テーマ:美術展

東京都美術館と「ブリューゲル展」【6/7】カラフルな内壁・北口・カフェArt・「真珠をブタにやるな」

[第352回] 東京圏の美術館(13)-6    東京都美術館の中庭に面した側の窓の脇に椅子が置いてある。 東側の企画展棟には、背もたれのある椅子が置いてあるが、外から見ると、その背もたれがカラフルでなかなか美しいのを、[第319回]《東京都美術館と「ボストン美術館の至宝展」【6/6】通用門と事務棟・西面・公募展棟南面・椅子背面の色彩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都美術館と「ブリューゲル展」【5/7】正確に描くP=ブリューゲル1世とありえない木造「はなの舞」

[第351回] 東京圏の美術館(13)-5    今回の企画展は「ブリューゲル展~画家一族150年の系譜」です。毎度、東京都美術館の企画展は人気があるのか、相当混んでいて、一巡するだけで疲れるのですが、今回はけっこう混んでいるのではないかと思って行ったのですが、それほどでもありませんでした。 私にとっては「ブリューゲル」というのは、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都美術館と「ブリューゲル展」【1/7】一族と非一族。「ブリューゲル」と「シュトラウス」・「小堀」

[第347回] 東京圏の美術館(13)-1    上野公園にある東京都美術館という美術館は、けしからん美術館で、どこがけしからんかというと、所蔵品も美術館の環境も魅力的な美術館がいくつもあって、それらの美術館の常設展を見学に行きたい・・・と思っていると、またもや、「これは、見に行かなきゃ」という気持ちになる企画展を開催するのだ。 1年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ボストン美術館の至宝展」と東京都美術館【1/6】ゴッホと佐伯祐三の「郵便配達夫」+慶應義塾の構図

[第314回] 東京圏の美術館(11)-1    美術館の雰囲気を味わいながら、絵画や彫刻を鑑賞しつつ、芸術的素養を高め、そして、美術館の建築を味わおう・・・・とした時、東京圏において最もけしからんというのか、それを妨げる存在は、何と言っても、上野の東京都美術館である。    なにしろ、ここの美術館は今までにも何度も足を運んだのだか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more