テーマ:父親

慶應女子高女が「見捨てた」硬貨を自販機の下とか棚の下から拾って拾得のは犯罪ではありませんよね。岡野武志さんの動画を…

[第548回]   千葉県習志野市谷津1丁目で高層マンション(巨大な人工の岩山)〔「津田沼 ザ・タワー」〕を実質的には住民に意見を問うことなく「巾着切りのごとく」「やったもん勝ちのごとく」計画を進められた件において、「事業者等」ではない株式会社オリジナルワーク一級建築士事務所 の高浦氏がこの計画に対する問い合わせを自分にしてくれと掲示…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「精神疾患」と思われる人に「アホ」と言うアホ。農作業かスポーツをすると根性がつくか。数学の問題は根性で解けるか? …

[第543回]   うちの父親は、「わしいが、あんたあの為にやってやってやってやったったものは、いっぱいあるけれども、わしが、あんたにやってもらったというものは、これまでに何ひとつとしてないし、今後とも未来永劫に渡って何ひとつとしてないからなあ」と毎日毎日、何度も何度も言いまくってきた・・・。又、「この家は、すべてわし一人で築いたもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の日に想う――ある日、突然、いなくなった柴犬と「子供は女が育てるもの」と言うわりに犬を飼いたがる男。治療費より新…

 [第542回]   今となっては40年以上前のことだが、誰だったか忘れてしまったが吉本の漫才師が「うち、犬をこうてますねん。その犬の名前が『ネコ』言いまして。そんで、猫もこうてまして、その猫の名前が『イヌ』いいますねん」とか話していたのを覚えている・・・のだが、実は我が家にも、昔、「熊」がいたのだ。「クマ」という名前の柴犬が。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ほうれん草より薬」の医者屋vs「サプリメントより蜜柑」の医者。珈琲と紅茶はどちらがカフェインが多いか。「宗教は毒…

[第518回]    遠山啓(ひらく)『教育問答 かけがえのないこの自分』(太郎次郎社)には、父親とはどういう存在か・・という遠山啓の父親観が述べられている。 父親とは、息子や家族を外敵から守ってくれる存在であり、父親とは、家族の中で最も「世間知」があって息子に「世間知」というものを教えてくれる存在である・・・などと書かれていた。ええ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「爪の垢」を飲ます側の論理・「爪の垢」を飲まされる側の論理。薬漬けで息子を裏口入学させるのは「思考が柔軟」か? 息…

[第503回] 「父の日」に。2020年(4)   考えてみると、うちの父親というのは、私によその息子の「爪の垢」というのを飲ませたい飲ませたいという「強い強い意志」というのを持った男だった。 英語で「強意志の will 」てやつがあったと思うのだが、  Father will drink good wine. 「父は、いいワイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長生きしてくれた母のおかげでわかった父親の人間性と高校教諭の白痴かげん―父の日に(2)! 

[第501回]父の日に(2)   母が90代まで生きてくれたおかげでわかったことというのがいくつかあります。   我が家は、「△△が欲しい」と言って買ってもらえるかどうかという際、近所の子供や幼稚園の同級生と比較して、買ってもらえないことがうっと多い家庭だった。よその家に遊びに行くと、よその子供が持っていて私が持っていないという遊び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「かわいい子には旅をさせよ」の4通りの意味。旅行でわかる人間性。父親がある人間はない人間より常に有利とは限らない、…

[第500回]   「かわいい子には旅をさせよ」という言葉の意味は・・・というと、一般に言われているのは、旅行をさせろということではなく、昔は、旅というのは、大変、難儀な思いをするものであったので、若い頃に苦労を経験させた方がいいということを言ったもの・・・とされている。父は私に、毎日毎日、「若い頃の苦労はこうてでもしろお!」と言いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の日に(19ー3)【3/4】学校の先生は勉強した者の仕事か否か。子供の水筒を取上げちゃらける父親

[第461回]    父は「東大(もしくは、京大・阪大など)に行って、なんで、学校の先生みたいなもんにならんといかんねん」と言うのだだったが、私はそうではなく、学校の先生というのは学校で学んできたことを教えるわけだから、小学校から高校まで勉強してきた者がなるものであって、他の仕事なら「学校の時の成績はあんまり良くなかったけれども、仕事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の日に(19-2)-「やふいのん」「やふいのん」と自分が言いまくった記憶の欠落している父親の日

[第458回]   「母の日」は5月の第2日曜というのは知られているが、「父の日」て6月だったような気がするが第2日曜だっけ? ・・実際は第3日曜らしいのだが、どうも、影が薄い。しかし、我が家では、「父の日」というと、うんざりする。「お父さん、ありがとうございますと言いなさい」とか言うおっさんの日、「お父さん、ありがとうございますと言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の日に(19-1)―いったん「買ってやる」と言ったら買うべき。お年玉は子供から取り上げるべきでない

[第457回]   1970年代、北野高校の2年の時、国語の教諭だったU村が「現代国語」の授業の時に、「どうも戦争とかで死ぬ時は、たいてい『おかあさ~ん』と言って死にますな。『おとうさ~ん』とは言ってもらえない。父親というのはそのあたり、分が悪い」と話したことがあったが、ええがな、「おかあさ~ん」と言ってもらえる女性というのは自分の嫁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父にとって息子はライバルでなくエネミー、後継者でなく「部下」の場合がある-同志社今出川【12/13】

[第451回]   同志社大学および同志社女子大学 今出川キャンパス、及び、烏丸通りの日本聖公会 聖アグネス聖堂・大丸ヴィラなど見学シリーズ。これまで見てきた建物で、 [A]教会堂に該当するものというと、 同志社 礼拝堂 1886年 ダニエル=クロスビー=グリーン 重要文化財   ↓ クラーク記念館 1894年 リヒャルト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ええもんばっかり買ってやったと言う父親(2)脂の塊なんか食うな!-正月にとりあげられた話[中]

[第431回] 正月と1月の想い出【3/5】 2. クリスマスにもらったゲームを正月にとりあげられた想い出。[中]   我が家は、「よそとちごうて」私に「小さい頃から」欲しいというものは「何でも何でも、どんなもんでも、ええもんばっかし、一番高いもんばっかし、こうてきてやあってやってやあってやってきたから」と父は言いまくったが実際は逆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ええもんばっかり買ってやったと言う父親-クリスマスに幼稚園でもらった物を正月にとりあげられた話[上]

[第430回] 正月の想い出【2/5】 2.  クリスマスに幼稚園で「もらった」ものを正月にイトコに取り上げられた経験。イトコがクリスマスに幼稚園でもらった物を正月にとりあげて持ち帰った者は「かわいそう」なのか?    最近では幼稚園は3年行く子供が多いようだが、私が幼稚園児だった頃は2年が普通だった。「年少組」「年長組」で、その「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大谷本廟参拝【5/5】自分が空腹でなければ子供にも食べさせない父親。子供に脂の塊を食わす父親

[第416回]    1960年代後半、父と母と3人で大谷本廟に行った帰り、食堂を捜して京都の街をあっち行ったりこっち行ったりうろうろ徘徊したあげく、ともかく大阪まで帰ろうということになったが、父は「あんた、何に乗りたい?」と小学校の低学年だった私に言い、「何でもいい」と私が答えたのに対し、「何でもいいではいかん。何に乗りたいのか言い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大谷本廟参拝【4/5】納骨の際、お骨を落とすな。普通に電車に乗るのも恩着せようとする父親

[第415回]    私が中学校の1年の時に父方の祖母が他界し、この大谷本廟に父とお骨を預けにきました。その際、どのお堂だったか、最初にあるお堂に入ってお坊さんから説明を受けて、こちらに来てくださいと別のお堂に移り、そこでお骨を預けて「永代供養」をお願いしたのです。今となっては、それがどのお堂だったか、どうもよくわかりません。いったん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

息子と嫁を「会社の部下」の扱いにしたがる父親―父の日に思う【5/5】

[第384回]    前回、《電車で「上座」に座りたがる男、電車の窓側席に座って週刊誌を読む男》http://tetsukenrumba.at.webry.info/201807/article_1.html において、内田康夫『湯布院殺人事件』(講談社文庫)の記述を読んで、そういえば・・・と私が小学校の4年の時、1960年代後半なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「父の日」に思う。 奈良女子大受験生の人、弟に「応援」してもらいたいですか?

[第301回]    戦後すぐの時期、母が嫁入りした時、父の両親は健在で父の弟(私からすれば叔父)も同居していた。その「家」に母が嫁入りしたのだが、母にとって義父(私からすれば祖父)は人生で出会った唯一の頼もしい男性・頼りになる男性・自分のことを配慮してくれる男性であったようだ。 それに対して、父は若くて年収も少ないだけでなく、結婚し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more