テーマ:習志野市

雨雲の中マンション、雲霧に埋没マンションは住居として本来的でない。マンション高層階は自殺死につながりやすい。「津田…

[第505回]   昨年・今年と6月はそれほどでもなく7月に入って梅雨になったような、なんだか、梅雨が1ヵ月後にずれたような感じ。   その7月に入ってから、我が家の南方を見ていて撮った写真をここに公開します。 2020年 7月14日(火) ↑ 雨雲の中に半分、漬かった状態。 ↑ 2020年 7月18日(土…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外観・内観・機能のいずれも目的にない「津田沼・ザ・タワー」。「外」重視のシドニーオペラハウス、「巨大な彫刻」東京カ…

[第504回]   「建築」とは、どういう条件を満たした構造物を建築と認めるべきだろうか? ・・考えたことありますか?  そりぁ、建築工事によってつくられたものであれば建築と違うのか・・・みたいに思っていたことも過去にあったのですが、そういう考え方もあるけれども、そうではなく、「建築」と認めることができるものは、どういう条件を満たした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲の中のトドラが棲息する場所のマンション、バルタン星人の3倍の高さのマンションなんて、人間にとって非本来的だと思い…

[第498回]   イタリアのカンパーニャ州のソレント・・・というと、中学校の「音楽」の教科書にも出ていた「帰れ、ソレントへ」の街、テノール歌手のエンリコ=カルーソーの名前から題名がつけられた「カルーソー」という歌もソレントが舞台、ナポリからヴェスヴィオ周遊鉄道に乗って行った終点です。1998年、そのソレントに行った時に泊まったホテル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都心の区がビルの新築に際し住居スペース確保を求めるごとく、郊外の駅前では商業施設の割合を確保させる規定を設けるべき…

[第497回]   東京の都心部の区・・・というと、練馬区とか杉並区とか世田谷区・大田区といった区ではなく、千代田区とかそういう区のことを言うと思いますが、昼間人口だけ多くて夜間人口がほとんどない、オフィス街として昼間は人が多くてもその区に住んでいる人はほとんどいないという区にしたくないと考える区があるらしく、そういう区では、新しくオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠藤周作『花鳥風月を友として』で考える「津田沼ザ・タワー」。船橋市・習志野市での「田園まさに荒れなんとす」

[第491回]    遠藤周作というと、どういう作家か。『おバカさん』という、ふざけたような題名で、ふざけたような話であって、実際にはそうでもない話、というのが私が最初に読んだ遠藤周作の小説だった。代表作というと、『白い人』『黄色い人』『アデンまで』『青い小さな葡萄』『海と毒薬』『沈黙』『聖書の中の女性たち』『イエス伝』・・といったも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「津田沼ザ・タワー」はパチンコ屋みたいに、夜、光りだしたが、パチンコ屋より傲慢。屋上のペントハウスを光らせて、マン…

[第488回]   船橋市南東部の第一種低層住居専用地域など住居系用途地域のすぐ南である、習志野市谷津1丁目15、船橋市と習志野市の境界のすぐ南の習志野市側に建造中の「津田沼ザ・タワー」と称する人工の巨大な岩山は、2020年1月13日、中ほどが光りだした。↓ ↑ 「津田沼ザ・タワー」が占拠している空というのは、それは、本来は習志…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

地下鉄と「高層マンション」は文明でない。ナポリ副都心の配慮がない「津田沼ザ・タワー」。建築学科課題としては落第点の…

[第487回]    高層ビル というものを「文明」とか「文化」とか思っている人というのが、たまにあるようですが、それは、一般に、知的水準があまり高くない人に多いように思われます。愛知産業大学の建築学科のスクーリングに行った際、M教授が「高さを競うなどというのは、後進国の発想だ」と言われたことがありましたが、私もそう思います。 どれだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「津田沼ザ・タワー」に反対はあっても賛成はありえない2つの理由。60年安保には2種類の反対があったて知ってますか。…

[第486回]   千葉県船橋市の南東部の南側、船橋市と習志野市の境目付近の習志野市に建造中の「津田沼 ザ・タワー」と称する160mを超える人工の岩山は、最近、内部に照明が灯りだした。↓ ( ↑ 2020年1月31日(金) 夜。 「津田沼 ザ・タワー」 千葉県習志野市谷津1丁目15。 )   なぜ、我々は自分たちの居住…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「津田沼ザ・タワー」”最高のロケーション”と称賛する「投資家カズのトレード日記」は精神病理学上の問題ではないかとす…

[第485回]   インターネットを検索していて、びっくりした。ここまでやるか、と。「『津田沼ザ・タワー』最高のロケーション」などと書かれている。 《投資家カズのトレード日記。》と書かれているのだが、マンション屋の宣伝部隊がおのれの正体を明確にしないで公開しているものか。この《投資家カズのトレード日記。 『津田沼ザ・タワー』最高のロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「津田沼ザ・タワー」の侵害に「権利意識の欠如」状態になるな。「相互主義の原則」として習志野市での買物は控えよう。「…

[第483回] 【A】「権利意識の欠如」の人について。   自分の家の南側正面に、いきなり、↓ なものを建造されたのではたまったものではない。    ↑ 北側ならまだしも、南側正面にいきなり、このようなものを出現させられるというのは、まさに、 「 なに ・ すん ・ ねん !!! 」 てものである。 ↑ の絵の上は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「津田沼ザ・タワー」の「容積率緩和」適用は制度の趣旨に反する。「仲よし幼稚園跡地活用事業」「審査委員」選定は八百長…

[第482回]   船橋市南東部の住居系用途地域の南側を塞ぐ巨大な人工の岩山として、船橋市と習志野市の境目付近の習志野市に建造中の「津田沼 ザ・タワー」と称する岩山の計画には不可解なところが多い。 ( ↑ 「津田沼 ザ・タワー」 2020年1月上旬、早朝の写真。) ( ↑ 「津田沼 ザ・タワー」 習志野市谷津1丁目15。)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3階建か4階建の建物を前提に規定された数字を160m超の岩山建造に適用は不適切。権威づけ神輿の建築学科教授山本明氏…

[第479回]    習志野市と船橋市の境目付近の習志野市に、三菱地所レジデンス(株)・三井不動産レジデンシャル(株)・野村不動産(株)が事業主で、(株)フジタが建造中の巨大な人工の岩山のようなものに対して、苦情を言い、異議を唱えることができるのは、ごく近隣の住人だけだということにしたい人というのがいるらしい。 そういう人が、どのくら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

権威主義 千葉工大教授 山本明氏の欺瞞+習志野市「仲よし幼稚園跡地事業」計画の無能。専用住宅業者に売却する土地を習…

[第474回]   ふと、気づくと、我が家の南側に巨大なものが出現していて、私も多忙であり、他に誰か言うべき人がいるのではないかとか思っているうちに、工事が進むようで、これはどう考えてもおかしい、と思い、船橋市役所都市計画課、習志野市役所都市計画課に行き、習志野市役所建築指導課にも行ったのですが、特に、習志野市役所の対応については、な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都市計画法による用途地域の趣旨を守るために建築基準法の規定があり、逆ではない。マンション屋の為の都市計画課なら存在…

[第470回]   JR「津田沼」駅の南口で開発行為事業者:三菱地所レジデンス(株)、事業者:三菱地所レジデンス(株)・三井不動産レジデンシャル(株)・野村不動産(株)、設計者・施工者:(株)フジタが建築工事中の船橋市南東部・習志野市南部の先住の住民にとってはなんとも迷惑な巨大な岩山「津田沼 ザ・タワー」について、 習志野市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「本人訴訟の一般人には相当大きく安全側に要求し、弁護士にはよほどのことがないと」の裁判所書記官の対応と、「三菱」「…

[第469回]   習志野市で建築工事中の「津田沼 ザ・タワー」の開発行為施行者は三菱地所レジデンス(株)、事業者は三菱地所レジデンス(株)と三井不動産レジデンシャル(株)・野村不動産(株)、設計者・施工者の(株)フジタは私は「大手のわりに、あんまり・・」という印象を受けていた会社だったが、事業者の3社は「三菱」「三井」「野村」という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「津田沼ザ・タワー」事業者名票枠外に別の問合先記載は不適。地下鉄をありがたがる人と高層マンションをありがたがる人

[第468回]   JR「津田沼」駅の南側に建築工事中の巨大な岩山 「津田沼 ザ・タワー」〔開発行為施行者:三菱地所レジデンス(株)、事業者:三菱地所レジデンス(株)・三井不動産レジデンシャル(株)・野村不動産(株)、工事施行者:(株)フジタ 千葉支店、設計者:(株)フジタ 一級建築士事務所〕について何回か述べてきました。 ( …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「津田沼 ザ・タワー」宅地建物取引業の票。ももんがあのような茶碗のかけらのような野蛮な高層マンション

[第467回]   JR「津田沼」駅の南口、「津田沼 ザ・タワー」(工事中)の工事現場に掲げられている票を前回掲載しましたが、ブログの字数制限により、すべてを掲載することができず、「宅地建物取引業者票」については今回掲載するとことにします。 「宅地建物取引業者票」(三菱地所レジデンス株式会社)↓   《ウィキペディア―三菱地所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

商業地域の容積率を悪用する「津田沼 ザ・タワー」。及、都市計画しない習志野市都市計画課

[第465回]    前回前々回に続き、習志野市のJR「津田沼」駅南側の「津田沼 ザ・タワー」と称する唯我独尊とでもいうのか、自分さえよければいいという高層マンションについてです。 ( ↑ 「津田沼 ザ・タワー」 北東側から見たもの。 ) ( ↑ 「津田沼 ザ・タワー」 北西側から見たもの。 )   2019年6月18日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「津田沼ザ・タワー」は下品で野蛮。事業者・設計者・開発行為事業者でない者になぜ問合せさせようとする?

[第464回]    船橋市東部の我が家は坂の中腹の位置に建っているので、2階の窓からは南側の家の2階の屋根の上から南方が見張らせたのですが、あろうことか、その正面に坂の中腹の我が家よりも背の高い高層マンションが建築中、それは船橋市なのか習志野市なのかとクルマで南方に走って、ついに見つけたのは、JR「津田沼」駅の南側の「仲よし幼稚園」…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

高層マンション「津田沼ザ・タワー」による居住環境破壊。商業地域に住居マンションは不当。勝手な自然改変

[第463回]    日本の人口は特に増えていないにもかかわらず、高層マンションなどというものが作られて自然環境が破壊されている。 高層ビルでも、「オフィスビルの高層ビル」と「高層マンション」では事情は違う。又、マンションでも、都心部で下層階と最上層階にはオフィスや店舗が入居して、中上層階に住居階としてマンションになっているというもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more