「勤労の権利および義務」憲法27条1項をどう考えるか【1/3】滅私奉公・夜討ち朝駆けを繰り返してきた安月給の者と従業員を安月給で使って一族だけ高い収入を得ている一族経営者はどっちが「働いている」のか「働いてない」のか。薬漬けで高収入を得ている医者屋というのは「働いている」のか「働いてない」のか。野球やって高給とってる人間というのは「働いてる」のか「働いてない」のか。「職業としての宗教」やってる者は「働いてる」のか「働いてない」のか。

[第568回]
  日本国憲法 の 第27条には、
第二十七条 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。
② 賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。
③ 児童は、これを酷使してはならない。
〔 e-gov 法令検索 憲法 https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=321CONSTITUTION 〕
という条文がある。
  私が中学校の時に使用した「公民的分野」の教科書 美濃部亮吉・山本荘毅・小葉田淳 ほか21名『日本の社会と世界』(1974.2.15.三版 清水書院)に収録されている「資料1 日本国憲法」には、〔勤労の権利及び義務、勤労条件の基準、児童酷使の禁止〕と書かれており、それぞれ、
日本国憲法 第27条
第1項 すべての国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。・・勤労の権利及び義務
第2項 賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。・・勤労条件の基準
第3項 児童は、これを酷使してはならない。・・児童酷使の禁止
と該当するようだ。

  このうちの第1項 をどう考えるか。
「すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ」ということは、
  高齢になって体力が弱ったじいさん・ばあさんも働けということなのか? 
  義務教育終了前の子供も働けという意味なのか? 
  義務教育を終了したならば、各学区の一番手校か、せめて二番手校くらいに進学する生徒は学業に専念してよいが、「下の方の高校」に行くようなやつは学校なんか行かずに働けという意味なのか? それとも、公立高校に行ける人間は高校に行ってもいいが私立高校しか行けない人間は高校なんか行かずに働けて意味か?
  病気で働けない人間でも無理してでも働けという意味なのか?
  株の配当とか株の売買で生活している人間というのは、それはいかんと言いたいのか? それならば証券会社はどうなのか? 証券会社はそれでメシ食ってるのと違うのか? 《ウィキペディアー村上世彰》https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E4%B8%8A%E4%B8%96%E5%BD%B0 を見ると、村上世彰は今はどういう肩書かというと「シンガポール在住の日本人投資家、相場師。」となっている。こういうのは、いいのか、悪いのか? むしろ、相当、カネ稼いでいるからいいのか? 
  せっせと働いて労基法違反の滅私奉公を続けてきたのに、安い給料しかもらえず、ろくな目にあわなかった私みたいな人間というのは、給料安いということは「勤労の・・義務」をはたしてないと認定されるのか? 逆に、ろくすっぽ働かずにええ思いしてきたやつというのは「勤労の・・義務」をはたしたことになるのか? 従業員を安月給でこき使って一族だけええ思いしている一族経営者という辞めさせられたのは、せっせと働いていないように見えても給料高いから「働いている」と認定されるのか?
  会社の上役の指示にしたがってやったことなのに、その上役の上役がそれが気に入らんと主張して結果として辞めさせられたら、指示した上役は本来なら「私が指示しました」と言わないといけないはずで、それを言えないならその役職の人間として「働いてない」ことになるはずだが、やめさせられた者は被害者であって指示した上役が「働いてない」のか? 上役の指示に従ってやったものをやっつけて実際に指示した者はやっつけない、その「上役の上役」が「働いてない」のか? そうではなく、結果として辞めさせられるようになった者が職業を失ったわけだから「働いてない」のか? それならどうしたらよかったのか? 上役の指示をきいたのが間違っていたということか?  きかなかったらきかなかったで文句言ってくると思うのだけれども、どうしたらいいの?
〔これ、実際に私が(株)一条工務店https://www.ichijo.co.jp/ で経験させられたことですが、会社が指定した営業所長の指示に従ったのに、どうも、営業本部長がそれを気に入らないと思ったらしいのだが、気に入らないなら指示した所長に気に入らないという態度を取るべきであって、所長の指示に従った従業員に向って攻撃するのは攻撃する相手を間違えているはずだが、「たとえ所長でも木下は高卒だからしかたがない」などと総務部長の天野雅弘は言うのだが、高卒でも大卒でもそんな「しかたがない」人間を所長にならさないでもらいたいと思うのだけれども。(株)一条工務店の場合、””比較的高い役職につきたいという時には「学歴によって人を差別するというのはおかしい」「差別はいかん」とかなんとかかんとか言いまくって、責任ある対応を求められると「ぼくは高卒なんだから、そんなものできるわけがない」「ぼくは高卒なんだから、そんなものわかるわけがない」と言ってふんぞり返る人間症候群”” が多すぎるんだけど。その《その役職につきたいという時には「学歴によって人を差別するというのはおかしい」とかなんとかかんとか言いまくって、責任ある対応を求められると「ぼくは高卒なんだから、そんなものできるわけがない」「ぼくは高卒なんだから、そんなものわかるわけがない」と言ってふんぞり返る人間症候群》の言うことを無視すると営業本部長が怒りよるし、だからといって、そいつの指示に従うと、その内容が気に入らんとして、指示した人間ではなく指示されてその指示に従った人間を攻撃してくるし。いったい、どうしたらいいの? 〕
  銀行はどうか? ひとのカネを預かって、他の人間に貸して、「晴れた日に傘を貸して雨が降ってきたらとりあげるみたいなことしているやつ」というのは「働いている」のか「働いていない」のか? 小堀住研(株)には銀行から出向で来た役立たずの従業員がいっぱいいて、そいつらは「最初から小堀住研(株)に入社した場合」にその人間についていたであろう役職よりずっと高い役職、「その人間がそのまま銀行にいた場合」についていたであろう役職よりもずっと高い役職につかせてもらい、最初から小堀住研(株)に入社した従業員よりも高い給料を盗って、それでいて会社のためにならないことを平気でやって、そして、最初から小堀住研(株)に入社した人間が滅私奉公して苦労して努力してきた会社をつぶした・・・が、そういうやつというのは、たいてい高給を盗っていたのだから「働いていた」と評価されるのか、そういう役立たずの害獣は「働いていない」と断定してやるべきなのか?
  小堀住研(株)〔⇒エスバイエル(株)・・その後、倒産した後にヤマダ電機(株)に「いぬき」で買い取られて(株)ヤマダエスバイエルホーム⇒(株)ヤマダホームズ〕の2代目社長で””メカケの子””らしい中島昭午のことを中島の出身校の長浜北高校の応援部だったかのホームページだかフェイスブックだかのコメント欄で「錚々たるメンバー」などとコメントしていた人がいたが、「会社をつぶしたアホの2代目」を「錚々たるメンバー」とは笑止であるが、そういう「会社をつぶしたアホの2代目」というのは「働いてない」と考えるのが当然か、それとも、それでも社長だったわけだから「ものすごく働いていらっしゃる」と言って持ち上げた方がいいのか? 「ものすごく働いていらっしゃる」と言った方がいいのは会社が存続している場合の話であって、
「バカ社長 会社つぶせば ただのバカ」
てもので、「会社をつぶしたアホの2代目」はつぶれた時から「タダのアホ」であり、当然、「働いてない」と評価されるべきものか?
  そもそも、「銀行から来た従業員」が最初からその会社に入社して努力して苦労して働いている人間よりもえらそうな態度をとりまくっているという状態にしてしまったオーナー経営者””メカケの子””こそ「働いていない」と評価されるべきではないのか? それでもオーナー経営者であり高い給料を盗っているのだから安月給の従業員よりも「働いている」ということなのか?
  家主業でメシ食ってる人間というのは「働いてない」と断定されるのか? しかし、(株)エイブルにいた時、ある大屋さんが「家主業というのは、多くの人が思っているほど儲からない仕事でして」と話していたことがあったが、私もそう思う。 家主というのは「何もしていない」のではない。家主というのは決して「何もしないで不労所得で食ってる」のではない。借り手が見つかるように不動産屋に頼まないといけないし、不動産屋が何から何までやってくれるわけでもないし、建物はそのうち経年劣化するし、補修に費用はかかるが、家賃から補修費を出したら残りはたいしてなかったり、悪くすると損失の方が多くなる可能性もある。傷んだものを業者に頼んで補修すると費用がかかるからと家主が補修作業をするなら・・⇒決して「不労所得で食ってる」のではなく、「相当の労働をしている」ことになる。家主業というのは、そのケースにもよるかもしれないけれども、決して「不労所得で食ってる」というわけではない。又、収入が少ないから家屋の1部屋を貸して賃料で生活しようとしたなら「不労所得で食ってる」と言われなきゃならんのか?
  オーナー企業の社長で、おのれはちっとも働かないで従業員ばっかり滅私奉公させて高給盗ってるやつというのは収容所に叩きこむか「シベリア送り」にして強制労働につかせることで「真人間(まにんげん)」になるようにするべきなのか?
  失業したら、働いていないから憲法27条1項の義務に違反しているということになるのか? 失業保険の給付が切れるまでの間に就職先が決まらなかったら「収容所送り」にされるのか?  拷問にでも合されるのか? ロボトミーでもされるのか?
  メカケの言うことばっかり聞いて、一般従業員が言うことはきかないアホ社長というのは「働いていない」のか、それとも「勝ちに不思議の勝ちあり」てもので同業他社がアホだから結果として「勝ち組」にその会社が入っていたならば、「メカケの言うことばっかりきいてるおっさん」は「働いている」という評価になるのか?
  そもそも、「勤労」とは何か? 「動く」と「働く」では、「にんべん」が左についているかいないかの違いがあるが、営業では「動いているだけではだめです。成果を出さないといけません」なんて言われるが、成果が出なかったら「働いていない」ことになるのか? それなら、戸建住宅建築業の営業というのは、「展示場の条件・市場性×営業能力=営業成績」と住宅営業のためのビデオを作成している会社なるものが作ったらしいビデオで 東日本ハウス(現 日本ハウスホールディングスhttps://www.nihonhouse-hd.co.jp/ )のトップセールスというおっさんが話していたが、この「展示場の条件・市場性」が悪い所にばあ~っかり配属された者は「働いてない」と認定されて、条件のいい場所にばあ~っかり配属してもらえるやつというのは「働いている」と認定されるのか?
  本来、会社経営者というものは従業員に不公平がないように配慮するのが仕事のはずだが、ところがどっこい、(株)一条工務店https://www.ichijo.co.jp/ あたりでは、逆にわざと不公平になるように細工をしているのだが、そういうことをやっているやつというのは経営者として「働いていない」と考えるべきなのか、それとも、そういうことを指摘して苛められる者が「働いていない」と認定されるのか?
  おっかしな「説教」ばっかりやってる牧師というのは、あれは「働いてない」のか? 『聖書』には「働き人がその生活のかてを得るのは当たり前ではないか」というイエスの言葉が書かれており、「職業としての宗教」をおこなう者が生活のかてを得るのは何ら悪いことではないと述べられているが、しかし、それなら、価値のある話をする牧師は「働いている」がろくな話をしない牧師は「働いていない」のか? いい話かろくな話でないかは誰が決めるのか? 
  1980年代、日本基督教団田園調布教会の牧師のT橋さんは、私なんかが挨拶しても「あ・・」で終わりだったが(普通、「こんにちわ」くらい言わないか・・と思うが、言わないのだ、あのおっさんは)、片方で「太客(ふときゃく)」「大口のお客さん」が来ると、まだ遠くにいるのに気づいて、「◇◇すああ~ああん」と声を裏返らせて独特の叫び声をあげてマントみたいのがついた牧師服をひるがえらせて風を巻いて飛んでいって歓迎する。なるほど、『新約聖書』「福音書」にある放蕩息子の帰還で父親が息子がまだ遠くにいるのに走って行って歓迎するというのは、ああいう走り方のことを言うのか。私になら「あ・・」でおしまいのおっさんが、「太客(ふときゃく)」「大口のお客さん」が来ると、まだはるか遠くにいても気づき、走っていって歓迎する・・というのは、あれは牧師屋として「働いている」のか「働いていない」のか、どっちなのか? やっぱり、牧師屋としてものごっつう「働いている」ということか? 牧師屋のお手本とでもいうべきものか? ・・そうなのか?・・( 一一) まさに「天国の沙汰もカネ次第」てものか・・。 田園調布教会の牧師屋の高橋さんの息子は私よりちょっとだけ年上だったが、慶應義塾高校から慶應大医学部なんか行きよったが、慶應は大学については昔から「国立大学よりは高いが私立大学の中では安い方」の大学だが小学校から高校までは「私立の学校の中でも高い方」だそうだが田園調布教会に来ていた人は誰もが田園調布の住人ではないし誰もが金持ちではなく慶應義塾高校なんて行かせることはできない人はいたはずだが、牧師屋は息子をそんな所に行かせていいのか? 慶應義塾高校なんて行かせることはできない人の払ってくれた献金で成り立っている教会の牧師屋が息子をそんな所に行かせていいのか? そうではなく、貧乏人が払った献金からではなく「太客(ふときゃく)」「大口のお客さん」が払ったカネで成り立っている教会と牧師屋だから、牧師屋の息子が慶應義塾高校に行ってもいい・・てことか? その牧師屋は、やっぱり、それだけ稼いでいるてことか。やっぱり、それだけのカネ払ってる人・払ってくれる可能性がある人は教会屋・牧師屋としては大事にしなきゃならないのは当然のことてことか・・それなら、私みたいな「日陰の月見草」としてはそんな教会なんて行く必要はまったくないということ・・だわな。「なにしろ、わしぁ貧乏やからな」・・・「長嶋みたいなやつ」だけ大事にしておけばいいてことだな、あの牧師屋は。そうすれば田園調布駅から徒歩5分以内なんて場所の戸建の社宅に住ませてもらえるわけだ。なるほど。
〔わしも、いっぺん、あんなとこ、住んでみたいわあ・・・。ええなあ、うらやましいなあ、ほんまにええなあ。〕
  御用学者というのは「働いてない」のか、それとも、国民を騙すためにせっせと「働いてる」のか?
職業としての学問 (岩波文庫) - マックス・ウェーバー, 尾高 邦雄
職業としての学問 (岩波文庫) - マックス・ウェーバー, 尾高 邦雄
  プロ野球選手で高給とってるくせして、ちっとも活躍しないやつてのは「働いてない」のか? 高給とってるから「働いてる」のか? ともかく一軍にいるやつは「働いている」が二軍にずう~っといるやつてのは「野球やって遊んでる」のとたいして変わらんわけだから「働いてない」のか? それなら、おかしなことやって会社つぶして逃げた社長てのは「働いてない」と考えるべきだと断定していいか?
  そもそも、野球みたいなもんやってるやつてのは、どんなに活躍したって何かを生産したわけでもなし、どんなに活躍しても「働いた」と言えるのか?  「パンとサーカス」という言葉があり、専制的な政治家・支配者にとっては国民には「パンとサーカス」と言って、ぎりぎり生活できる程度でそれ以上のことを考える余裕がない収入と、気持ちが「ふわあ~っ」となって関心がそっちにいって政治的変革をしようなどとは考えないようになる娯楽を持たせるのが統治しやすい・・という考え方があり、その「パンとサーカス」の「サーカス」の方として現在の日本ではプロ野球というものがある・・と考えると、野球選手なんてのは、むしろ、その点で民主主義に逆行する行為をおこなっているという面があるわけだから、「働いてる」ことにはならないと考えるべきか、それとも、専制的統治家・ファッショ的政治家にとって都合がいいように「働いてる」のか?
  新庄ビッグボスてのは、もうすでに相当の注目を集めて日本ハムは「とうに元とった」と言われているから、今シーズンはたとえ最下位になっても新庄は「働いた」のか?  阪神タイガースというのは、毎年、「商売繁盛の神さん」西宮戎神社に参拝して願掛けしているものだから、だから、ちっとも優勝しないのに、それでも甲子園球場にはお客さんがいっぱい来てくれる・・・て、企業としては儲からんことには話にならんのやから、優勝するのとお客さんがいっぱい来てくれるのとではお客さんが来てくれることの方が大事や・・てことは阪神タイガースはたとえちっとも優勝しなくても「働いている」のか? 球団経営者としては、「利益を上げる」とともに「コストが上がらない」工夫が必要で、そのためには「優勝なんかしよったら選手の給料上げんといかんし、優勝なんてしよったらうるそうてかなわんわ。(優勝争いしての善戦むなしく)2位が一番ええ」と阪神タイガースの球団経営者は言うとるのと違うか・・なんて話が昔からあったが〔そして、実際、阪神タイガースってのは昔から優勝争いには弱いくせして2位争いには強い!〕、もしかして、球団経営者としては「優勝争いしての善戦むなしく結果として2位になった」てのが最も「働いている」てことになるか? 阪神タイガースの球団経営者はそれをめざしてせっせと「働いている」のか?
  昔、ヤクルトのオーナーが「巨人に勝ったらヤクルトが売れなくなるから優勝しなくてもいいから巨人に勝ったらいかん」と言ったとかいう話があるが、そうなると「巨人キラー」とかいうピッチャーはヤクルトの経営者からすると「働いてない」ことになるか? そういえば、今は昔、松岡とともにヤクルトの主力投手でけっこう巨人に強かった浅野投手が、大洋 平松・中日 星野に次ぐようななかなかの「巨人キラー」だったと思っていたのに、まさにその巨人にトレードされてしまったが、あれはヤクルトのオーナーの判断では《巨人に勝つとは「働いてない」》ということになったのだろうか?
※ 《ウィキペディアー浅野啓司》https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%85%E9%87%8E%E5%95%93%E5%8F%B8
《 松岡や安田猛らと共に、主力投手として10年間で70勝を挙げ、ヤクルト不遇の時代を支えたが、1975年に腰を痛めて登板機会が減少。広岡達朗監督の指導法とも合わず低迷が続く。1977年、倉田誠との交換トレードで読売ジャイアンツへ移籍。これは浅野が「巨人キラー」と呼ばれていた事もあり、巨人好きと言われたヤクルトの松園尚巳オーナーからのプレゼントとも称された。・・》
  静岡県浜松市北区の深奥山方広寺のボーズみたいに、不良企業の経営者と結託して、従業員の給料をへつったカネを受け取って「信教の自由」を侵害する「研修」をおこなってガッポガッポ儲けているやつというのは、それは反社会的勢力だから「働いていない」のか? ああいう仏教の精神に反する堕落ボーズは「働いてない」と考えるのが当然? それとも、不良企業から従業員の給料へつったカネを大量に受け取って儲けているから、まさに「商売繁盛で笹もってこ~い♪」て感じで本来なら従業員に払うべきカネを横取りして儲けているから「働いている」のか?
  (株)一条工務店が労基法違反で本来なら従業員・元従業員に払っておくべきだったカネを払わずに貯め込んだものの一部を「防潮堤の費用」などと称して受け取った「浜松市」の市長で慶應大ア法学部卒の鈴木康友は、不良企業から「寄付」なんて行政が受け取るなんてもってのほかであり、市長として本来なら取り締まってやらないといけない相手から「寄付」をもらうというのは、鈴木康友個人がではなく「市」もらったというものであっても、それはやるべきことではないから市長の鈴木康友は「働いてない」のか? それとも、「誰からもらってもカネはカネ」で「浜松市」にカネが入ったからには「働いている」のか?
  「患者」に毒盛りして薬代などで儲けまくって「病棟」いっぱい増築して拡大している「病院」経営者というのは、それは「患者」に要らない薬・飲まない方がいい「薬」を飲ませまくった悪党であり「働いていない」と考えるべきなのか、それでガッポガッポと儲けまくって新たな「病棟」作ったり看護学校まで作ったりして、息子を慶應の内部進学の学校に入れたり・・あるいは私立医大に裏口入学させたりと、悪の限りを尽くしているやつというのは、それだけ「儲けている」ということは「働いている」ということなのか? どこぞの病院の中庭に銅像まで建ったりして・・となると「働いている」だけではなく「英雄」なのか? そんなやつからの「特別献金」を受け取って商売繁盛させてる牧師屋てのは牧師屋として大いに「働いている」のか、「働いていない」のか?
※ 《YouTube-交響曲第3番《英雄》(ベートーヴェン)》https://www.youtube.com/watch?v=GKFStVrKNU4
  ・・・「勤労の権利及び義務」については、権利の方については漠然とでもまだしもわかるのだが、義務の方は考えれば考えるほどよくわからなくなる。

  次回https://tetsukenrumba.at.webry.info/202201/article_4.html ・次々回https://tetsukenrumba.at.webry.info/202201/article_5.html に渡って、この憲法第27条第1項について、
片岡 曻『労働法(1) 総論・労働団体法』(2007.6.20. 有斐閣双書)
阿久沢亀夫『図解 労働法〔補訂版〕』(1981.8.1.補訂版 立花書房)
有倉遼吉 監修『口語六法全書 憲法』(1964.11.20. 自由国民社)
では、どのように述べられているかを見てみたい。又、日吉台学生ハイツの「カウンセラー」はどう解釈していたかも述べ、小此木啓吾の「モラトリアム人間」論とともに「カウンセラー」の危険な思想を指摘する。
  (2022.1.18.) 

☆「勤労の権利および義務」憲法27条1項をどう考えるか
1.滅私奉公・夜討ち朝駆けを繰り返してきた安月給の者と従業員を安月給で使って一族だけ高い収入を得ている一族経営者はどっちが「働いている」のか「働いてない」のか。薬漬けで高収入を得ている医者屋というのは「働いている」のか「働いてない」のか。野球やって高給とってる人間というのは「働いてる」のか「働いてない」のか。「職業としての宗教」やってる者は「働いてる」のか「働いてない」のか。〔今回〕
2.本来は「勤労の権利」実現の為の職安は目的から逸脱している。茨城大卒の男が人事部長なんかなるな。「勤労の義務」は産業報国会の流れ。「病気で働かない者は収容所で強制労働につかせるか死刑にする必要がある」と主張するヨッパラーの「カウンセラー」。早期就職支援センターを叩き潰せ。https://tetsukenrumba.at.webry.info/202201/article_4.html
3.国民に強制労働を強いる意味ではない・・が、そういう意味だと主張したい人が日本にはいる。小此木啓吾「モラトリアム人間」論は「労働の権利と義務」を義務的に解釈しようとする人たちの流れのもの、産業報国会の流れのもの。それに気づかない、自分は「レッテル」貼られる側にはならないと勝手に決めつけてる塾風人間。https://tetsukenrumba.at.webry.info/202201/article_5.html 

夜と霧 新版 - ヴィクトール・E・フランクル, 池田 香代子
夜と霧 新版 - ヴィクトール・E・フランクル, 池田 香代子
夜と霧の隅で (新潮文庫) - 杜夫, 北
夜と霧の隅で (新潮文庫) - 杜夫, 北
楢山節考 (新潮文庫) - 七郎, 深沢
楢山節考 (新潮文庫) - 七郎, 深沢

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック