テーマ:住宅

旧角川邸訪問【7/10】内部。引込む戸袋のある障子。板張りの和室。営業は「頭のない人間がいい」か?

[第408回] 角川庭園と大田黒公園【7/10】  「数寄屋造り」と言われる建築[6]-7    「幻戯山房」「すぎなみ詩歌館」(旧角川源義邸)、今回は内部を検討します。 ↑ 玄関ホール部分。 ↑ 玄関ホールから階段3段上がって1階廊下へ。    現在、この土地は北道路で、東から南東に行く小道もあることはあるのですが、J…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角川庭園(旧角川源義邸)【6/10】外観と茶室への経路。住宅屋が言う「数寄屋」「桂」とは。和風も様々

[第407回] 角川庭園と大田黒公園【6/10】  「数寄屋造り」と言われる建築[6]-6   さて、旧角川源義邸は、 建物部分・・・・「幻戯山房」「すぎなみ詩歌館」 庭園部分・・・・「角川庭園」 と名づけられている。 「すぎなみ詩歌館」は「詩歌室1」「詩歌室2」「茶室」を貸室としており、詩歌会のじいさんばあさん、もしくは、おじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角川庭園(旧角川源義邸)訪問【5/10】旧角川源義邸北面から入口へ。南から来るとエーデルワイスでなく

[第406回] 角川庭園と大田黒公園【5/10】  「数寄屋造り」と言われる建築[6]-5    「ピーポくん 110番」と書かれた札を貼り付けている家を右(南側)に見て通り東に進むと、右手(南側)に旧角川源義邸(「杉並区立すぎなみ詩歌館」「幻戯山房」)が見えてきます。↓ ↑ 《杉並区 施設案内 角川庭園》http://www.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角川庭園(旧角川源義邸)【1/10】角川書店、自分が創設した賞には応募しない者と自分に受賞させる者

[第402回] 角川庭園と大田黒公園【10/10】  「数寄屋造り」と言われる建物[6]-1   東京都杉並区のJR中央線「荻窪」駅の南側にある「角川庭園」(旧角川源義邸 「すぎなみ詩歌館」 「幻戯山房」)と「太田黒公園(旧 太田黒元雄邸)を見学してきました。   角川書店の創設者の角川源義〔1917年(大正6年)10月9日 - 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都庭園美術館【8/8】芝庭。目黒駅まで。地震で窓ガラスが割れることはある。冠水した道を通勤するな

[第393回] 東京圏の美術館・博物館(15)-8    東京都庭園美術館の名称は「帯に短しタスキに長し」「遠からずと言えども当たらず」みたいな名称だが、「庭園美術館」というだけあって、美術館だけでなく庭園がある。 前回、写真を公開した「日本庭園」とは別に、都道312号に面した入口から入ってすぐ左手、旧朝香宮邸から見て南東側に「芝庭」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魅力ある街(東京圏)。田園調布はどこまで。態度の悪い不動産屋。田園調布駅(1)-田園調布と教会【1】

[第365回] 日本の教会 シリーズ    「この漫才で田園調布に家が建つ」というフレーズで有名な田園調布に、キリスト教の教会が、私が歩いていて見つけただけで3つあります。 田園調布駅の西側、放射線状の道路の外縁、宝来公園の手前の日本基督教団 田園調布教会 と 西側だけれども「多摩川」駅に近い カトリック 田園調布教会、それに、東側、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三渓園4―「聴秋閣」、三渓記念館、三渓園天満宮他。「デザイナーズハウス」て何?「建売風住宅」のこと?

[第255回]三渓園訪問4部作の4   三渓園訪問4部作の4。前回まで臨春閣について述べてきましたが、今回は、それ以外。聴秋閣や三渓園記念館などについて述べます。 【7】 聴秋閣   三渓園 の内苑、臨春閣の南西のあたりに聴秋閣↓ がある。 ↑ 聴秋閣(ちょうしゅうかく)。 「聴秋閣」という名は原三渓が名づけたそうで、もとも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屋上・バルコニー記事に関し、フリーダムアーキテクツデザイン(株)から脅迫まがいの文句を言われた件

[第251回]    なんだか、世の中には、被害妄想というのか、ケツの穴が小さいというのかの会社経営者がいるらしい。 まさか、こんなものに文句を言うバカはないだろうと思って、ブログを作成していたところ、フリーダム アーキテクツ デザイン 株式会社 (本社:東京都中央区日本橋久松町) http://www.freedom.co.jp/ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『火垂る(ほたる)の墓』の舞台 西宮市満池谷ニテコ池・震災追悼碑―カトリック夙川教会とニテコ池【下】

[第203回] 【3】 阪急神戸線の「夙川」の駅は夙川という川の上にホームがある。 阪神の「香炉園」の駅もそうみたい。 夙川は、その周囲が公園状に整備されて歩くのによい。 その夙川を北(上流)に進み、途中で東に折れてしばらく行くと、「ニテコ池」という池がある。住所としては「満池谷」である。      『古社名刹巡拝の旅34…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペットボトルのキャップ直径と掃除機のホースはなぜ同じ大きさなの? 及、住宅屋の現実対処術‐雨戸の鍵穴

[第184回]    ああ、いったい、何回、経験しただろうか。 掃除機のホースにペットボトルのキャップを詰めてしまうという事態を。 情けない。 振っても落ちない。 柔らかい布でもあてて、壁とか床とかにたたいてもとれない。指をつっこんでも届かない。 我が家が散らかっている、我が家に収納が少なく整理しにくい、という問題もあるとしても、そし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“投手の建築”、“捕手の建築” ~「建築家の創る家」って魅力を感じますか???

〔第37回〕  たしか、2004年のこと、インテリア産業協会が参加企業の協賛で、インテリアコーディネーターの有資格者向けのスキルアップ講習をおこない、その際、横浜市都筑区中川のハウススクエア横浜の「住まいの情報館」(最寄駅:横浜地下鉄ブルーライン「中川」)において、 「高齢者・身障者の疑似体験」(たとえば、高齢になって、足腰が弱くなって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポケットに手をつっこむ営業・自分の靴を揃えない営業―良い営業・悪い営業、できる営業・だめな営業(2)

〔引越掲載〕 〔(建築家+建築屋)÷2 のブログ 第36回〕    私は、住宅建築の営業の仕事を長くおこなってきましたが、他社や他社の従業員をライバル(好敵手、競争相手 rival)とはとらえても、決して、エネミー(敵 enemy)とは考えてきませんでした。     在来木造の I 社の栃木県のS展示場にいた時の同僚で、他の会社の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more