消費税増税にともなう「キャッシュレス優遇なぜ?」か、朝日新聞記者はほんとに知らないの?

[第473回]
  最初に消費税が導入される際、賛成か反対かには3種類の意見があった。賛成・反対、もうひとつは、「3%程度の消費税なら賛成だがあまり高い消費税はいけない」というものだった・・・が、その3%で導入された消費税が、5%になり、8%になり、そして、この2019年10月より、「キャッシュレス優遇」というわかりにくいものが付帯した上で10%になった。

《消費税の基礎知識 平成と共に歩んだ消費税の歴史、そして令和へ》https://www.keigenzeiritsu.info/article/18322 によると、
1989年4月 消費税3%導入。竹下内閣。
1997年4月 消費税5%に。 橋本竜太郎内閣。
2014年4月 8%に。 電車・バスではスイカなどのカードを使用した方がいくらか安くなる。 安倍晋三内閣。
2019年10月 10%に。 プリペイドカードを使用するとキャッシュバックがあるという制度になる。 安倍晋三内閣。
   但し、私の記憶では、5%に上がったのは1996年10月からだったように記憶しているのだが、違ったか。この1996年、消費税が上がるということで、戸建住宅建築業界においては、ともかく、消費税が上がるまでに契約してもらわないと、それまでは神風が吹いたような景気の良さだが、消費税が上がった後は、その逆になるのは眼に見えているということで、上がるまでに契約してもらわわないとと、陸上競技のラストスパートみたいな状態、必死のパッチ・・で、1996年8月頃は営業は働いていた・・というまさにその時、テレビのワイドショーやら、スポーツ新聞やら週刊誌に出まくったのが、(株)一条工務店https://www.ichijo.co.jp/ のその時の社長の大隅賢二郎のドバカ息子で仕事はしていないが損害保険の関連会社の(株)日信の社長になっていたらしい大隅隆史。「危険な20代」とかいうタイトルで出まくった。浜松市に在住していた同棲していたこともある女性を刃物で100か所以上刺して刺殺。懲役20年の実刑判決を受けたが、20年て短いのお、20年経っても殺された人間は生き返るわけでもないのに・・と思うが、どうも、殺人罪の場合、1人殺した場合は懲役20年というのが「相場」らしいが、殺された側としてはたまったものではない。この会社は、少しでも契約状況の悪い営業には、「赤字社員だ」とか言いまくって苛めまくるくせして・・・、どこの誰が一番の赤字社員なんじゃ~い?!? 社長のドバカ息子だろうが!!! 違うんか~い!?! 今、契約取らなきゃ、消費税が上がった後で契約取ろうと思っても簡単じゃない、今、働かずにいつ働くんだ・・・てとこで、必死のパッチで従業員が働いているまさにその時、何してくれるんじゃ~い!! このくそドバカ息子!!  ・・・ということがあったから、よく覚えているのだが、1996年10月からだったはずなのだが・・・、今、インターネットで検索すると、1997年4月からと出ているのだが、そんなはずないがなあ・・・。
  (株)一条工務店https://www.ichijo.co.jp/ の初代社長の大隅賢二郎は中国の文学作品『水滸伝』が好きで、『水滸伝』に出てくる「梁山泊」なる山賊の砦の名前により、「梁山泊の精神」とよく言っており、各住宅展示場の「子供部屋」の本棚には、創価学会系列の出版社である潮(うしお)出版社から発行されていた横山光輝の漫画による『水滸伝』全巻(岩波文庫の『水滸伝』全巻ではない)が置かれていたのだったが、その『水滸伝』の「梁山泊」の2代目首領 晁蓋(ちょうがい)の時の副首領にして、3代目首領 にして「天魁星 第1位」たる「呼保義(こほうぎ) 宋江(そうこう)」というのは、「好漢が喜んでひれ伏す人格者・・・?」という設定なのだが、実際にやっていることというと、《 梁山泊とのつながりを材料に妾の閻婆惜(えんばしゃく)に脅迫されると、かっとなって彼女を殺害。その逃亡中に散々お世話になっておきながら、清風山(せいふうざん)の頭になることや梁山泊入りを「山賊は嫌だ」とばかりに拒み、恩赦によって罪が減じられるとあっさり自首を選ぶ。好漢を仲間に入れるために悪どい策略を使っても罪の意識をそれほどは見せず、晁蓋(ちょうがい)の死後、梁山泊の首領になると他の好漢の不満を押し切って朝廷への帰順を決定。この結果、梁山泊は朝廷の駒としていいように使われ、遼、田虎(でんこ)、王慶(おうけい)、方臘(ほうろう)を征伐することになる。 こんな人物が首領でいいの? と思わなくもないが、・・・》(超音速 編著『水滸伝の108人がよくわかる本』2009.4.20.ぶんか社文庫)というもので、なんと申しましょうか、「刃物で女を殺し、官憲に追われ、逃げる」という(株)一条工務店初代社長の息子にして関連会社の(株)日信の社長になっていたらしい大隅隆史のやったことというのは、まさに「梁山泊の精神」、まさに梁山泊の首領「呼保義 宋江(こほうぎ そうこう)」そのまんま! まったくつくづく、よくやってくれるよなあ、ひとが必死のパッチで働いているまさにその時に!!!

  1989年(平成1年)4月、竹下登が、わざとらしく、買い物をしてみせて、「こうなるんだ♪」とか言ってみせたのがテレビで放映されていたのが昨日のような気がするが、それから30年以上経ったわけだ。8%にアップして、電車の改札がカードで出入りする方が普通みたいになり、バスに乗車するにも硬貨で払うといくらか高くなるという「制度」になってしまったのは、ついこの前のような気がするのだが、それから5年以上経ったようだ。
  ↑の最初の3%導入と5%に増額は、単に税制の変化の問題だった。しかし、後の2つには、単に税制だけの問題ではなく、それ以外のものも、さりげなく付け加えられている。
  気になりませんでしたか?  2014年4月、こじつけみたいに、電車・バスに乗る際の運賃が、カードで乗車するのと現金で乗車するので微妙に金額が違うということに。なぜ、そうされたのか、その本質は何かという点に。 私は気づきましたよ。ははあ~ん・・・と。 要するに、電車・バスに乗る際の運賃が微妙に違えば、多くの人間は安い方で乗りますでしょ。ということは、電車・バスに乗るたびに、それが記録されるのです。誰がどこからどこまで、何日の何時何分に乗車した・・というのが。
  今、クルマで走ると、高速道路の出入口にはカメラがついていますよね。運転席の位置を確認して、どこから入ったかを示す紙を出す高さを調べるためにあると思っていた人もいたようですが、1996年8月、(株)一条工務店の初代社長の大隅賢二郎のドバカ息子で損害保険を扱う関連会社の(株)日信の社長になっていたらしい大隅隆史(男。当時、20代)が、東京からクルマで高速道路を浜松まで往復して、同棲していたこともある浜松市在住の女性を刃物で百か所以上刺して刺殺して、高速道路で東京にとんぼ帰り、豊臣秀吉の「中国大返し」みたいに、まさか、そんな急に帰らんだろう・・・なんて人は思うと考えたのかどうか、東京に住んでいる人間が浜松の女性を刺殺した・・というのはわからんだろうと考えて、最初はすっとぼけたらしいが、高速道路のカメラにばっちり写っていた・・ということで逮捕、懲役20年の刑に処せられた・・・。
  この1996年8月というのは、9月までに契約を取らないと、10月になったら契約はなかなか上がらないというのは眼に見えている!!! というまさにその時、社長の息子が何してくれるんじゃ~い!!!!!!!!!  これをきっかけに、大隅賢二郎は社長を形式上退き、「竹馬の友」だという山本庄一を社長にならせる、いわば、「梁山泊」における2代目首領の「托塔天王(たくとうてんのう) 晁蓋(ちょうがい)」のごとき影武者として立てるということをやったのだが、さらにその後、よそから呼んできた男を影武者の2人目・3人目として社長にならせるなんてこともやったようだが、それは、『水滸伝』における「よそから呼んできた 玉麒麟(ぎょくきりん) 盧俊義(ろしゅんぎ)」
  ともかく、そのドバカ息子は、東京から浜松まで自家用車で高速道路をぶっとばして、まさに豊臣秀吉の「中国大返し」のごとく東京まで帰ってきて、すっとぼけてそれで通ると思いきや、そうはイカの金玉!  高速道路の出入口にあるカメラみたいのは、あれは出入りの際のカードを出す機械の出し口を、どの高さから出すか判断するために運転席の高さを見ているだけと思いきや、そうではなかった。ばっちり写真に撮られていたらしい。御用だ、御用だ!!!!  従業員をこき使いやがってからに、おのれら一族だけ懐を肥やして、浜松市に300億円もくれてやるカネがあるなら従業員・元従業員にもっと給料払ってよさそうなものなのにそれは絶対に出してたまるか、従業員は生かさぬよう殺さぬよう・・というのか、従業員は生かさぬよう生かさぬよう・・という姿勢の会社の「オーナー」一族は御用だ、御用だ!!!!

  高速道路の出入り口だけではない。一般道路でもあっちやらこっちやらに「Nシステム」なんてのがある。クルマで移動する際には、そのナンバーのクルマがどこをどう通ってどこへ行ったか、もはや、国民は監視されまくっているということだ。「Nシステム」だけではない。防犯カメラというのは、これは、犯罪防止に役立ち、犯人検挙に役立つというメリットもあるかもしれないが、同時に、国民はそれで常に監視されているということでもあるのだ。それらにより、自動車で移動する場合だけでなく、徒歩で移動しても、ありとあらゆる所で国民は監視されてしまっているのだ。

  ついでに言うと、大阪府吹田市で警官を刺してつかまった男性。最初、交番に3人いた警官を、家が荒らされていたようで2人来てほしいと言って1人だけを残してその1人を襲った・・・というあたり、いいか悪いかということなら、警官とはいえ人を刺しているのだから、いいということはないのだけれども、そのあたりのやり口は巧妙で計画的・・・と思えたのだけれども、刺した後、とりあえず、服を買うなら血のついた服はどこかに隠した上で買うとかできないものか、さらに、吹田市からその北の箕面市にかけては同じ「圏内」であり、逃げるのならさっさと電車・バスで異なる「圏外」に行くべき所を同じ圏内の箕面市に移動、さらに、箕面市の山に入るのに、わざわざ、ホームセンターで虫除けを買うというのは馬鹿げている。ゴルゴさんなら、まず、そんなことはしない。むしろ、山に入るのなら虫除けは買わない、虫除けを買う場合は逆に市街地に潜むか別方向に移動するかだろう・・・なんてことをここに書くと、それを犯罪に生かすような人が出てきても困るのだけれども、なんだか、警官を襲うまでの沈着冷静な判断とその後のでたらめな行動とは別人格のような印象を受ける。・・頼むから、ここに俺が入れた内容を犯罪に生かすなんてことはせんといてや。お願いやで。それで逮捕されて有罪になっても俺は責任とらんからな。ええなあ・・・と思うが、この犯人にしてもコンビニのカメラに写っていたそうだし、モンスターのごときゴルゴさんでもなければそう簡単ではないと思われるくらいに、あっちやらこっちやらに監視カメラがついている。
  この犯人の男性は、最初、駅から電車に乗ろうとしたが、その際、先に警察に公衆電話から電話をする際に「交通系カード」で駅に入場して駅構内の公衆電話でかけた後に乗車せずに出たことから、今度、乗車するために入ろうとしては入れなかったという話も出ていたが、犯罪を犯した人間が逃走するのに電車に乗るのなら、何時何分にどこからどこまで乗ったという記録が残る「交通系カード」で乗車するのではなく切符を買って乗るというくらいの知恵は働いてよさそうなものだが、実在する友人の住所を言って交番にいる3人の警察官のうちの2人をそちらに行かせて残った1人を襲ったというあたりの工夫は、いいか悪いかというといいとは言えないとしても、計画的で巧妙に工夫がされたものという印象を受けるものの、逃走するのに記録の残る「交通系カード」を利用しようとしたというあたりは理解に苦しむ。前半と後半で別人格のような印象を受ける。

  それで、だ。結論を言うと、電車・バスに乗る際、現金で乗るよりもスイカとか「交通系カード」で支払うようにした方が安いというようにした、ということは、国民が電車・バスに乗る際に、匿名性のものである現金で乗るのではなく、誰がどの交通機関にどこからどこまで乗ったか、いちいち記録されることになる「交通系カード」による乗車を促進するためのものだった、ということだろう。
  2014年4月からそれが導入されたが、そのすぐ後、フリーダムアーキテクツデザイン(株)https://www.freedom.co.jp/ にて、移動する際、電車・バスに乗るのに、会社から交通費は支給されるわけだから、いちいち監視されて記録されることになる「交通系カード」による乗車ではなく現金による乗車をした方がいいのではないか、と考えたのだが、アフター課のY本大輔(男。当時、20代前半)が「カードで乗った方が安くていいでしょ」と簡単に言うので、この男は、「交通系カード」で乗車した方がわずかに安くなるという理由、この程度のことも分かってないのか?・・・と思ったものだった。
  消費税の税率も5%とか10%なら計算もしやすくきりがいいけれども、3%とか8%なら端数が出るので、それで、「交通系カード」ならば端数の金額で払えるが現金ならそれよりわずかに高い金額を払わないといけないということにされた・・・というのは、それは単に端数の計算が大変だから・・ということだなんて、まさか思ってないでしょうね。3%で消費税が導入される時にはそんなものはなかったでしょ。消費税が5%から8%に上げられるのと抱き合わせにして「交通系カード」での乗車よりも現金での乗車の方がわずかに高いということにしたのは、それは、消費税を口実にして「交通系カード」の使用を国民にさせて、誰が何日に何に乗ってどこからどこに行った・・というのを、逐一記録させて国民を監視するため! ・・ということでしょ。そのくらいわかりますよね。いわば、「電車・バスのNシステム」てことでしょ。そのくらい、わからんならアホだと思いますよ。

  マイナンバー制度とともに、「電車・バスのNシステム」が実施された・・ということでしょうね。

  そして、今回、10%に消費税が引き上げられる際に、今度は電車・バスではなく、一般の買い物について、プリペイドカードを使用して買えば、キャッシュバックされる・・・なんて「制度」。これで、今度は、一般の買い物についても、誰がいつどこでどういうものを買った、というのが逐一記録されるということである。
  いちいち記録されてしまう・・ということはあるが、同時に、もしも、何らかの犯罪の犯人と疑われるようなことがあった場合には、このプリペイドカードの利用記録や交通系カードでの乗車記録からアリバイを主張するということができる可能性もありうるかもしれない。

  さて、2019年10月19日の「朝日新聞」に「経済気象台」「キャッシュレス優遇なぜ?」として、↓の記事が出ていた。
DSC07177.JPG
《 今回は、増税のマイナスを打ち消す対策として、飲食品などの軽減税率や、キャッシュレス決済へのポイント還元も施した。》
《 しかし、キャッシュレス決済への優遇策には首をかしげざるを得ない。 増税による歳入の増加分を削ってまで、なぜ優遇するのか。国会で十分に議論されていないし、政府は狙いを明確に示していない。》
《しかし、交通系電子マネーや流通系電子マネー、さらにはクレジットカードも対象にしてした。税収増を削ってまで何を実現したいのか、全く不明である。 (龍) 》

  「税収増を削ってまで何を実現したいのか、全く不明である」なんて、「朝日新聞」の記者は書いているが、不明かなあ~あ・・・。わかるのじゃないですか。
  8%に上げた時に、端数を口実にして、「交通系カード」の利用を促進し、改札口も「交通系カード」でしか出入りできない出入り口の割合を増やしたのは、現金で乗るよりも「交通系カード」で乗った方がわずかでも安く、現金で切符を買っての乗り降りを不便にすることで、もはや、「交通系カード」を利用せざるをえないようにすることで、誰がいつどこからどこまで乗ったというのを記録されることが目的だったのでしょ。いわば、電車・バスの「Nシステム」ですよ。
  そして、今度、10%に上げる際に、「キャッシュレス優遇」ということで、交通手段以外の買い物においても「Nシステム」が導入された・・ということでしょ。普通に考えればそういうことだと思いますよ。「朝日新聞」の記者は、何をカマトト言うとるのじゃろうねえ。
そう、思いませんか???

  (2019.10.19、)

(おまけ) 新聞の株式欄というのは何新聞でも同じかと思っていたのですが、今回、「日本経済新聞」と「朝日新聞」の株式欄を見比べてみたところ、もちろん、高値・安値の金額は同じですが、分類のしかたとか、微妙に違うのに気づきました。
たとえば、アートネイチャーとか、ゴム製品のオカモトなんてのは、「日本経済新聞」では「その他製造」に分類されていますが、「朝日新聞」では「精密・諸工業」に分類されています。 (2019.10.22.)

☆ これまで、 Windows7 のパソコンを使用してきたのですが、パソコンが故障し、修理受付期間を超えているということでWindows10
の新しいパソコンに買い換えたところ、黙って「e」をクリックすると、Windows10 のために開発されたブラウザだというMicrosoft Edge でインタネットの画面が開くようになっていました。ところが、それ以来、この私自身のブログの記事を見ると、せっかく入れたものが部分部分がとぎれたり消えたりしています。入れ方が悪いのか、字数が多いのかといろいろと手を加えてみましたが、改善できません。そこで、ふと気づき、Google Clone で見たところ、健全に見ることができました。又、Windows10 のパソコンでもInternet Explorer は入っており、Internet Explorer を使用することも可能で、Internet Explorer で見たところ、これまでと同じく問題なく見ることができました。入力のしかたの問題ではなく、理由はよくわかりませんが、Microsoft Edge で見ると健全に見ることができないようでした。私のブログを見てくださっている方で、Microsoft Edge を使用して見たところ、記事が部分部分がとぎれて見ることができないという方がありましたら、Iternet Explorer かGoogle Clone かで改めて開いて見ていただければと思います。 (2019.10.26.) 

プライバシーと高度情報化社会 (岩波新書)
プライバシーと高度情報化社会 (岩波新書)
現代のプライバシー (1980年) (岩波新書)
現代のプライバシー (1980年) (岩波新書)
国民総背番号体制 (1973年) (三一新書)
国民総背番号体制 (1973年) (三一新書)
水滸伝の108人がよくわかる本 (ぶんか社文庫 ち 2-1)
水滸伝の108人がよくわかる本 (ぶんか社文庫 ち 2-1)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック