テーマ:家族

大学受験生、特に「浪人してしまった人」に贈るエール【1/ 】『家族の政治学』に苦しむ人へ。高校教諭を信頼するな!

[第489回]   ふと気づくと、高校を卒業してから40年を超えた。昨日か一昨日のことのような気がするのだが、もう、それだけ経ったのだ。   さて、その頃を振り返り、私の受験の失敗と、今、その時に戻ることはできないとしても、今、その頃の自分ならこうする、というものを述べてみたい。 《特に「浪人してしまった人」に贈るエール》としたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ええもんばっかり買ってやったと言う父親-クリスマスに幼稚園でもらった物を正月にとりあげられた話[上]

[第430回] 正月の想い出【2/5】 2.  クリスマスに幼稚園で「もらった」ものを正月にイトコに取り上げられた経験。イトコがクリスマスに幼稚園でもらった物を正月にとりあげて持ち帰った者は「かわいそう」なのか?    最近では幼稚園は3年行く子供が多いようだが、私が幼稚園児だった頃は2年が普通だった。「年少組」「年長組」で、その「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大谷本廟参拝【5/5】自分が空腹でなければ子供にも食べさせない父親。子供に脂の塊を食わす父親

[第416回]    1960年代後半、父と母と3人で大谷本廟に行った帰り、食堂を捜して京都の街をあっち行ったりこっち行ったりうろうろ徘徊したあげく、ともかく大阪まで帰ろうということになったが、父は「あんた、何に乗りたい?」と小学校の低学年だった私に言い、「何でもいい」と私が答えたのに対し、「何でもいいではいかん。何に乗りたいのか言い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両親が離婚した人間より離婚しない人間は「家族の政治学」で苦労しないか?―受験生へのエール【6】

 [第278回] ★★ 「両親が離婚した」人間と「両親が離婚していない」人間は、どちらが『家族の政治学』において苦労するかについての一考察 + 「両親が離婚した」人間というのはエライのか? ★★     北野高校の2年の時の担任であった旧姓S野(女。1970年代後半当時、20代前半。北野高校→神戸大文学部卒)は、生徒とその親とが主張…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more