「野菊の墓文学碑」と矢切の渡【6/6】「矢切の渡」と江戸川。『春の潮』とともに読むべき『野菊の墓』。いいかげんな「…

[第554回]   「野菊の墓 文学碑」訪問の6回目ですが、伊藤左千夫『野菊の墓』には「矢切の渡し」についてもわずかに記述があります。 《 僕の家というは、松戸から二里ばかり下がって、矢切(やぎり)の渡(わたし)を東へ渡り、小高い岡の上でやはり矢切村と言っている所。矢切の斎藤といえば、この界隈の旧家で・・・ 》 というから、「野菊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「野菊の墓文学碑」【5/6】野菊庵・短歌の木札。伊藤左千夫は単作作家でない。「性格あつかましい」は自慢すべきでない…

[第553回]   市川市下矢切 の 「野菊の墓 文学碑」訪問の5回目です。 ↑ の「野菊の墓 文学碑」の右側に「野菊庵」という建物があります。↓ ↑ クリックすると大きくなるのでクリックして見てください。左の表札みたいな札に横書きで「野菊庵」と書かれています。 内部は、↓ ↑ 奥の方に「蔵のギャラリー 喫茶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「野菊の墓 文学碑」(下矢切)と文学・哲学への思い【4/6】野菊苑から見た西方の絶景。『野菊の墓』と「文学碑」「野…

[第552回]   松戸市下矢切の「野菊の墓 文学碑」訪問の4回目です。   ↑ 「野菊の墓 文学碑」は、《まるごとeちば》https://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/8532 には《 昭和40年(1965年)に地元有志の発案と門弟土屋文明氏の書により建てられました。》、《…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「野菊の墓 文学碑」と松戸市矢切と文学・哲学への思い【3/6】西蓮寺(真言宗)、『春の潮』に見られる「自我」の主張…

[第551回]   「野菊の墓 文学碑」訪問の3回目です。2回目で「野菊の墓 文学碑」と道を挟んで北側に「野菊苑」がある一角に到着しました。 ↑ 「野菊の墓 文学碑」がある場所。 ↑ 「永禄古戦場跡」碑。 ( ↑ マーカーが「野菊の墓 文学碑」 )   今回はクルマで行きましたが、8月後半の訪問で相当暑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「野菊の墓 文学碑」と松戸市矢切と文学・哲学への思い【2/6】市川側から「野菊の墓 文学碑」への道。「永禄古戦場跡…

[第550回]   「野菊の墓 文学碑」2回目です。 「野菊の墓 文学碑」は松戸市下矢切261 《千葉県観光物産協会 e千葉 野菊の墓文学碑》 https://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/8532 には、《 野菊の墓文学碑は、松戸市下矢切にある西連寺の境内にあります。》と書かれているのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「野菊の墓」文学碑と松戸市矢切と文学・哲学への思い【1/6】文学・哲学は毒薬か? 牛乳屋兼歌人・文学者の伊藤左千夫…

[第549回]   習志野市谷津1丁目 に「やったもん勝ち」のように・「巾着切り」のように北側の低層住居専用地域を中心とした住居系用途地域の住民の意思をきくこともなく建造されてしまった人工の巨大な岩山(「津田沼 ザ・タワー」)について、 〔 ↑ 千葉県習志野市谷津1丁目 の人工の巨大な岩山(「津田沼 ザ・タワー」) 北側…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more