あけおめ【5/6】東京スカイツリー展望回廊より見た景観。細く見えてもけっこう太い骨組。変な線名駅名

[第427回] あけおめ【5/6】
   東京スカイツリーhttp://www.tokyo-skytree.jp/ は、350mの「展望デッキ」と450mの「展望回廊」があり(フロアガイドhttp://www.tokyo-skytree.jp/floor/ )、「展望デッキ」から「展望回廊」へ行くのは別料金。 地上から「展望デッキ」まで行くのに、すでに2060円払って入場しているわけですから、「2060円ポッキリ」だと思い込んでいたら、なんや、まだ、別料金で1030円も取るんかい。なんや、ぼりよるのお~お・・・て感じ。ほんま、まったく、高いわ・・・てつくづく思う。 で、その「展望デッキ」から「展望回廊」へ上がるエレベーターではエレベーターの上を見ることができる。↓
画像


   350mの「展望デッキ」からよりも450mの「展望回廊」からはずっと遠くまでよく見えるか・・なんて思って別料金払って登っても、すでに350mでも相当「高い」のであり、あと100m高くなったからといって急激に状況が変わるものでもないようだ。 東京タワーは、「メインデッキ(大展望台)」150m、「トップデッキ(特別展望台)」250mで(東京タワー https://tdt.tokyotower.co.jp/index.html)、やっぱり、トップデッキは高いなと思ったし、メインデッキからの眺望とトップデッキからの眺望は違うと思ったのだが、東京スカイツリーの場合は、「展望デッキ」でも350mで東京タワーの「トップデッキ」よりも高く、そこからさらに100mを加えても、それほど大きくは変わらないような印象だった。 何年か前、東京タワーの「トップデッキ(特別展望台)」に上がった時は、入場する人数に制限はあったと思ったが、個別に上がることができたが、今、東京タワーのHPを見ると、トップデッキ(特別展望台)に行くには「トップデッキツアー」というのを申し込んでその「ツアー」で行くしかないようだ。
   東京スカイツリーができたことで、東京タワーの入場者が減るか・・とも思ったが、そうでもないのか。 東京タワーの足元の「フットタウン」の3階に、かつて、世にも怖ろしい「浪人行(ろうにんぎょう)の館」というのがあったのだが、残念ながら、なくなってしまった。 「大学への数学」(東京出版)という月刊誌があって、その巻末に読者投稿欄があり、大学の合格発表を見て、自分の受験番号がなく、浪人が決まり、さて、向こう1年、浪人生活を送ることになったが、その前に、どこか1か所、東京で「名所」みたいな所にでも行ってみるか・・と思って東京タワーに行き、大展望台から特別展望台へ昇り、「アホと煙は高いところにのぼる」と言うから、大学の入試みたいなもんに落ちるようなアホには似合いだわなあ・・と自虐的なこと思って、帰りのエレベーターに乗ってフットタウンの3階まで降りて、ふと右を見ると、そこに、世にも怖ろしい「浪人行(ロウニンギョウ)の館(やかた)」というのがあった・・・が、よく見ると、「浪人行」ではなく「蝋人形」だった・・・ああ、よかった・・という話が出ていた。 実は私も、発表の後、東京タワーに行ってみたことがあったのだが、ところが、その時は、比較的時刻が遅かったようで、大展望台には上がれても特別展望台には上がることができず、かつ、蝋人形の館はすでにしまっていた。 それから何十年か経った後の2011年、東京タワーに行き、念願の「ロウニンギョウの館」にも入館して見学したのだが、残念ながら、その後、ロウニンギョウの館は閉館してしまったようだ。

   展望回廊の窓は↓な感じ・・・
画像


   展望回廊から富士山は「×」と展望デッキから展望回廊に上がるチケット売り場の脇に掲示されていたのだが、それでも、もしかするともしかして・・・なんて思って見たが、最初に掲載した写真のように、富士山は見えんわ。↓
画像

  ともかくも、天気予報で降水確率が低くて、「晴れ」の予報の日に行ったのだが、見えんわ。こっちかなあ、こっちかなあと思って見たけれども、↓
画像

画像

↑  ・・・、富士山は見えんわ。 千葉県の鋸山の山頂、東京タワーの展望台の窓の脇には、それぞれの方向に何があるという簡略図があったような気がするのだが、東京スカイツリーの展望デッキと展望回廊にはそれはない。 設置すると長居されるからと思って設置しないのだろうか?
   せっかく行ったことだからと思って、展望デッキの喫茶店で普段あまり食べないようにしているケーキを食ってきたが、高い所で食べても地べたで食べてもケーキはケーキだった。
   しかし、こうやって見ると、東京というのは本当に高層ビルが多いねえ・・・・。

    350mの「展望デッキ」でも、東京タワーの「特別展望台」の250mよりも高いわけで、それよりまだ高い350mの高さまで登っても見え方は350mの「展望デッキ」とたいして変わらん・・・ような気がしたのだが、撮影してきた写真を、今、見比べてみると、やっぱり、「展望回廊」の方が「より高い感」「より上から見た感」というのはある。↓
画像

↑ 「展望回廊」から見た、関谷・牛田付近。 向こう側の川が「荒川放水路」(俗に言う「荒川」)。 手前の曲がっている川が、隅田川。 隅田川の曲がった向こうのあたりが、京成本線「関屋」・東武「牛田」駅付近。 その向こう、荒川を渡る橋が2つ並んでいるのは、手前が東武、向こう側がJR常磐線・東京メトロ千代田線の鉄橋。 鉄道の鉄橋の手前側が北千住。 東武の鉄道で荒川を渡ってすぐ右側あたり、背のあまり高くない建物がいくつも見えるのが、小菅の東京拘置所なのかな・・・。  この写真など見ると、たしかに、「展望デッキ」からの写真よりも「より高い所から見ている感」はあるし、「より遠くまで見えてそう感」もある。
   「フニクリ フニクラ」というイタリアの歌で、ヴェスヴィオ火山に登れば、プロチダ島からスペインまで見える・・なんて文句があったが、プロチダ島くらいなら見えそうな感じがするが、さすがに、スペインまで見える・・というのは、おそらく、イタリア的ジョークだろう・・・と思う。
※ 《YouTube-Luciano Pavarotti(ルチアーノ=パバロッティ) - Funiculì Funiculà(フニクリ フニクラ)》https://www.youtube.com/watch?v=yTSAZAHiOa8
   東武鉄道の浅草から北千住を通って東京拘置所の小菅、下山事件の五反野を通り、西新井大師に行く大師線が分岐する西新井、踏切事故があった竹ノ塚、『クレヨンしんちゃん』と大塚家具でおなじみの春日部を経て東武動物公園までの部分を、最近、「スカイツリーライン」などと言うようになったらしい。 かつては、「伊勢崎線」だった。 関西人として、東武というと、私なんかが子供の頃は、関西のテレビでは「はし~る、はし~る、東武♪ 行こうよ、日光・鬼怒川へ~え。ノンストップで突っ走れ♪」というコマーシャルが流れていて、東武「浅草」から日光への「けごん」号と鬼怒川温泉への「きぬ」号という特急料金がいる特急のイメージが強かった。だから、日光線と伊勢崎線だと日光線の方が主幹線で伊勢崎線はそれに次ぐ副かと思ったら、路線図を見ると、東武動物公園から分岐するより南側・東京側は「伊勢崎線」になっていたので、浅草から日光・鬼怒川方面に行く路線と伊勢崎・桐生方面に行く路線だと伊勢崎・鬼怒川方面に行く路線の方が東武としては主幹線ということなんだな・・と思ったが、浅草・業平橋・曳舟・北千住・五反野・西新井・竹ノ塚といったあたりで、「伊勢崎線」と言われても、なんだかピンとこないようなところはあったと思うが、だからと言って「スカイツリーライン」なんて言われると、余計にピントこない。 それ以上に「わけわかんないよ」てのが「アーバンパークライン」て舌噛みそうな名前、そりぁいったいなんやねん? というと、「野田線」のことやがな、野田線。 どこが「アーバン」なのかさっぱりわからんし、「パーク」てどこの公園のことを言っているのかもよくわからん。 むしろ、野田線に愛称をつけるのならば、「しょうゆ野田線」の方がイメージがわく。あの「野田」駅に電車が停まってドアが開くと同時にぷう~んと匂ってくる醤油の匂い。 ああ、これが野田線なんだあ~あ♪ て感じ・・・がするのだが、「しょうゆ野田線」だとよくわかるのだが、「アーバンパークライン」てなんだかわけわからん。 「高輪ゲッターロボ」なんてもっとわけわからんけどな・・・・。

   「展望回廊」から見たアサヒビール屋上の「う〇こみたいの」も、「展望デッキ」から見たものよりも「より真上から見ている感」がある・・・かな・・。↓
画像

「展望デッキ」から見た写真は↓
画像

・・・しかし、両方見比べても、やっぱり、「どこから見ても、う〇こ みたい」だな(笑)

    「展望デッキ」には真下を見ることができるスペースがある。↓
画像

↑ 遠くから見ると細い骨組みのように見えるが、近くから見るとけっこう太い。

   (2019.1.1.)

  次回、スカイツリー避雷装置。業平橋と大横川親水公園。在原業平からの由来 https://tetsukenrumba.at.webry.info/201901/article_6.html

☆ 2019年 あけおめ
1.東京駅の猪と見えなかった富士山。元号を「和暦」と言うな!裁判官は元号を強制するな! https://tetsukenrumba.at.webry.info/201901/article_1.html
2.錦糸町~押上から見た東京スカイツリー。衣の下に鎧を隠す建築たる交番と「精神病院」 https://tetsukenrumba.at.webry.info/201901/article_2.html
3.貧乏人には東京スカイツリーは「高い」。展望デッキから見たAビール屋上の「う〇こ」 https://tetsukenrumba.at.webry.info/201901/article_3.html
4.東京スカイツリー展望デッキから見た景観。展望デッキの木質内装建材 https://tetsukenrumba.at.webry.info/201901/article_4.html
5.東京スカイツリー展望回廊より見た景観。細く見えてもけっこう太い骨組。変な線名駅名 〔今回〕
6.スカイツリー避雷装置。業平橋と大横川親水公園。在原業平からの由来 https://tetsukenrumba.at.webry.info/201901/article_6.html 


東京スカイツリー(R)の科学 (サイエンス・アイ新書)
SBクリエイティブ
平塚 桂

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



スカイツリー 東京下町散歩 (朝日新書)
朝日新聞出版
三浦 展

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック