テーマ:京都

東京もんと慶應タイプの関西人観、「京のぶぶづけ」の意味。思考の硬さを「柔軟さ」と称する慶應タイプ

[第453回] 同志社今出川校区見学【14/14】 ( ↑ 同志社 アーモスト館。 ウィリアム=メレル=ヴォーリズ。 ) ( ↑ 聖アグネス教会。 ガーディナー。) ( ↑ 大丸ヴィラ。 ウィリアム=メレル=ヴォーリズ。)   関西人が東京圏に行って住むと、東京もんに対して不快な思いをすることがある。そのため、も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大丸ヴィラ・日本ナザレン教団上京教会・日本聖公会聖アグネス教会ほか-同志社今出川【11/  】

[第450回]    今回は「大丸ヴィラ」↓・日本ナザレン教団上京教会・日本聖公会聖アグネス教会ほか・・・・    今回、京都市地下鉄烏丸線「今出川」駅で下車して同志社 今出川キャンパスを訪問し、帰りは京都御苑の中を通って、烏丸線「丸太町」駅より帰りました。   京都御苑というのは京都市でも北部にあってかつてはけっこう行き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大谷本廟参拝【2/5】総門・守衛所・仏殿・読経所。自宅に植木がなくても寺社に見にいけばという考え方

[第413回]    東大路通り(府道143号)と五条通り(国道1号)が交差する「東山五条」交差点から大谷本廟に入り、江戸時代に築造された石橋の円通橋を渡り、階段を登ると、「総門」に至ります。↓ 「完全紅葉」もいいですが「紅葉なりかけ」も悪くありません。↑  ↑ 総門のすぐ外側(西側)。 「紅葉はじめ」はなかなかきれいです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大谷本廟参拝【1/5】-西本願寺・大谷本廟(西大谷)・北御堂が本願寺派。江戸時代の石橋、円通橋

[第412回]    京都市東山区の大谷本廟(西大谷)に参拝してきました。 ここは浄土真宗本願寺派の寺で、基本的には「浄土真宗本願寺派本山 本願寺」(「西本願寺」)と一体の寺なのですが、こちらには第一無量寿堂・第二無量寿堂という納骨堂があり、父方の祖父母がこちらで世話になっていることから、定期的に参拝しており、私にとっては他の寺社を参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

修学院離宮見学(1)修学院離宮と桂離宮、飛雲閣・成巽閣、日光東照宮、ヴェルサイユ庭園との対比について

[第257回]「数寄屋建築」の研究4-1   ≪日本の建築の建築様式には、次のような造りがあります ≫ 古代(上代) 神明造り、大社造り、住吉づくり、 奈良時代  春日造り、校倉造り、 平安時代  寝殿造り、 室町時代  書院造り、 江戸時代  数寄屋造り(茶室) ・・・と  山田伸亮(のぶあき)・井上国博・齋藤裕子・秋山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋下徹の君が代強制礼拝式の当日は、海外旅行へ行こう、or、そうだ 京都 行こう。

〔第80回〕    今は昔。 もう35年ほど前のこと。 「橋下徹が卒業した北野高校」という言い方は同校の卒業生として、人間として少なくとも橋下よりはまともな人間であると自負している者として、極めて不愉快であるが、今では、「野間宏の出身校の北野高校」「川島武宜の出身校」「手塚治虫の出身校」「森毅の出身校」「佐伯祐三の出身校」と言うより「…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more