アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
哲建ルンバ
ブログ紹介
 作成者は住宅中心に建築業界に勤めてきたが、人間としては哲学徒で詩人と今も思っている。哲学の哲、建築の建で哲建である。現代建築には心がないと幻滅している。ウィリアム=メレル=ヴォーリズは、変わった建物が良い建物であるわけではない、と語ったというが、心ある人間なら、普通の建物を作っても、そこに心の奥底からにじみでてくる精神が表現される。冷水摩擦でもさせてやりたいような「建築家」を見ると中原中也の詩でも読めと言いたくなる。「哲建(てつけん)ルンバ」は、「松健(マツケン)サンバ」をもじってたもの。野村克也が楽天監督時、巨人との交流戦で、巨人の走者の考えのない盗塁死を「バッカじゃなかろか、ルンバ♪」と語ったらしいが、建築、それ以外の問題でも「バッカじゃなかろか、ルンバ♪」と思ったことも、時として語ることになると思って命名しました。アレクサンドル=デュマの『モンテ=クリスト伯』は名作です。作成者は、哲学・心理学に関心があった者が、何の因果か商学部に入って卒業したという者なので、建築業界に勤めて建築・住宅・インテリアを学んでも、その根底には、一方に哲学・心理学、他方にマーケティングや経済学がある。だから、心に哲学も詩もない者が、顧客のニーズも無視してヘンテコリンな建物を作って芸術家になったみたいに思っているのを見ると「バッカじゃなかろか」と言いたくなる。建築・建築屋の話題が多くなるかもしれませんが、話題はそれに限りません。よろしくお願いいたします。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
サントリーホール背後の霊南坂教会十字架 と ホセ=カレーラス演奏会、及、年寄を突き飛ばす前期高齢者
サントリーホール背後の霊南坂教会十字架 と ホセ=カレーラス演奏会、及、年寄を突き飛ばす前期高齢者 [第266回] 日本の教会建築(16)     ここしばらく、ホセ=カレーラスは毎年、12月に来日して演奏会を開いているようなのですが、一度、聴いてみたいと思いながら、かつ、ルチアーノ=パバロッティ・プラシド=ドミンゴとともに「三大テノール」と言われたものの、パバロッティはあっさりと他界してしまい、プラシド=ドミンゴは声楽家としては引退し、ホセ=カレーラスも他の人間と合わせて動かなければならないオペラは体力的にきついということで引退して、独唱会ならできるということで、独唱会のみ続けている・・・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/06 00:55
成巽閣(せいそんかく)(金沢市)見学。特に「群青の間」「群青書見の間」「越中の間」はすごい!
成巽閣(せいそんかく)(金沢市)見学。特に「群青の間」「群青書見の間」「越中の間」はすごい! [第265回] 「数寄屋建築」見学(5カ所目)    「数寄屋造」と言われる建築の代表として、藤井正一・小原二郎監修『インテリアコーディネーターハンドブック 技術編』(1994.1.10.インテリア産業協会)には、 1. 「ワビ」「サビ」を重視した地味で静寂な空間・・・・桂離宮、 2. 派手でにぎにぎしく、ときには目がさめるような華美な空間、「キレイサビ」・・・・西本願寺飛雲閣、金沢城成巽閣。 と、この3箇所が出ており、 《ウィキペディア―数寄屋造り》https://ja.wikipe... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/13 20:50
豊橋ハリストス正教会・聖使徒福音記者マトフェイ聖堂(愛知県豊橋市) 訪問―日本の教会建築(15)
豊橋ハリストス正教会・聖使徒福音記者マトフェイ聖堂(愛知県豊橋市) 訪問―日本の教会建築(15) [第264回]日本の教会建築(15)    ロシア正教会の教会堂としては、東京の御茶ノ水にある「ニコライ堂」が有名で、ロシア正教会の信徒でなくとも、御茶ノ水に行った時に、その外観は多くの人間が見て来ていると思う。 かつては、そこで、ロシア語講座が開催されていたが、今はなくなった一方で、特に信徒でなくても、内部も見学させてもらえるようになったようだ。〔《東京復活大聖堂 ニコライ堂 聖堂拝観(見学)のご案内》http://nikolaido.jp/seido-haikan.html 〕    ロ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/14 20:54
サントリー美術館 「エミール=ガレ展」【下】鉄骨の骨組みを見せる。ガレリアとは。旧乃木希典邸 他。
サントリー美術館 「エミール=ガレ展」【下】鉄骨の骨組みを見せる。ガレリアとは。旧乃木希典邸 他。 [第263回]東京圏の美術館・博物館(7)-2    サントリー美術館を出てエスカレーターで2階まで降りて東京ミッドタウンの中庭部分を見ると、↓ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/26 23:45
サントリー美術館 「エミール=ガレ展」【上】芸術は正しい知識を前提に描くべし。詩とともに生まれる陶芸
サントリー美術館 「エミール=ガレ展」【上】芸術は正しい知識を前提に描くべし。詩とともに生まれる陶芸 [第262回]東京圏の美術館・博物館(7)-1    東京都港区赤坂 にある「サントリー美術館」に行き、「エミール=ガレ展」を見学してきました。    サントリー美術館 は、「東京ミッドタウン」の「ガレリア」という棟の3階と4階にあり、入口は3階で、美術館の内部で4階に上がり、3階に戻って3階から出るようになtっています。    住所は港区赤坂ですが、最寄駅は「赤坂」ではなく、都営大江戸線「六本木」が最も近く、次いで、東京メトロ日比谷線「六本木」駅と東京メトロ千代田線「乃木坂」駅が同じくら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/26 23:43
パナソニック汐留ミュージアム「ミケランジェロ展建築の至宝」【下】旧新橋停車場界隈、美大建築学科印象
パナソニック汐留ミュージアム「ミケランジェロ展建築の至宝」【下】旧新橋停車場界隈、美大建築学科印象 [第261回] 東京圏の美術館・博物館(6)−2    「パナソニック汐留ミュージアム」が4階に入っている「パナソニック東京汐留ビル」の土地は、元「新橋停車場」であった所のようだ。 元・「新橋停車場」の建物が横にある。↓ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/20 21:00
パナソニック汐留ミュージアム「ミケランジェロ展建築の至宝」【上】彫刻家ミケランジェロ、ピエタ像思い出
パナソニック汐留ミュージアム「ミケランジェロ展建築の至宝」【上】彫刻家ミケランジェロ、ピエタ像思い出 [第260回] 東京圏の美術館・博物館(6)-1 【1】 新橋・汐留と 「パナソニック汐留ミュージアム」「パナソニック東京汐留ビル」   「パナソニック 汐留ミュージアム」で開催されている「ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝」を見に行ってきました。   まず、「パナソニック 汐留ミュージアム」とはどこにあるか。 そりぁ、汐留だろ・・・・と言われても、汐留とはどこから行くのか。そもそも、汐留と新橋は違うのか。 で、汐留のどこにあるのか。 とりあえず、↓ の「パナソニック東京汐留ビル」と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/20 20:50
修学院離宮 見学(3)上離宮。景観を損ねない為の建築。不良企業に怪我させられたおかげで歩きにくい。
修学院離宮 見学(3)上離宮。景観を損ねない為の建築。不良企業に怪我させられたおかげで歩きにくい。 [第259回]「数寄屋造」研究4-3   修学院離宮は下離宮(下御茶屋)・中離宮(中御茶屋)・上離宮(上御茶屋)と3カ所に分かれていて、その間の通路は両側に松が植わっている。 もとはあぜ道だったが、馬車を通すのに松並木にして、今は松が茂って馬車は通せなくなったという。 修学院離宮は全体の面積が広いというわりにそれほど広いという印象を受けない。 ひとつには、松並木で両側への視線が遮られてしまうため、宮内庁が買い上げた上で近隣の農家と契約して耕作してもらっているという田んぼが見えにくい為、松並木の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/12 20:23
修学院離宮見学(2)下離宮・中離宮。 上段の間は非バリアフリー? 「棚」そのものを見せる霞棚
修学院離宮見学(2)下離宮・中離宮。 上段の間は非バリアフリー? 「棚」そのものを見せる霞棚 [第258回] 「数寄屋造」の研究4-2    朝6時20分に「鴨川十条」バス停に予定通り到着した夜行バスを降りると、夏とはいえ少々寒かったのだが、9時からの修学院離宮見学ツアーでは、むしろ、暑い。 夏の見学は朝一番にして良かった。 11時だともっと暑かったと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/12 20:22
修学院離宮見学(1)修学院離宮と桂離宮、飛雲閣・成巽閣、日光東照宮、ヴェルサイユ庭園との対比について
修学院離宮見学(1)修学院離宮と桂離宮、飛雲閣・成巽閣、日光東照宮、ヴェルサイユ庭園との対比について [第257回]「数寄屋建築」の研究4-1   ≪日本の建築の建築様式には、次のような造りがあります ≫ 古代(上代) 神明造り、大社造り、住吉づくり、 奈良時代  春日造り、校倉造り、 平安時代  寝殿造り、 室町時代  書院造り、 江戸時代  数寄屋造り(茶室) ・・・と  山田伸亮(のぶあき)・井上国博・齋藤裕子・秋山秀猷(ひでのり)『初めて受ける インテリアコーディネーター試験 インテリア基礎編』(1989.9.1.オーム社)に出ていたのだが、これは、インテリアコーディネータ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/12 13:17
選挙に際し思う。さらば日本共産党。弁護士鳥獣戯画巻。「正義の味方」になりたい奴。法廷に遅刻する弁護士
選挙に際し思う。さらば日本共産党。弁護士鳥獣戯画巻。「正義の味方」になりたい奴。法廷に遅刻する弁護士 [第256回]    1970年代後半。 高校からの帰り、阪急箕面線(大阪府池田市の「石橋」から「箕面(みのお)」までの宝塚線の支線)に乗車中、隣の席に座っていた老人が「あなた、北野高校の生徒さんですか」と話しかけてきて、「私は、昔、北野の教師をやっていたんです」(記憶がはっきりしないのですが、もしかすると、「校長をやっていた」だったかもしれません)と言われ、「村上という議員がいるでしょう。彼は私の教え子なんですよ。彼は英語がよくできてねえ」という話をされました。「彼も、共産党から出るのではな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/26 00:58
三渓園4―「聴秋閣」、三渓記念館、三渓園天満宮他。「デザイナーズハウス」て何?「建売風住宅」のこと?
三渓園4―「聴秋閣」、三渓記念館、三渓園天満宮他。「デザイナーズハウス」て何?「建売風住宅」のこと? [第255回]三渓園訪問4部作の4   三渓園訪問4部作の4。前回まで臨春閣について述べてきましたが、今回は、それ以外。聴秋閣や三渓園記念館などについて述べます。 【7】 聴秋閣   三渓園 の内苑、臨春閣の南西のあたりに聴秋閣↓ がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/12 20:50
三渓園 臨春閣(旧紀州徳川家巌出御殿)訪問3―臨春閣 第三屋、床刺しを避けた棹縁天井。亭しゃ 他
三渓園 臨春閣(旧紀州徳川家巌出御殿)訪問3―臨春閣 第三屋、床刺しを避けた棹縁天井。亭しゃ 他 [第254回]三渓園訪問4部作の3、「数寄屋」建築訪問3ー3 【4】-2 臨春閣(旧・紀州徳川家 巌出御殿)(2) 第三屋、ほか   三渓園 臨春閣(旧 紀州徳川家 巌出御殿)見学の続きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/12 20:49
三渓園 臨春閣(旧 紀州徳川家巌出御殿)(横浜市中区)訪問2―臨春閣 第一屋・第二屋。 御門 ほか。
三渓園 臨春閣(旧 紀州徳川家巌出御殿)(横浜市中区)訪問2―臨春閣 第一屋・第二屋。 御門 ほか。 [第253回]三渓園訪問4部作の2、「数寄屋建築」3ー2 【3】三渓園入口から内苑、内苑入口から「御門」へ    三渓園を訪問するのは2回目で、前回は桜の季節に行き、桜の咲いている大池周辺や旧燈明寺本堂周辺を中心に見学いたしました。 三渓園の桜は大変きれいなのですが、しかし、桜の花が満開の季節に行くと、どうしても、桜の方に目が行くというのか、建物の脇に桜が咲いていても、桜の方が主役になってしまうところがあります。 紅葉の季節もそういったところがあるかもしれません。 三渓園には様々な植物が植わ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/12 20:33
三渓園 臨春閣(旧 紀州徳川家巌出御殿)(横浜市中区)訪問1―「数寄屋建築」て何だろ
三渓園 臨春閣(旧 紀州徳川家巌出御殿)(横浜市中区)訪問1―「数寄屋建築」て何だろ [第252回] 三渓園訪問4部作の1、数寄屋造りの建物3ー1 【1】   「数寄屋」とは何ぞや?  この問いは、真面目に建築屋をやってきた人間にとっては、考えれば考えるほど結論は出にくい問題である。 住宅展示場に行って、営業か設計のにいちゃんに「数寄屋とは?」ときくと、「桂離宮のような」と答えが返ってくるが、それなら、「桂離宮とは?」ときくと、「数寄屋造りの代表的建築」と言う。それならば、「数寄屋造りとは?」と言うと、「桂離宮のような」と。 こう答えてくれるならまだしも、「和風のかっこいい家の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/12 20:25
屋上・バルコニー記事に関し、フリーダムアーキテクツデザイン(株)から脅迫まがいの文句を言われた件
屋上・バルコニー記事に関し、フリーダムアーキテクツデザイン(株)から脅迫まがいの文句を言われた件 [第251回]    なんだか、世の中には、被害妄想というのか、ケツの穴が小さいというのかの会社経営者がいるらしい。 まさか、こんなものに文句を言うバカはないだろうと思って、ブログを作成していたところ、フリーダム アーキテクツ デザイン 株式会社 (本社:東京都中央区日本橋久松町) http://www.freedom.co.jp/ より、「信用毀損になる」と脅迫まがいの文句を言ってこられてしまった。    なんで、そんなこと言われにゃならんのだ?  この会社が、気に入らないと言ってきたもの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/24 21:07
畠山記念館見学3−「茶道」「茶の湯」とは何か?「不毛な嫁入り道具」か「志の高い隠者の接待」なのか?
畠山記念館見学3−「茶道」「茶の湯」とは何か?「不毛な嫁入り道具」か「志の高い隠者の接待」なのか? [第250回]東京圏の美術館・博物館(4)-3    今回、明月軒にてお抹茶を出していただけるということなのでお願いしようと思って行ったのですが、美術館本館に行く前に、明月軒を見てみたところ、なんだか、正座した女性がかしこまって並んでおられたので、そういう人たちの会なのかなと思い、美術館の受付で、「これは、茶道の経験のある人が対象というものなのでしょうか」と尋ねてみたところ、「いいえ、そんなことありません」ということでしたのでお願いして参加させていただきました・・・が、次の一言、「初心者の方で... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/07 22:10
畠山記念館見学2−「床刺し」を避けた浄楽亭和室。菖蒲が屋根に載る明月軒・翠庵。遮那庵。赤松は赤い
畠山記念館見学2−「床刺し」を避けた浄楽亭和室。菖蒲が屋根に載る明月軒・翠庵。遮那庵。赤松は赤い [第249回] 東京圏の美術館・博物館(4)-2   畠山記念館は、「茶の湯を体感する美術館」だそうで、敷地内には、遮那庵、翠庵、明月軒、と明月軒の後ろに新座敷の4つが、正門から入って美術館本館に至る途中の左手にあり、本館を過ぎた先に浄楽亭・毘沙門堂があり、美術館本館の2階展示室の一部分にも、≪四畳半の茶室「省庵」と茶庭が設けられ、茶室にいる雰囲気の中で≫作品を鑑賞できるようになっています。 茶室を別にしても、庭園もなかなかのものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/07 20:49
畠山記念館(東京都港区)見学1−丸に二つ引き」の紋が入った門から。庭園・茶室と調和する美術館建物
畠山記念館(東京都港区)見学1−丸に二つ引き」の紋が入った門から。庭園・茶室と調和する美術館建物 [第248回] 東京圏の美術館・博物館(4)-1    東京都港区白金台 の 畠山記念館(はたけやま きねんかん) (Hatakeyama Memorial Museum of Art) に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/07 20:44
新国立美術館(黒川紀章)(東京都港区六本木)訪問3−内部。及、早見優とパバロッティはどちらが歌か。他
新国立美術館(黒川紀章)(東京都港区六本木)訪問3−内部。及、早見優とパバロッティはどちらが歌か。他 [第247回]東京圏の美術館・博物館(3)-3    新国立美術館の中に入ります。 《ウィキペディア―新国立美術館》https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E6%96%B0%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8 には、≪ 独立行政法人国立美術館に所属している中で唯一コレクションを持たない為、英語名は収蔵品を持つのが通常であるミュージーアムではなくアートセンターを用い、「ナショナルアートセンター・トウキョウ THE NAT... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/01 22:02

続きを見る

トップへ

月別リンク

哲建ルンバ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる