 それは公立の進学校の北野高校があったおかげであり、お金のかかる私立高校しか進学校がなかったならば、私は京大に行くこともできなかっただろうし、弁護士になることもできなかったかもしれない。 平等にするために、公立の進学校はなくして、進学校は私立の学校だけにするべきだといったことを言う人がいるが、平等にするためというなら、それは話が逆だと思う」といった内容を述べておられ、その通りだと私も思ったことがあった。
   高槻城跡にある「槻の木高校」は旧・島上高校の敷地にあるらしい。 なぜ名称を変更したのかと思ったが、《ウィキペディア―大阪府立槻の木高校》https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%BA%9C%E7%AB%8B%E6%A7%BB%E3%81%AE%E6%9C%A8%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1 を見ると、≪2003年4月に大阪府立島上高等学校と大阪府立高槻南高等学校を統合し、全日制普通科単位制高校として開校した。高槻城本丸跡に位置する旧島上高等学校の敷地を使用し、・・・≫ということで、2つの高校が統合したことから、新たな名称を名乗るようになったらしい。

  公衆便所は阪急「高槻市」駅のすぐそば南西側にあります。

☆ 日本の教会シリーズ
大阪府
  日本キリスト教団 南大阪教会[大阪市阿倍野区](村野藤吾)http://tetsukenrumba.at.webry.info/201206/article_2.html
  カトリック大阪梅田教会[大阪市北区] http://tetsukenrumba.at.webry.info/201405/article_1.html
  高槻カトリック教会(高山右近記念聖堂)[高槻市] ・・今回

兵庫県
 神戸文学館(旧・関学 ブランチメモリアルチャペル)[神戸市灘区](ウィグノ―ル)http://tetsukenrumba.at.webry.info/201311/article_1.html 
 日本基督改革派神港教会・カトリック六甲教会[神戸市灘区]http://tetsukenrumba.at.webry.info/201312/article_1.html
  関西学院教会 と 関学 ランバス記念礼拝堂(一粒社ヴォーリズ建築事務所)、関学神学部棟(ヴォーリズ) 他[西宮市]http://tetsukenrumba.at.webry.info/201405/article_2.html
  カトリック夙川教会[西宮市] http://tetsukenrumba.at.webry.info/201406/article_1.html

東京都
  日本キリスト教団 本郷中央教会[東京都文京区](J=H=ヴォーゲル)http://tetsukenrumba.at.webry.info/201412/article_1.html

神奈川県
  慶應義塾大学 YMCAチャペル[横浜市港北区](W=M=ヴォーリズ)http://tetsukenrumba.at.webry.info/201206/article_3.html
  日本キリスト教団 清水が丘教会[横浜市南区]http://tetsukenrumba.at.webry.info/201309/article_1.html
 もご覧くださいませ。 

☆ 高槻シリーズ
1.高槻カトリック教会・高山右近天守教会堂跡・野見神社 〔今回〕
2.大阪医大別館(歴史資料館) http://tetsukenrumba.at.webry.info/201510/article_3.html
3.日本キリスト教会高槻教会・つぶれて当然、YMCA高槻 http://tetsukenrumba.at.webry.info/201510/article_4.html
 





日本の宗教 (岩波ジュニア新書)
岩波書店
村上 重良

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本の宗教 (岩波ジュニア新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
高槻カトリック教会(高山右近記念聖堂)と「高山右近天守教会堂跡」、野見神社(大阪府高槻市) 哲建ルンバ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる