テーマ:地名

自分の不勉強を原因に生徒をクラス全員で大笑いさせる教諭。「十三湖(じゅうさんこ)」は干拓地の一例。「十三(じゅうそ…

[第540回]   前回、中学校・高校の教諭編を述べたが、この際、小学校編も述べておこうと思い、作成する。 【1】 「十三(じゅうそう)」は「面白くもなんともない地名」で「大歩危小歩危(おおぼけこぼけ)」「親知らず子知らず」「立売堀(いたちぼり)」は「面白い地名」という理由は何だろうか。   これは、すでに、他の稿でも述べたことが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合併して箕面市になって何十年経った今、なぜ、萱野北・萱野東・萱野南・萱野中央・豊川北・豊川南なのか?

[第312回] 大阪府箕面市は、箕面町・萱野村・豊川村・止々呂美村が合併して箕面市になって、すでに何十年も経つのに、なぜ、今になって、「萱野北」「萱野東」「萱野南」「萱野中央」「豊川北」「豊川南」などと言い出すのでしょうか?    今回、大阪府箕面市粟生間谷西 のあたりに行くことがあり、道を歩いていると、そこに日本キリスト教団箕面東教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「自由が丘」の駅名・地名と福沢諭吉像に思う事、及、ペテロ像のつま先を掴んでの記念撮影はやめてほしい

[第212回] 「自由が丘」の由来について。   「○○が丘」というのは、最近、あちらこちらで、不動産屋が分譲した山手・・というより坂道だらけの分譲地によくつけられる名称で、面白くもなんともない。「○○が丘」とか「◇◇台」とかいう分譲地の名称にはうんざりしていますし、もともと、その地域にあった地名を消してしまって、そういうチャラい名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more