雲の中のトドラが棲息する場所のマンション、バルタン星人の3倍の高さのマンションなんて、人間にとって非本来的だと思い…

[第498回]   イタリアのカンパーニャ州のソレント・・・というと、中学校の「音楽」の教科書にも出ていた「帰れ、ソレントへ」の街、テノール歌手のエンリコ=カルーソーの名前から題名がつけられた「カルーソー」という歌もソレントが舞台、ナポリからヴェスヴィオ周遊鉄道に乗って行った終点です。1998年、そのソレントに行った時に泊まったホテル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都心の区がビルの新築に際し住居スペース確保を求めるごとく、郊外の駅前では商業施設の割合を確保させる規定を設けるべき…

[第497回]   東京の都心部の区・・・というと、練馬区とか杉並区とか世田谷区・大田区といった区ではなく、千代田区とかそういう区のことを言うと思いますが、昼間人口だけ多くて夜間人口がほとんどない、オフィス街として昼間は人が多くてもその区に住んでいる人はほとんどいないという区にしたくないと考える区があるらしく、そういう区では、新しくオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

息子よりよその子をいいと思う母親。息子のせいにして「英雄」になる父親。裏口入学と「両親が離婚」は自慢することか-母…

[第496回]   母にとって、私は「産まれなければよかった子供」だったらしい。母は姉2人が「成人したら離婚しようと思って我慢を重ねてきた」ところが、下の姉が9歳の時に、私が産まれてしまったので、「それで離婚できなくなってしまった」そうで、次に私が「大学に行ったら離婚しようと思って我慢してきた」そうだ。ところが、「こいつ、現役で大学に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ、地方国立大学は論文・小論文を試験に課したか。地方大学で「論文」「小論文」「面接」が試験にある大学を受ける場合…

[第495回] 受験生へのエール【6/ 】    1970年代後半、本当のことより嘘つくことの方が圧倒的に多い男だったYMCA予備校高槻校の事務職員(「主事」)の藤井は、「ガイダンス」と称して、広い部屋に受講生を集めて、 「きみら、地方の大学は易しいと思っているかもしれんけれども、地方の国立大学は地方で優秀な人間が受けるんだから、易…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「適性テスト」「作文のテスト」に読書調査までやって受講生を統制しようとするYMCA予備校は害がある。気に入らない人…

[第494回] 受験生へのエール【5/ 】   今から考えてみると、高校および大学受験の際、そのもの自体に価値はあるとしても入試には必ずしも必要でないものをずいぶんとやったように思う。片方で、私立6年制受験校の出身の人を見ると、大学受験に出るもの⇒価値がある、大学入試に出ないもの⇒価値がない という観念が頭にこびりついて死ぬまで離れな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more