テーマ:父親

父の日に(19ー3)【3/4】学校の先生は勉強した者の仕事か否か。子供の水筒を取上げちゃらける父親

[第461回]    父は「東大(もしくは、京大・阪大など)に行って、なんで、学校の先生みたいなもんにならんといかんねん」と言うのだだったが、私はそうではなく、学校の先生というのは学校で学んできたことを教えるわけだから、小学校から高校まで勉強してきた者がなるものであって、他の仕事なら「学校の時の成績はあんまり良くなかったけれども、仕事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の日に(19-2)-「やふいのん」「やふいのん」と自分が言いまくった記憶の欠落している父親の日

[第458回]   「母の日」は5月の第2日曜というのは知られているが、「父の日」て6月だったような気がするが第2日曜だっけ? ・・実際は第3日曜らしいのだが、どうも、影が薄い。しかし、我が家では、「父の日」というと、うんざりする。「お父さん、ありがとうございますと言いなさい」とか言うおっさんの日、「お父さん、ありがとうございますと言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の日に(19-1)―いったん「買ってやる」と言ったら買うべき。お年玉は子供から取り上げるべきでない

[第457回]   1970年代、北野高校の2年の時、国語の教諭だったU村が「現代国語」の授業の時に、「どうも戦争とかで死ぬ時は、たいてい『おかあさ~ん』と言って死にますな。『おとうさ~ん』とは言ってもらえない。父親というのはそのあたり、分が悪い」と話したことがあったが、ええがな、「おかあさ~ん」と言ってもらえる女性というのは自分の嫁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父にとって息子はライバルでなくエネミー、後継者でなく「部下」の場合がある-同志社今出川【12/13】

[第451回]   同志社大学および同志社女子大学 今出川キャンパス、及び、烏丸通りの日本聖公会 聖アグネス聖堂・大丸ヴィラなど見学シリーズ。これまで見てきた建物で、 [A]教会堂に該当するものというと、 同志社 礼拝堂 1886年 ダニエル=クロスビー=グリーン 重要文化財   ↓ クラーク記念館 1894年 リヒャルト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ええもんばっかり買ってやったと言う父親(2)脂の塊なんか食うな!-正月にとりあげられた話[中]

[第431回] 正月と1月の想い出【3/5】 2. クリスマスにもらったゲームを正月にとりあげられた想い出。[中]   我が家は、「よそとちごうて」私に「小さい頃から」欲しいというものは「何でも何でも、どんなもんでも、ええもんばっかし、一番高いもんばっかし、こうてきてやあってやってやあってやってきたから」と父は言いまくったが実際は逆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ええもんばっかり買ってやったと言う父親-クリスマスに幼稚園でもらった物を正月にとりあげられた話[上]

[第430回] 正月の想い出【2/5】 2.  クリスマスに幼稚園で「もらった」ものを正月にイトコに取り上げられた経験。イトコがクリスマスに幼稚園でもらった物を正月にとりあげて持ち帰った者は「かわいそう」なのか?    最近では幼稚園は3年行く子供が多いようだが、私が幼稚園児だった頃は2年が普通だった。「年少組」「年長組」で、その「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大谷本廟参拝【5/5】自分が空腹でなければ子供にも食べさせない父親。子供に脂の塊を食わす父親

[第416回]    1960年代後半、父と母と3人で大谷本廟に行った帰り、食堂を捜して京都の街をあっち行ったりこっち行ったりうろうろ徘徊したあげく、ともかく大阪まで帰ろうということになったが、父は「あんた、何に乗りたい?」と小学校の低学年だった私に言い、「何でもいい」と私が答えたのに対し、「何でもいいではいかん。何に乗りたいのか言い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大谷本廟参拝【4/5】納骨の際、お骨を落とすな。普通に電車に乗るのも恩着せようとする父親

[第415回]    私が中学校の1年の時に父方の祖母が他界し、この大谷本廟に父とお骨を預けにきました。その際、どのお堂だったか、最初にあるお堂に入ってお坊さんから説明を受けて、こちらに来てくださいと別のお堂に移り、そこでお骨を預けて「永代供養」をお願いしたのです。今となっては、それがどのお堂だったか、どうもよくわかりません。いったん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

息子と嫁を「会社の部下」の扱いにしたがる父親―父の日に思う【5/5】

[第384回]    前回、《電車で「上座」に座りたがる男、電車の窓側席に座って週刊誌を読む男》http://tetsukenrumba.at.webry.info/201807/article_1.html において、内田康夫『湯布院殺人事件』(講談社文庫)の記述を読んで、そういえば・・・と私が小学校の4年の時、1960年代後半なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「父の日」に思う。 奈良女子大受験生の人、弟に「応援」してもらいたいですか?

[第301回]    戦後すぐの時期、母が嫁入りした時、父の両親は健在で父の弟(私からすれば叔父)も同居していた。その「家」に母が嫁入りしたのだが、母にとって義父(私からすれば祖父)は人生で出会った唯一の頼もしい男性・頼りになる男性・自分のことを配慮してくれる男性であったようだ。 それに対して、父は若くて年収も少ないだけでなく、結婚し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more