テーマ:

大谷本廟参拝【4/5】納骨の際、お骨を落とすな。普通に電車に乗るのも恩着せようとする父親

[第415回]    私が中学校の1年の時に父方の祖母が他界し、この大谷本廟に父とお骨を預けにきました。その際、どのお堂だったか、最初にあるお堂に入ってお坊さんから説明を受けて、こちらに来てくださいと別のお堂に移り、そこでお骨を預けて「永代供養」をお願いしたのです。今となっては、それがどのお堂だったか、どうもよくわかりません。いったん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大谷本廟参拝【3/5】玄関だけ前に出た建物は変か? 会社に私用の電話を他人の女に毎日かけさせる男

[第414回]    二天門をくぐって進むと、向こうに「明著堂」が見えてきます。↓ ≪ 明著堂は親鸞聖人の墓所である祖壇の前に位置する拝堂で、東西五間、南北十間、内部に柱のない建物≫(「大谷本廟HP 境内地図」http://otani-hombyo.hongwanji.or.jp/html/n1c1p3.html )だそうで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大谷本廟参拝【2/5】総門・守衛所・仏殿・読経所。自宅に植木がなくても寺社に見にいけばという考え方

[第413回]    東大路通り(府道143号)と五条通り(国道1号)が交差する「東山五条」交差点から大谷本廟に入り、江戸時代に築造された石橋の円通橋を渡り、階段を登ると、「総門」に至ります。↓ 「完全紅葉」もいいですが「紅葉なりかけ」も悪くありません。↑  ↑ 総門のすぐ外側(西側)。 「紅葉はじめ」はなかなかきれいです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大谷本廟参拝【1/5】-西本願寺・大谷本廟(西大谷)・北御堂が本願寺派。江戸時代の石橋、円通橋

[第412回]    京都市東山区の大谷本廟(西大谷)に参拝してきました。 ここは浄土真宗本願寺派の寺で、基本的には「浄土真宗本願寺派本山 本願寺」(「西本願寺」)と一体の寺なのですが、こちらには第一無量寿堂・第二無量寿堂という納骨堂があり、父方の祖父母がこちらで世話になっていることから、定期的に参拝しており、私にとっては他の寺社を参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more