テーマ:建築

雲の中のトドラが棲息する場所のマンション、バルタン星人の3倍の高さのマンションなんて、人間にとって非本来的だと思い…

[第498回]   イタリアのカンパーニャ州のソレント・・・というと、中学校の「音楽」の教科書にも出ていた「帰れ、ソレントへ」の街、テノール歌手のエンリコ=カルーソーの名前から題名がつけられた「カルーソー」という歌もソレントが舞台、ナポリからヴェスヴィオ周遊鉄道に乗って行った終点です。1998年、そのソレントに行った時に泊まったホテル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3階建か4階建の建物を前提に規定された数字を160m超の岩山建造に適用は不適切。権威づけ神輿の建築学科教授山本明氏…

[第479回]    習志野市と船橋市の境目付近の習志野市に、三菱地所レジデンス(株)・三井不動産レジデンシャル(株)・野村不動産(株)が事業主で、(株)フジタが建造中の巨大な人工の岩山のようなものに対して、苦情を言い、異議を唱えることができるのは、ごく近隣の住人だけだということにしたい人というのがいるらしい。 そういう人が、どのくら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治学院礼拝堂と記念館・インプリー館。聖書重視福音主義vs洗礼献金重視YMCA。不当要求を同僚にする者を注意しな…

[第477回]   明治学院大学https://www.meijigakuin.ac.jp/ というのは東京都にあるものだと思っていたら、東京都港区にあるのは専門課程と明治学院高校で、教養課程は横浜市戸塚区にあるらしい。〔明治学院大学HP キャンパス案内https://www.meijigakuin.ac.jp/campus/ 、白金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

権威主義 千葉工大教授 山本明氏の欺瞞+習志野市「仲よし幼稚園跡地事業」計画の無能。専用住宅業者に売却する土地を習…

[第474回]   ふと、気づくと、我が家の南側に巨大なものが出現していて、私も多忙であり、他に誰か言うべき人がいるのではないかとか思っているうちに、工事が進むようで、これはどう考えてもおかしい、と思い、船橋市役所都市計画課、習志野市役所都市計画課に行き、習志野市役所建築指導課にも行ったのですが、特に、習志野市役所の対応については、な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父にとって息子はライバルでなくエネミー、後継者でなく「部下」の場合がある-同志社今出川【12/13】

[第451回]   同志社大学および同志社女子大学 今出川キャンパス、及び、烏丸通りの日本聖公会 聖アグネス聖堂・大丸ヴィラなど見学シリーズ。これまで見てきた建物で、 [A]教会堂に該当するものというと、 同志社 礼拝堂 1886年 ダニエル=クロスビー=グリーン 重要文化財   ↓ クラーク記念館 1894年 リヒャルト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大丸ヴィラ・日本ナザレン教団上京教会・日本聖公会聖アグネス教会ほか-同志社今出川【11/  】

[第450回]    今回は「大丸ヴィラ」↓・日本ナザレン教団上京教会・日本聖公会聖アグネス教会ほか・・・・    今回、京都市地下鉄烏丸線「今出川」駅で下車して同志社 今出川キャンパスを訪問し、帰りは京都御苑の中を通って、烏丸線「丸太町」駅より帰りました。   京都御苑というのは京都市でも北部にあってかつてはけっこう行き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同志社今出川【10/13】同志社女子大栄光館。武田五一知ってる? 学校は建築家が完成させない方が良い

[第448回]   同志社大学と同志社女子大学は隣接してあります。なんで、共学の同志社大学と女子大の同志社女子大学があるのだろう、それも隣同士にあるのだろう・・と高校生から高校卒業した頃、思ったことがあったのですが、もともとは同志社大学というのは男子校で、女子の行く学校として同志社女子大学が作られ、男子校だった同志社大学が共学になった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同志社 今出川【9/13】アーモスト館。パラディアンウインドウ、ギャンブレル屋根。「アマースト大学」

[第447回]    同志社 今出川キャンパスの東側のエリアで、啓明館の後ろ(北側)にウィリアム=メレル=ヴォーリズ設計の「アーモスト館」がありますが、同志社の構内からはアーモスト館の付近までは行くことができず、今出川御門から相国寺に至る道を北に行くと見えてきますが、アーモスト館のすぐ前まで行くことはできません。↓ ( ↑ アー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同志社 今出川校区見学【8/13】啓明館。ヴォーリズ設計は新島遺品庫。栂と黒松。京都御苑から相国寺

[第446回]    同志社 今出川キャンパスは、今出川通りから相国寺に至る道路で東西に分かれています。 西側の方が面積は広いのですが、東側はそのさらに東が同志社女子大に隣接しており、実際に行ってみると、同志社大学の敷地と同志社女子大の敷地は間で行き来できるようになっており、それほどはっきりと隔離されているわけではないようです。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同志社今出川校区見学【7/13】寒梅軒、牛の像と大日如来石碑。有終館、致遠館、正門からすぐの良心の碑

[第445回]    クラーク記念館の後ろ(北側)の位置に 「寒梅軒」 があります。 ( ↑ 寒梅軒。 西側から見たもの。) ( ↑ 寒梅軒。 東側から見たもの。) ↑ 西側、庭に面した側などは茶室風のつくりかとも思えますが、クラーク記念館を左回りに一周まわって来て東から見ますと、「普通の家みたい」です。 ( ↑ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同志社今出川【6/13】千葉教会と同じリヒャルト=ゼール設計の「大志を抱け」とは別人のクラーク記念館

[第444回(トリプルフォー)]    礼拝堂の前(南)を東に進むと左手(北側)に「ハリス理化学館 同志社ギャラリー」、右手(南側)に明徳館があり、その間を東に進むと突き当りのあたりに見えてくるのが「クラーク記念館」(重要文化財)です。↓ ( ↑「 i 」マークが「クラーク記念館」。 )   ≪ 同志社 クラーク記念館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同志社今出川【5/13】明徳館、『同志社のシンボルとなっている塔』のある建物。「美しき水車屋」の娘?

[第443回]    礼拝堂の前(南)を東に進むと北側に「ハリス理化学館 同志社ギャラリー」があり、南側に「明徳館」がある。 「明徳館(めいとくかん)」は比較的新しい建物のようで、重要文化財などには指定されていない。  ↑ 「 i 」マークが「明徳館」。 今出川校地の建物の中では比較的新しい建物で、これが一番、実用的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同志社今出川校地【4/13】「ハリス理化学館同志社ギャラリー」、大学からなくなるスピーカーズコーナー

[第442回]    礼拝堂の前(南)を東に進むと、左手(北側)に「ハリス理化学館」、右手(南側)に「明徳館」があります。今回は北側の「ハリス理化学館」↓  ↑ 礼拝堂の前から東に進んで左側(北側)の「ハリス理化学館」です。重要文化財に指定されている建物ですが、内部は「ハリス理化学館 同志社ギャラリー」として同志社と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同志社今出川見学【3/13】グリーン設計の礼拝堂。「パンのみにて生きるにあらず」を理解する者しない者

[第441回]    「西門」を入ってすぐ左(北)、「地下経路」からの出口を出てすぐ右(西)に彰栄館があり、そこを東に行くとすぐ左手(北側)に「礼拝堂」がある。↓ ( ↑「 i 」マークが礼拝堂。 )  ↑ 「重要文化財 同志社 礼拝堂」「昭和38年(1963年)〇月1日指定  煉瓦造」と書かれているようですが、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同志社今出川校地見学【2/13】裏口入学は「庶民」か? 「思考が柔軟」か? 西門、彰栄館。

[第440回]    地下の鉄道というのは、地下2階の位置を走っていることが多いらしい。 だから、大阪市地下鉄四つ橋線を「西梅田」から北に延伸して「十三」経由で「新大阪」まで伸ばそうと考えた時、すぐ北に阪神「梅田」駅があるので、そこをどうやってくぐるかという問題が出てくるらしい。 それなら、地下鉄四つ橋線を掘り下げて地下3階を走るよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけおめ【5/6】東京スカイツリー展望回廊より見た景観。細く見えてもけっこう太い骨組。変な線名駅名

[第427回] あけおめ【5/6】    東京スカイツリーhttp://www.tokyo-skytree.jp/ は、350mの「展望デッキ」と450mの「展望回廊」があり(フロアガイドhttp://www.tokyo-skytree.jp/floor/ )、「展望デッキ」から「展望回廊」へ行くのは別料金。 地上から「展望デッキ」ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけおめ【4/6】東京スカイツリー展望デッキから見た景観。展望デッキの木質内装建材

[第426回] あけおめ【4/6】     視線を少し北西に向けますと、↓ ↑ これ、カメラの望遠機能を使って撮影していますので、肉眼で↑のように見えるということではありません。 正面に見える大きなガスタンクが、東京ガスのタンク。 その右(東)の隅田川にかかる橋が、『あしたのジョー』にも登場する、白髭橋。    1992年、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけおめ【3/6】貧乏人には東京スカイツリーは「高い」。展望デッキから見たAビール屋上の「う〇こ」

[第425回] あけおめ【3/6】    東京スカイツリーhttp://www.tokyo-skytree.jp/ が東京タワーと違うところというと、なんといっても、「高い!」 ・・・で、念のため、お断りしておきますと、この場合の「高い」というのは地上からの高さのことではなく、入場料金が「高い!」   値段を聞くと、東京都庁舎にしてお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけおめ【2/6】錦糸町~押上から見た東京スカイツリー。衣の下に鎧を隠す建築たる交番と「精神病院」

[第424回] あけおめ【2/6】    パリのエッフェル塔にしても、最初にできた時は評判は悪かったが、そのうち、「パリのシンボル」みたいになっていったという。 「パレロワイヤル」の中庭に、これ、なんだあ? て感じの 円柱状の腰掛みたいのがあるが、それは、公募だかで入選した作品を中庭に作ったが、そこに似合わないと評判が悪かったので取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箕面教会(箕面市)見学【2/5】府道から箕面教会。北川原公園・箕面川の紅葉はきれい。高層ビルは野蛮

[第419回] 日本の教会 シリーズ( )-2    日本基督教団 箕面教会への行き方。 地元の人にとっては自宅からどう行くかということになるでしょうけれども、とりあえず、府道池田箕面線からの行き方を説明します。 阪急箕面線「箕面」駅からは、とりあえず、駅の改札口を出ると西側に行き、信号を渡ると直進して、箕面川を橋で渡ると左折、箕面川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本基督教団箕面教会(箕面市新稲)見学【1/5】一般的「洋風教会型建物」だが使える建物の箕面教会

[第418回] 日本の教会シリーズ( )-1    大阪府箕面市新稲3丁目 の日本基督教団 箕面教会を訪ねました・・・といっても、前まで行って外観を見てきただけですけれども。 ( ↑ 日本基督教団 箕面教会 正面。) ※ 日本基督教団 箕面教会HPhttps://www.minoo-church.com/ 住所は、箕面市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大谷本廟参拝【3/5】玄関だけ前に出た建物は変か? 会社に私用の電話を他人の女に毎日かけさせる男

[第414回]    二天門をくぐって進むと、向こうに「明著堂」が見えてきます。↓ ≪ 明著堂は親鸞聖人の墓所である祖壇の前に位置する拝堂で、東西五間、南北十間、内部に柱のない建物≫(「大谷本廟HP 境内地図」http://otani-hombyo.hongwanji.or.jp/html/n1c1p3.html )だそうで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大田黒公園 正門・銀杏並木・茶室・記念館・蔵・庭園、ナグリ仕上げ―角川庭園と大田黒公園【10/10】

[第411回] 角川庭園と大田黒公園【10/10】    大田黒公園は、音楽評論家 大田黒元雄という人の邸宅の何割かを杉並区が寄付を受けて、周囲の敷地を合わせた上で、復元をおこなって公園として無料で開放している、というものらしく、「大田黒」は人の名前であって、その場所の地名ではありません。    大田黒公園は、JR中央線・東京メ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧角川邸訪問【7/10】内部。引込む戸袋のある障子。板張りの和室。営業は「頭のない人間がいい」か?

[第408回] 角川庭園と大田黒公園【7/10】  「数寄屋造り」と言われる建築[6]-7    「幻戯山房」「すぎなみ詩歌館」(旧角川源義邸)、今回は内部を検討します。 ↑ 玄関ホール部分。 ↑ 玄関ホールから階段3段上がって1階廊下へ。    現在、この土地は北道路で、東から南東に行く小道もあることはあるのですが、J…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角川庭園(旧角川源義邸)【6/10】外観と茶室への経路。住宅屋が言う「数寄屋」「桂」とは。和風も様々

[第407回] 角川庭園と大田黒公園【6/10】  「数寄屋造り」と言われる建築[6]-6   さて、旧角川源義邸は、 建物部分・・・・「幻戯山房」「すぎなみ詩歌館」 庭園部分・・・・「角川庭園」 と名づけられている。 「すぎなみ詩歌館」は「詩歌室1」「詩歌室2」「茶室」を貸室としており、詩歌会のじいさんばあさん、もしくは、おじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角川庭園(旧角川源義邸)訪問【5/10】旧角川源義邸北面から入口へ。南から来るとエーデルワイスでなく

[第406回] 角川庭園と大田黒公園【5/10】  「数寄屋造り」と言われる建築[6]-5    「ピーポくん 110番」と書かれた札を貼り付けている家を右(南側)に見て通り東に進むと、右手(南側)に旧角川源義邸(「杉並区立すぎなみ詩歌館」「幻戯山房」)が見えてきます。↓ ↑ 《杉並区 施設案内 角川庭園》http://www.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角川庭園(旧角川源義邸)訪問【4/10】角川庭園への道(3)+警察シンパとその精神構造について

[第405回] 角川庭園と大田黒公園【4/10】  「数寄屋造り」と言われる建築[6]-4    さて、「荻窪駅から角川庭園への道」の3回目、 前回、さりげなくやりすごした自転車に乗ったポリーチェ(POLICE)のおっさんが、一周まわってまたもや来やがったのが↓の交差点。 ぐるっとまわって、この交差点の↓の写真の右手から戻ってきた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角川庭園(旧角川源義邸)【1/10】角川書店、自分が創設した賞には応募しない者と自分に受賞させる者

[第402回] 角川庭園と大田黒公園【10/10】  「数寄屋造り」と言われる建物[6]-1   東京都杉並区のJR中央線「荻窪」駅の南側にある「角川庭園」(旧角川源義邸 「すぎなみ詩歌館」 「幻戯山房」)と「太田黒公園(旧 太田黒元雄邸)を見学してきました。   角川書店の創設者の角川源義〔1917年(大正6年)10月9日 - 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都庭園美術館【6/8】新館。屋外にエレベーター(本館)。鎖縦樋の工夫。なかば見えないガラス壁

[第391回] 東京圏の美術館・博物館(15)-6    東京都庭園美術館(旧 朝香宮邸)訪問は2度目なのですが、前回、すでに10年以上前になってしまいましたが、「新館」はありませんでした。係員の方に尋ねてみたところ、私が前回に訪問した後に建てられたようで、東京都庭園美術館HP の「沿革」https://www.teien-art-m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都庭園美術館【5/8】「ウィンターガーデン」・小食堂・大食堂扉。「人造大理石」「テラゾー」とは?

[第390回] 東京圏の美術館・博物館(15)-5    旧朝香宮邸(東京都庭園美術館本館)は、1階部分に、大広間・大客室・小客室・第一応接室・大食堂・小食堂といった「パブリックスペース」があり、2階に、若宮寝室・若宮居間・書庫・書斎・殿下居間・殿下寝室・第一浴室・妃殿下寝室・妃殿下居間・姫宮寝室・姫宮居間といった「プライベートスペー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more