テーマ:大学受験

なぜ、地方国立大学は論文・小論文を試験に課したか。地方大学で「論文」「小論文」「面接」が試験にある大学を受ける場合…

[第495回] 受験生へのエール【6/ 】    1970年代後半、本当のことより嘘つくことの方が圧倒的に多い男だったYMCA予備校高槻校の事務職員(「主事」)の藤井は、「ガイダンス」と称して、広い部屋に受講生を集めて、 「きみら、地方の大学は易しいと思っているかもしれんけれども、地方の国立大学は地方で優秀な人間が受けるんだから、易…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「適性テスト」「作文のテスト」に読書調査までやって受講生を統制しようとするYMCA予備校は害がある。気に入らない人…

[第494回] 受験生へのエール【5/ 】   今から考えてみると、高校および大学受験の際、そのもの自体に価値はあるとしても入試には必ずしも必要でないものをずいぶんとやったように思う。片方で、私立6年制受験校の出身の人を見ると、大学受験に出るもの⇒価値がある、大学入試に出ないもの⇒価値がない という観念が頭にこびりついて死ぬまで離れな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

受験経験のない人間が指示指導するYMCA予備校は無茶苦茶。大学受験でも「成功」した人は成功でない部分も成功と考える…

[第493回]   1970年代後半のことですが、北野高校の2年の時、進路を決める参考にするための 適性テスト というものを、希望者は受けることができたけれども、私は、たとえ、適性テスト にこの方向が向いていると診断されても、自分が望まない方向には行きたくないし、適性テストに向いてないと診断されても自分が望む方向であれば行くべきだと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「適性テスト」は受けるべきか。自分の考えに反する診断に左右されたくないと受けなかったが勝手に適性診断やる教諭がいた…

[第492回]   世の中には、「心理テスト」とか「適性テスト」とかいうものがあります。「心理学者」と称する人が考え出したものと、そうではない人が考えたものがあり、新型司法試験では「適性テスト」などというものがおこなわれるようになったらしいけれども、名称を聞くと、学力を問うのではなく、裁判官・検察官・弁護士という職業につく人間としての…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

受験生へのエール【2/ 】「あと5本なら工夫すれば」「後期は阪急に3つ勝てば他は全敗しても」という姿勢か逆かで合否…

[第490回]   「野村克也追悼祈念ID野球から考えるYMCA予備校の間違い」を述べるつもりだったが、その前に、「心理テスト」「適性テスト」について述べ、「野村克也追悼祈念ID野球から考えるYMCA予備校の間違い」はその後にまわすことにする・・・が、さらにその前に、とりあえず、 《ID野球から考える、特に「浪人してしまった人」の合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学受験生、特に「浪人してしまった人」に贈るエール【1/ 】『家族の政治学』に苦しむ人へ。高校教諭を信頼するな!

[第489回]   ふと気づくと、高校を卒業してから40年を超えた。昨日か一昨日のことのような気がするのだが、もう、それだけ経ったのだ。   さて、その頃を振り返り、私の受験の失敗と、今、その時に戻ることはできないとしても、今、その頃の自分ならこうする、というものを述べてみたい。 《特に「浪人してしまった人」に贈るエール》としたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浪人中、8月の模擬試験を受験で思ったこと。模擬試験の結果をどう受け取るか。

[第385回] 「受験生を応援する」シリーズ    今となっては、もう、40年も前のことになった。昨日のことのような気がするのだが、早いものだ。 浪人なんてものがあることは知っていたが、自分がすることになるということも、「可能性としてはある」と思っていたはずだったが、実際にその立場になってみると、どうも、ピンとこない。    ところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の日に思う【2/4】外敵を集めてくる父親、息子を自分の分身と考えない父親、名前を変えさせる拝み屋 

[第381回]    2浪なんてしてしまうと、今度は、父の「親友」で医者屋のM川てのを引っ張り込んできた。日本では医者屋とか整体師とかやっている人間には新興宗教の教祖みたいになりたがる人間がいるようで、かつ、そういう「新興宗教の教祖」をありがたがる人もいる。M川がそれで、「M川教の信者が全国に何人もおるんじゃ」とM川は言っていた。かつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の日に思う【1/4】外敵を集めてくる父親。「父親は防波堤」という遠山啓の妄想。役に立たないY予備校

[第380回]    5月の第2日曜日が「母の日」というのはよく知られているが、「父の日」て、「あったような気がするけど、いつだっけ?」て感じで、「父の日」は存在感が薄いが、6月の第3日曜日らしい。その日に合わせて、作成・公開しようなんて思っていたら、つい、過ぎてしまった。北野高校の国語の教諭のU村が、戦中、人間は死ぬ時というと、「お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卒業生2人と駅で会って、片方とだけ話をする教諭-受験生を応援するシリーズ

[第379回]    1浪して大学に行ったような人間には、「現役で大学に入った人間は甘ったれている。その点、1浪した人間は苦労を知っている」とかなんとか、勝手なことを言うヤツっていますでしょ。いませんか。私が高校を卒業したのは1970年代の後半、なんだか、昨日のことのような気がしますが、ふと気づくと40年も経ったが、私が高校生の頃、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「進学指導は高校の教師の仕事と違う」か? 浪人で学んだ高校教諭の本性―受験生へのエール【2/2】

[第363回]     1979年、5月頃、産経新聞に掲載されていた話ですが、大阪市のある予備校に行った人で、その予備校の内容がひどすぎた、その為、、大学受験に失敗し、2浪することになってしまったと言って、親と協力して裁判を起こしたという人の記事が出ていました。    その記事を見て、私こそ、YMCA予備校を訴えたいと思ったものです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前年より下の大学を受けさせて「〇予備校から合格」としたがるY予備校は有害-受験生へのエール【1/2】

[第362回]    高校を卒業する年、大学の入試に落ちたすぐ後は、「落ちた」ということにそれほど実感はありませんでした。むしろ、「落ちたのなら落ちたでしかたがない。むしろ、1年後に合格できるように、努力するしかない」と思っていました・・・・・が、4月の半ばから下旬になると、同じ中学校から高校に行ったような人間で現役で通った者と電車の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学の入学金を払いに銀行に来た者に、銀行員は「おめでとうございます」と言うべきか?

[第356回]     3月といえば入学試験の季節、試験が終わると合格発表。 そういえば、東大の合格発表の時に、合格した人間に「胴上げ」をやるのがいいか悪いかなんて話があった。 結論としては、あんまりいい趣味ではないと思う。 そもそも、大学はそこに行って学ぶものであり、そこに入るための試験に通っても、それが目標ではないのだから、「なし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「クリスチャン」に取り上げられた聖書。入試で白紙だして望みを認められた人と―早稲田奉仕園【4/6】

[第343回]     聖書の研究者で、中央公論社から『新約聖書』の翻訳を出している前田護郎さんは、大学に進学する時、聖書の研究者になりたいと思ったが、家族から反対されたらしい。『世界の名著 聖書』に前田護郎は書いている。 ≪ 中学の4年になりまして、上の学校へ進む準備をはじめる頃でした。兄が大勢いたためでしょうか、小さい頃から学校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖書を否定する「敬虔なクリスチャン」・YMCA予備校はだめな理由―早稲田奉仕園と信愛学舎【3/6】

[第342回]    私は、小学校の3年くらいの時、親が行っていた・・といっても、たまにだが・・の教会の教会学校に、毎週、日曜日に行ったし、幼稚園はカトリック系の幼稚園だったし、小学校の1年から2年にかけて、YMCAの体操教室に通ったりしたので、子供の頃から、周囲にキリスト教の雰囲気というものはあった・・・が、それだけだったが、中学校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけおめ。穴八幡宮(東京都新宿区)参拝【2/3】行きたくない大学を騙されて受けさせられた経験談

[第338回] 穴八幡宮参拝【2/3】    なぜ、早稲田大学の入試の時にここに寄ったかというと、帰りに目の前に神社があったので、立ち寄ってみただけ。高校3年の1月、父が、突然、「早稲田か慶應を練習のために受けて見たらどうや」と言い出したので、驚いた。「今は、少しでも学習時間が欲しいから、受けたくない」と断ったのだが、「練習のために」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「父の日」に思う。 奈良女子大受験生の人、弟に「応援」してもらいたいですか?

[第301回]    戦後すぐの時期、母が嫁入りした時、父の両親は健在で父の弟(私からすれば叔父)も同居していた。その「家」に母が嫁入りしたのだが、母にとって義父(私からすれば祖父)は人生で出会った唯一の頼もしい男性・頼りになる男性・自分のことを配慮してくれる男性であったようだ。 それに対して、父は若くて年収も少ないだけでなく、結婚し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「母の日」に思う。「両親が離婚した」人間というのはエライのか? 大学入試は家族との闘いでもある。

[第293回]    1970年代後半、北野高校の3年在学時、その後半のことだ。母が離婚すると言い出した。理由はよくわからない。もっとも、見合いで結婚した父母は今から考えてみると、もともと「家庭内離婚」のような状態だった気もする。父は「わしほどエライ人間はおらんねんぞお」と常に言っている人間だった。「会社っちゅうところでは、わしは特別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文学的素養があるから経済学部に行けと言う女とないから行ってはだめだという男-受験生へのエール【8】

[第280回]    【1】~【7】でも述べたが、1970年代後半、北野高校の2年の時の担任であった旧姓S野(女。北野高校→神戸大文学部卒)は、どうも、私が嫌いだったらしく、ずいぶんと苛められたものだった。 私はあの女に嫌われていること、そして、苛められていることに気づかなかった。 高校の先生というものは、まさか、おのれの好みによって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「会社員型」か「非会社員型」か。親には息子に「所有権」があるのか?―受験生へのエール【7】

[第279回] 【E】「会社員型」か「反会社員型」か。 及び、ない夢を追わせる父親とそれに加担する高校教諭    1970年代後半、北野高校の教諭であった旧姓S野(女。当時、20代前半。北野高校→神戸大文学部卒)は、「理科の成績と社会科の成績を比較すると社会科の方が比較的いいから、あなたは文系〔=経済学部=会社員養成学部=右翼反動の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両親が離婚した人間より離婚しない人間は「家族の政治学」で苦労しないか?―受験生へのエール【6】

 [第278回] ★★ 「両親が離婚した」人間と「両親が離婚していない」人間は、どちらが『家族の政治学』において苦労するかについての一考察 + 「両親が離婚した」人間というのはエライのか? ★★     北野高校の2年の時の担任であった旧姓S野(女。1970年代後半当時、20代前半。北野高校→神戸大文学部卒)は、生徒とその親とが主張…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アカデミック型」か「実用型」か、ブタ人間はお好き?―受験生へのエール【5】

[第277回] 【D】「アカデミック型」か「実用型」か。 「文学型」か「ブタ人間型」か。     京都に「哲学の道」というのがあり、西田幾多郎がそこを「哲学しながら」歩いたと言われている。 東京都文京区の本郷にある東大本郷キャンパスには「三四郎池」というのがあって、もともとは育徳園心字池といったのが、夏目漱石の『三四郎』で、そこを三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「燃える人間」か「燃えない人間」か、「科学論理型」か「現状妥協型」か-受験生へのエール【4】

[第276回] 【B】「燃える人間」と「燃えない人間」    ゴミの収集において、「燃えるゴミ」と「燃えないゴミ」に分けてだすように、人間にも「燃える人間」と「燃えない人間」というのがあるように思う。    昔、『あしたのジョー』という漫画があり、『あしたのジョー』『あしたのジョー2』とテレビにもなり、『あしたのジョー』『あしたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「受験は頭でやるもんや」、及、「覚える型人間」か「考える型人間」か-受験生へのエール【3】

[第275回]    「野球はアタマでやるもんや」と、野村克也のじいさんはあっちこっちで言いまくり書きまくっていたが、「受験はアタマでやるもんや」とか「学問はアタマでやるもんや」とか言うと、当たり前やんけ! と思う人がいるかもしれないが、そうではない。    野村のじいさんが言うには、プロ野球選手なんてものは、誰もが運動能力はあるも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文系か理系かどちらと言い難い学問分野があり、複数学部にある学科がある-受験生へのエール【2】

[第274回]    「とってちってたあ~あ」の学部という意味での「ブンケー」と、東大なら文科1類・2類・3類、京大なら文学部・法学部・経済学部・教育学部という意味での「文系」とは意味が違うのだが、後者の方の意味にしても、その人間が後者の方、「とってちってたあ~あ」「撃ちてしやまん」「死んでもラッパを放ちまちぇんでいたあ」の意味でない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

受ける大学学部を「理科と社会科はどちらの成績がいいか」などで決めてはならない-受験生へのエール【1】

[第273回]    大学の合格発表が終わり、高校を卒業する年に落ちて浪人することにした者は、「浪人生活」にそろそろ入りかけることかと思う。 駅とかで高校の同級生で通ったやつと会うと、なんか、「違いがわかる男のネスカフェゴールドブレンド♪」て感じで、「違い」を感じてしまったり・・・・。〔⇒《YouTube-ネスカフェ ゴールドブレンド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英文は日本語にして書くべきか、書くべきでないか―YMCA予備校はどこが間違っていたか≪8≫

[第230回]私のドラゴン桜(8) 【10】 「英語の学習においては、すべての英文を日本語に和訳して、常に書くべき」か、「語学の学習では、すべての文章を日本語に和訳して常に書くということはしてはならない」か。    1970年代後半に行った大阪府高槻市のYMCA予備校高槻校は最低だった。 問題点はいくつもあったが、「教職員が事務職員…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「地方の受験生は根性がある」か? 受験生に嘘情報を吹き込む予備校―YMCA予備校の間違い≪7≫ 

[第229回]私のドラゴン桜(7) 【8】 嘘の情報を受験生に伝えると、大学受験にプラスになるか? (1) YMCAが、私に「上役に逆らう人間」「人間性に問題がある」「文学的素養がない」と罵り、「人間性に問題があるから大学入試は成功しない」と呪詛した理由は、過去にYMCA予備校にいた女生徒で、YMCA予備校の模擬試験では相当良い成績…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「文学的素養がない人間」「人間性に問題がある人間」は落ちるか(下)―YMCA予備校の間違い≪6≫ 

[第228回]私のドラゴン桜(6) 【6】-2  1. 彼は、YMCA予備校の模擬試験は絶対で、YMCA予備校の試験で京大の文学部に合格確実と判定を出した人間が落ちたのは、YMCA予備校が悪いのではなく、落ちた人間が悪い、ということにしたいらしかった。どこが悪いということにするかという問題で、模擬試験の成績が悪かったとは言えないので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「文学的素養がない人間」「人間性に問題がある人間」は入試に落ちるか?(上)文学的素養・人間性て何だ?

[第227回]YMCA予備校の間違い≪5≫  私のドラゴン桜(5) 【6】-1  「京大の文学部は『文学的素養』がない人間はどんなに模擬試験の成績がよくても合格できないか?  「人間性の悪い者は模擬試験の成績が良くても入学試験には通らない」か?     「前にいた女生徒で、京大の文学部に行きたいといって何度も受けたのだけれども、YM…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more