テーマ:高校

高校合格発表と芸術科目選択の想い出。黒田節による音楽のバビロン捕囚

[第449回]   3月20日というと、公立高校の合格発表の日だったと思います。昨日のことのように思いますが、ふと気づくと、それからもう40年以上経ったんですね。   北野高校は行きたいと思って行った学校でしたから、合格発表の時に自分の番号と名前があった時はうれしかった。「私立6年制受験校」出身の人には、そういう私立高校と公立伝統校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱田神宮参拝ー北野高校の史跡[2]【2/6】本宮 拝殿・本殿。高校による校風の違い、冒険と「日本人」

[第323回] 北野高校の史跡[2]-「熱田神宮に草薙剣型人間」vs「女子高にブルマ型人間」【2/6】     熱田神宮は、南門(正門)の第一鳥居をくぐって参道を北に直進すると、第二鳥居の手前の右手(東)に佐久間灯籠という大きな灯籠があり、その北側を東に行くと「東門」、第二鳥居の直前の位置で左手(西)に進むと「西門」、同じ所で右(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱田神宮参拝-北野高校の史跡[2]-【1/6】南門第一鳥居から拝殿まで。大学は正門から入ろう♪

[第322回] 北野高校の史跡[2]-「熱田神宮に草薙剣型人間」vs「女子高にブルマ型人間」【1/6】    愛知県名古屋市熱田区 に熱田神宮という神社がある・・・のは皆さんご存知だと思います。 ( ↑ 熱田神宮  拝殿。 )    なんでも、スサノオが出雲で「コシのヤマタノオロチ」という、なんといいましょうか、ゴジラのラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都美術館とブリューゲル『バベルの塔』展【4】高さを競う愚か、美術展と音楽会、公立進学校のメリット

[第305回] 東京圏の美術館・博物館(9)-4    「ボイマンス美術館蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを越えて―」は、4月18日(火)~7月2日(日)に上野の東京都美術館で開催され、その後、大阪市の国立国際美術館で7月18日(火)~10月15日(日)まで開催される予定らしい。 だから、「バベルの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カント と ソクラテス から考える橋下徹・中原徹の 君が代礼拝式の愚劣さ―高神『般若心経講義』再読。

[第126回]    今はむかし。 1970年代後半のこと。 北野高校の2年の時、「倫理社会」の先生が、「夏目漱石の『こころ』、太宰治の『人間失格』、三木清の『人生論ノート』、プラトンの『ソクラテスの弁明』、ドストエフスキーの『罪と罰』・・・、こういった本も読んだことのない高校生というのは高校生として欠陥があるのと違うかと思いますねえ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「民間人校長」は府民・国民に履歴書・職務経歴書の提出が要、及、リコール・国民審査or府民審査制度が要

〔第101回〕    橋下 徹の友人だということから、縁故入社か裏口入学みたいに府立和泉高校の「民間人校長」になってしまった中原 徹という男が述べていることを見て、この男、早稲田大学を卒業して弁護士をやっていたと言っているけれども、早稲田でも、内部進学か帰国子女枠かではないか、一般入試で入った人間ではなさそうな感じがすると思い、又、法…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

さらば、北野高校。 「人類普遍の原理」である「国民主権」を否定する学校に存在価値はない。さらば。

〔第98回〕     もう、30年以上経つが、私は大阪府立北野高校を卒業した。 過去を振り返ると月日の経つのは早いもので、2~3日前のような気がする。     行きたい行きたいと思って行った学校であったが、卒業してしばらくして考えてみると、はたして、良かったのかどうかよくわからないように思うようになった。 ひとつには、進学についてで…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more