テーマ:隈研吾

東京駅ステーションギャラリーと「くまのもの」展【5/6】―素材からの発展、「普通の顔」の隈研吾。

[第361回] 東京圏の美術館・博物館(14)‐5    学問とは、一般教養という基礎の上に専門を打ち立てるべきものであり、それは、小学校から中学校にかけての「術」的なものを使用して、中学校から高校にかけて「すべてについて一通り」を学び、大学の教養課程において「すべてにおいて何か」を学び、その「すべてにおいて一通り」と「すべてにおいて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京ステーションギャラリーと「くまのもの」展【4/6】―右翼結社を支援する建築家は支持できない

[第360回] 東京圏の美術館・博物館(14)‐4    2017年秋に国立 新美術館(東京都 六本木)で開催された「安藤忠雄展―挑戦」を見に行って、一方で、「建築家」と称する人というのは、土地もあればカネもあるような人や企業の建築ばっかりやってるような連中なのだろう・・などと私などは思ってきたのですが、安藤忠雄の場合は、そうでもなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京ステーションギャラリーと「くまのもの」展【3/6】行きたい学部、大学院に行けた人と行けない者

[第359回] 東京の美術館・博物館(14)‐3    「東京ステーションギャラリー」は、1階で入場し、エスカレーターで3階まで上がり、3階の展示室を巡った後、階段で2階におり、2階の展示室を巡った後に、ドームに面した回廊に出て、1階に降りて出るようになっています。    ↓ は、3階から2階に降りる階段内部ですが、 ↑ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more