箕面教会(箕面市)見学【2/5】府道から箕面教会。北川原公園・箕面川の紅葉はきれい。高層ビルは野蛮

[第419回] 日本の教会 シリーズ( )-2    日本基督教団 箕面教会への行き方。 地元の人にとっては自宅からどう行くかということになるでしょうけれども、とりあえず、府道池田箕面線からの行き方を説明します。 阪急箕面線「箕面」駅からは、とりあえず、駅の改札口を出ると西側に行き、信号を渡ると直進して、箕面川を橋で渡ると左折、箕面川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本基督教団箕面教会(箕面市新稲)見学【1/5】一般的「洋風教会型建物」だが使える建物の箕面教会

[第418回] 日本の教会シリーズ( )-1    大阪府箕面市新稲3丁目 の日本基督教団 箕面教会を訪ねました・・・といっても、前まで行って外観を見てきただけですけれども。 ( ↑ 日本基督教団 箕面教会 正面。) ※ 日本基督教団 箕面教会HPhttps://www.minoo-church.com/ 住所は、箕面市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入墨選手の写真入り幟を入口に掲示するのは公共施設として非常識―船橋アリーナと千葉ジェッツ船橋

[第417回]   バスケットボールというのは、「見るスポーツ」としてアメリカ合衆国などでは人気スポーツのひとつらしいが、日本では野球や相撲などに比べると「見るスポーツ」としての人気は高くないかと思うと、最近ではそうでもないようで、千葉県船橋市の船橋市営の体育施設(体育館・トレーニングルーム・温水プール・浴室など)の船橋アリーナで、千…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大谷本廟参拝【5/5】自分が空腹でなければ子供にも食べさせない父親。子供に脂の塊を食わす父親

[第416回]    1960年代後半、父と母と3人で大谷本廟に行った帰り、食堂を捜して京都の街をあっち行ったりこっち行ったりうろうろ徘徊したあげく、ともかく大阪まで帰ろうということになったが、父は「あんた、何に乗りたい?」と小学校の低学年だった私に言い、「何でもいい」と私が答えたのに対し、「何でもいいではいかん。何に乗りたいのか言い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大谷本廟参拝【4/5】納骨の際、お骨を落とすな。普通に電車に乗るのも恩着せようとする父親

[第415回]    私が中学校の1年の時に父方の祖母が他界し、この大谷本廟に父とお骨を預けにきました。その際、どのお堂だったか、最初にあるお堂に入ってお坊さんから説明を受けて、こちらに来てくださいと別のお堂に移り、そこでお骨を預けて「永代供養」をお願いしたのです。今となっては、それがどのお堂だったか、どうもよくわかりません。いったん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大谷本廟参拝【3/5】玄関だけ前に出た建物は変か? 会社に私用の電話を他人の女に毎日かけさせる男

[第414回]    二天門をくぐって進むと、向こうに「明著堂」が見えてきます。↓ ≪ 明著堂は親鸞聖人の墓所である祖壇の前に位置する拝堂で、東西五間、南北十間、内部に柱のない建物≫(「大谷本廟HP 境内地図」http://otani-hombyo.hongwanji.or.jp/html/n1c1p3.html )だそうで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大谷本廟参拝【2/5】総門・守衛所・仏殿・読経所。自宅に植木がなくても寺社に見にいけばという考え方

[第413回]    東大路通り(府道143号)と五条通り(国道1号)が交差する「東山五条」交差点から大谷本廟に入り、江戸時代に築造された石橋の円通橋を渡り、階段を登ると、「総門」に至ります。↓ 「完全紅葉」もいいですが「紅葉なりかけ」も悪くありません。↑  ↑ 総門のすぐ外側(西側)。 「紅葉はじめ」はなかなかきれいです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大谷本廟参拝【1/5】-西本願寺・大谷本廟(西大谷)・北御堂が本願寺派。江戸時代の石橋、円通橋

[第412回]    京都市東山区の大谷本廟(西大谷)に参拝してきました。 ここは浄土真宗本願寺派の寺で、基本的には「浄土真宗本願寺派本山 本願寺」(「西本願寺」)と一体の寺なのですが、こちらには第一無量寿堂・第二無量寿堂という納骨堂があり、父方の祖父母がこちらで世話になっていることから、定期的に参拝しており、私にとっては他の寺社を参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大田黒公園 正門・銀杏並木・茶室・記念館・蔵・庭園、ナグリ仕上げ―角川庭園と大田黒公園【10/10】

[第411回] 角川庭園と大田黒公園【10/10】    大田黒公園は、音楽評論家 大田黒元雄という人の邸宅の何割かを杉並区が寄付を受けて、周囲の敷地を合わせた上で、復元をおこなって公園として無料で開放している、というものらしく、「大田黒」は人の名前であって、その場所の地名ではありません。    大田黒公園は、JR中央線・東京メ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角川庭園(旧角川源義邸)訪問【9/10】荻窪駅から大田黒公園。大谷戸さくら緑地・善福寺川・シャレール

[第410回] 角川庭園と大田黒公園【9/10】 「数寄屋造り」と言われる建築[6]-9    今回、荻窪駅から実際に私が行きに行ったルートを示しましたが、「角川庭園・幻戯山房~すぎなみ詩歌館~」リーフレットに掲載に「角川庭園 周辺見どころ案内図」では、少々、違うルートでの行き方が示されています。    まず、荻窪駅では、東側に南北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧角川源義邸(角川庭園)訪問【8/10】庭園。詩歌は庭を見て。「特養ホームおぎくぼ紫苑」バス停

[第409回] 角川庭園と大田黒公園【8/10】  「数寄屋造り」と言われる建築[6]-8    旧角川源義邸は、建物を「幻戯山房」、庭園を「角川庭園」と名づけられていますが、実際には建物と庭園を完全に分けて考えるべきものではないでしょう。 桂離宮にしても修学院離宮にしても、建物と庭園と両方が合わさって桂離宮であり修学院離宮であるわけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧角川邸訪問【7/10】内部。引込む戸袋のある障子。板張りの和室。営業は「頭のない人間がいい」か?

[第408回] 角川庭園と大田黒公園【7/10】  「数寄屋造り」と言われる建築[6]-7    「幻戯山房」「すぎなみ詩歌館」(旧角川源義邸)、今回は内部を検討します。 ↑ 玄関ホール部分。 ↑ 玄関ホールから階段3段上がって1階廊下へ。    現在、この土地は北道路で、東から南東に行く小道もあることはあるのですが、J…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角川庭園(旧角川源義邸)【6/10】外観と茶室への経路。住宅屋が言う「数寄屋」「桂」とは。和風も様々

[第407回] 角川庭園と大田黒公園【6/10】  「数寄屋造り」と言われる建築[6]-6   さて、旧角川源義邸は、 建物部分・・・・「幻戯山房」「すぎなみ詩歌館」 庭園部分・・・・「角川庭園」 と名づけられている。 「すぎなみ詩歌館」は「詩歌室1」「詩歌室2」「茶室」を貸室としており、詩歌会のじいさんばあさん、もしくは、おじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角川庭園(旧角川源義邸)訪問【5/10】旧角川源義邸北面から入口へ。南から来るとエーデルワイスでなく

[第406回] 角川庭園と大田黒公園【5/10】  「数寄屋造り」と言われる建築[6]-5    「ピーポくん 110番」と書かれた札を貼り付けている家を右(南側)に見て通り東に進むと、右手(南側)に旧角川源義邸(「杉並区立すぎなみ詩歌館」「幻戯山房」)が見えてきます。↓ ↑ 《杉並区 施設案内 角川庭園》http://www.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角川庭園(旧角川源義邸)訪問【4/10】角川庭園への道(3)+警察シンパとその精神構造について

[第405回] 角川庭園と大田黒公園【4/10】  「数寄屋造り」と言われる建築[6]-4    さて、「荻窪駅から角川庭園への道」の3回目、 前回、さりげなくやりすごした自転車に乗ったポリーチェ(POLICE)のおっさんが、一周まわってまたもや来やがったのが↓の交差点。 ぐるっとまわって、この交差点の↓の写真の右手から戻ってきた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角川庭園(旧角川源義邸)訪問【3/10】荻窪駅から角川庭園への道(2) 公園とは。さりげなく・・

[第404回] 角川庭園と大田黒公園【10/10】  「数寄屋造り」と言われる建築[6]-3    JR中央線・東京メトロ丸の内線「荻窪」駅から角川庭園(旧角川源義邸、「杉並区立 杉並詩歌館」「幻戯山房」)・大田黒公園(旧大田黒元雄邸)への道。    JR中央線・東京メトロ丸の内線「荻窪」駅の東側南出口を地上に出て東に進み、ローソン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角川庭園訪問【2/10】荻窪駅から。鉄塊の真下で作業させる会社・労基法は守らないが会社のルールの会社

[第403回] 角川庭園と大田黒公園【2/10】  「数寄屋造り」と言われる建築[2]-2    角川庭園(旧角川源義邸、「杉並区立 すぎなみ詩歌館」、「幻戯山房」)は、JR中央線・東京メトロ丸の内線「荻窪」駅の南側にありますが、徒歩15分と角川庭園のホームページhttp://www.city.suginami.tokyo.jp/sh…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角川庭園(旧角川源義邸)【1/10】角川書店、自分が創設した賞には応募しない者と自分に受賞させる者

[第402回] 角川庭園と大田黒公園【10/10】  「数寄屋造り」と言われる建物[6]-1   東京都杉並区のJR中央線「荻窪」駅の南側にある「角川庭園」(旧角川源義邸 「すぎなみ詩歌館」 「幻戯山房」)と「太田黒公園(旧 太田黒元雄邸)を見学してきました。   角川書店の創設者の角川源義〔1917年(大正6年)10月9日 - 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エクセル3級合格体験記【8/8】どっちが「昇順」? 「教え合い」なら良し、「面倒みまくり」はだめ

[第401回] (33)  エクセル3級の試験では、問題3 で、「データベース」の分野、「フィルター」の設定、あるいは「テーブルスタイルとしての書式設定」、あるいは「並べ替え」をせよという出題がされます。    この「並べ替え」ですが、表のどこかのセルをクリックした上で、「データ」タブの「並べ替えとフィルター」グループの「昇り順」ボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エクセル3級合格体験記【7/8】枠線の表示と非表示 他。資格を詐称する者はそれが原因で通らなくなる。

[第400回] (D)  「枠線」の表示と非表示について。    エクセルを普通に開くと、セルの境界に「枠線」が表示されていて、そのセルはどの行のどの列のセルとわかりやすくなっています。 この枠線は通常は印刷されません。 「ページレイアウト」タブの「シートのオプション」グループの「枠線」の「表示」の左の箱は、普通にエクセルを開くとチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more