あけおめ【3/6】貧乏人には東京スカイツリーは「高い」。展望デッキから見たAビール屋上の「う〇こ」

[第425回] あけおめ【3/6】
   東京スカイツリーhttp://www.tokyo-skytree.jp/ が東京タワーと違うところというと、なんといっても、「高い!」 ・・・で、念のため、お断りしておきますと、この場合の「高い」というのは地上からの高さのことではなく、入場料金が「高い!」   値段を聞くと、東京都庁舎にしておけばよかったかな・・・なんて思う。あそこは、何と言っても、た~だやからな。  昔から、悪いやつに苛められた時、誰か、助けてえ~え! なんて思っても、やっぱり、世の中、カネやカネ! ・・・なんてところがあり、ないカネを無理して出して弁護士なんて頼んでも、弁護士なんてのは、言ってみれば、火事場泥棒みたいなもんですからね。着手金泥棒! そもそも、「弁護士は忙しいですから」とか言うアホが多い思いますが、それなら依頼者は暇人だとでも言いたいのか? そもそも、法廷に遅刻してくる弁護士というのは、いったい何に忙しいのか?  ・・・で、そういう際ですが、水木しげる『ゲゲゲの鬼太郎』では、「お願いするにも、私たちにはお金がありませんから」と言う人たちに、猫娘が「鬼太郎さんならタダよ♪」と言い、ねずみ男だったかが「なにしろ、鬼太郎は、タ~ダやからなあ」と言う場面がありました。内田康夫の「浅見光彦シリーズ」に登場する浅見光彦もこれもまた、タ~ダ♪ ええやっちゃなあ、頼りになるし・・・とも思うが、浅見光彦の場合、10代から40代くらいの女性から「浅見さ~ん、たすけてえ~え!」と言われると、とるものとりあえず、ソアラを飛ばしてかけつけるが、男から「おい、浅見い、助けてくれえ。俺、殺人犯と疑われてるみたいなんだ。なんとか助けてくれえ」と言われると、「まあ、警察に泊まってみるのもいい人生経験だよ」とか言って冷たい。この男、女に対する態度と男に対する態度と態度が全然違うじゃねえかよお!!!・・・て感じ。 で、東京スカイツリーですが、弁護士みたいな着手金泥棒ならお断りですが、東京都庁舎やゲゲゲの鬼太郎や浅見光彦のようなタダ! とまで行かなくても、せめて、東京タワー並みかそれよりちょっと高い程度ならいいと思うのです。実際、「東京タワーよりは高い」くらいの値段かと思って行ったのですが、無茶苦茶高いんだわ、これが。ほんと。しかも、350mの「展望デッキ」まででもけっこう「高い」のに、それより上の「展望回廊」に行くにはこれがまた別料金なんだわ! まったく、ぼりよるで、ほんま。
※ 東京スカイツリー(押上)料金 http://tokyo-skytree.jp/reservation/2_pricelist.html 2060円+1030円=3090円
東京タワー(御成門、神谷町、赤羽橋)料金https://www.tokyotower.co.jp/price/index.html 2800円
サンシャイン60(池袋)展望室料金 http://www.skycircus.jp/about/ 1200円
横浜ランドマークタワー(みなとみらい)展望フロア料金 https://www.yokohama-landmark.jp/skygarden/ 1000円
世界貿易センタービル(浜松町)料金 https://www.wtcbldg.co.jp/wtcb/facility/seaside/#anchor03 620円
東京都庁舎展望室 http://www.yokoso.metro.tokyo.jp/tenbou/index.html なんちゅうても、タダ♪!♪
・・・やっぱり、東京スカイツリーは高いわ! ほんま。
ちなみに、通天閣(大阪市)(動物園前・新今宮・恵美須町)料金https://www.tsutenkaku.co.jp/annai/index.htmlは、700円。
( )内は、最寄駅。
   ひとりで行ったならまだしも、5人家族とかで家族全員で行ったとすると、東京スカイツリーだと、3090円×5=15450円 、単に「高いところ、昇る」だけで、1万5千円以上もかかるとすると、やっぱり、「アホと煙は高いとこ昇る」というのは、その通りやったんかもしれん・・・て気になりそう・・・。 やっぱり、ゲゲゲの鬼太郎と浅見光彦と東京都庁舎展望室は、なんちゅうても、タダ! いうのがええわなあ、ほんま。

   さて、東京スカイツリーは、350mの「展望デッキ」に上がるのに2060円、これはその上の「展望回廊」まで上がる料金まで含めた「ポッキリ」ではないのだ。 そこからさらに上の「展望回廊」に上がるには別料金で1030円、払わないと「展望回廊」に上がるエレベーターに乗せてもらえないのだ。まさに、「ぼりよる」のお、ほんま。
   こうなると、「展望デッキ」まで上がればそのさらに上の「展望回廊」までは行かなくてもいいかな・・・なんて思う人も出てくるのではないかな。 もしくは、一番上の450mの「展望回廊」まで別料金を払ってエレベーターで上がれば富士山が見えるだろう・・・と思って、すでにそこまででも十分に「高い」2060円を払って「展望デッキ」まで来たのにさらに1030円の別料金を払って「展望回廊」まで登ったのに、ところが、富士山、見えへんやんけ!  詐欺ちゃうんか。 見える見える詐欺と違うんかい・・・なんて思う人もあるのではないか・・・ということで、「展望デッキ」から上の「展望回廊」に上がるチケット売り場の脇に、
「 どこそこ 〇
  あっち  〇
  こっち  〇
  横浜   △
  富士山  × 」
なんて書いたボードが掲示されていた、ということなのだろう。 「見えへんのにからに、カネ取りおってからに、こんちくしょう」と思う人が出てもおかしくないので、言われる前に、1030円の別料金を払っても富士山は見えませんよお~お、あらかじめ、見えませんと言ってあるに、了解した上で登って文句言っても責任とれませんよお~お・・という意味なのだろう。
   東京タワーだって、一番高い「トップデッキ」まで行かなくても中ほどの「メインデッキ」でも十分に高いが、東京スカイツリーもまた、一番高い「展望回廊」まで別料金払って行かなくても、中ほどの「展望デッキ」でも十分に高いし、十分に「高い」。

   で、とりあえず、確認しておきたいと思ったのは、浅草の東のあたり、隅田川の東、首都高速道路から見えるビルの屋上にある「う〇こ みたいなやつ」は、ほぼ真上から見るとどう見えるか?
画像

↑  右から左(北から南)に流れる川は、隅田川。 手前から向こうに隅田川を渡る鉄道は、東武鉄道。 隅田川の手前(東)を左右(南北)に走る高架の道路は、首都高速道路6号向島線。 この首都高速6号向島線を走ると、いつも、東側のビルの屋上に「う〇こみたいの」が見えるわけだ。
  東武鉄道が隅田川を渡って左にぐいっと曲がったあたりが東武「浅草」駅、松屋があるところ。 その向こうあたりに見えるお寺が、浅草寺。 東武の鉄道橋よりも上流の橋は、言問橋。 東武の鉄道橋より下流側の橋が、吾妻橋。 さらに下流側の橋が、駒形橋。  隅田川の向こう側(西側)、東武の鉄道橋より右(北)の隅田川沿いに樹木が見えるあたりが、区立隅田公園。 浅草寺よりさらに向うに広がって見えるのは、上野公園だと思う。クリックして大きくして見て、その右(北)のあたりに見えるのは東京国立博物館。 上野公園の西のあたりに、屋上に「〇|〇|」と看板が出ている建物は、上野駅の南にある丸井だろう。
   で、おめあての「う〇こみたいなやつ」だが、東武の鉄道橋の左(南)のあたりに、高層ビルが2つ見えるのだが、その間のあたりのビルの屋上に、ひときわ目立つ「う〇こ色」のオブジェがある。 これなんだよ♪ カメラの望遠機能を使って撮影すると、↓
画像

画像

↑  色といい、形といい、まさに、「う〇こ」そのもの!♪!♪ でしょ。

   伊吹山の神と比良山だったか鈴鹿山だったかの神が戦って負けた方が首を切られて琵琶湖にポトンと落ちたのが竹生島 とかいう話があるじゃないですか。 イタリアには「コロッセオが滅ぶ時ローマも滅び、その時、世界も滅ぶ」とか、サンタマリア=イン=コスメディン教会の前の「真実の口」に腕をつっこむと、嘘つきは腕を引きちぎられるとかいう話とか、「ナポリのカステル=デツローヴォ(卵城)の基礎の下にはタマゴが埋まっており、その卵が割れるとカステルデツローヴォも倒壊しナポリの街も滅びる」とかいう話とか、実際はそうではないと思うがなかなかよくできた面白いお話があるが、日本でも、島根県の島根半島というのは、ここは土地が狭いので、ちょっと広くしてやろうと思って、山の上に登って、鍵の手がついた縄を朝鮮半島の方に投げて、新羅の土地をよっこいしょとひっかけて引っ張ってきてくっつけたのが島根半島だとか、そして、竹生島のお話もありますでしょ。そんな感じで、両国の巨漢力士と蔵前の巨漢力士が力比べをして、それで負けた方が、負けた拍子に思わず、尻からひりだしてしまったのが、それが、このAビール屋上にある巨大なう〇こである・・・・て、『日本むかしばなし』とかにありそうな・・・・

   ・・・で、首都高速道路をクルマで走っていて見ても、浅草駅の方から隅田川と首都高速道路の向こうに見ても、どう見ても「う〇こ」、どう考えても「う〇こ」、絶対に「う〇こ」・・・に見える・・・のだが、まさか、ビルの上に「う〇こ」を作るビルオーナーもないだろう・・・と思って、いったい、どこのビルなんだと近づいて確認すると、アサヒビールのビルで、入口脇に説明書きがあり、↑の「う〇こみたいの」は、実は「う〇こ」ではなく、「ビールの泡」のつもりだそうだ。 なるほど。ビールの会社だから、だから、ビールを飲んで腹を下して便所ででてきた「う〇こ」をビルの屋上に設置して、「ビールを飲む時は、適量を考えて腹を壊さないようにしましょう」と呼びかけているということだったのかあ~あ、なかなか良心的な会社やないかあ~あ・・・・ということではなく、「ビールの泡」のオブジェを屋上に設置していたらしいのだ・・・が、やっぱり、どう見ても、「う〇こ」だよなあ、どう見ても「う〇こ」!!!  実際問題として、「クイズ、百人に訊きました。 隅田川の東のビルの屋上にあるオブジェ。あれは何だと思いましたか?  答えは2つ」・・・とすると、実に99人が「う〇こ」と答え、1人だけが「ビールの泡」と答えました・・・なんてことになりそう・・・て思いませんか(^^)/

画像

↑  東武「浅草」駅と浅草寺付近。 望遠機能を使用の上で撮影。
  手前、右から左(北から南)に流れる川が、隅田川。 鉄橋で隅田川を渡り、左にカーブするのが東武鉄道。 その向こうに見える五重塔などの寺が、浅草寺。 

 (2019.1.1.)

   次回、東京スカイツリー展望デッキから見た景観。展望デッキの木質内装建材 https://tetsukenrumba.at.webry.info/201901/article_4.html

☆ 2019年 あけおめ
1.東京駅の猪と見えなかった富士山。元号を「和暦」と言うな!裁判官は元号を強制するな! https://tetsukenrumba.at.webry.info/201901/article_1.html
2.錦糸町~押上から見た東京スカイツリー。衣の下に鎧を隠す建築たる交番と「精神病院」 https://tetsukenrumba.at.webry.info/201901/article_2.html
3.貧乏人には東京スカイツリーは「高い」。展望デッキから見たAビール屋上の「う〇こ」 〔今回〕
4.東京スカイツリー展望デッキから見た景観。展望デッキの木質内装建材 https://tetsukenrumba.at.webry.info/201901/article_4.html
5.東京スカイツリー展望回廊より見た景観。細く見えてもけっこう太い骨組。変な線名駅名 https://tetsukenrumba.at.webry.info/201901/article_5.html
6.スカイツリー避雷装置。業平橋と大横川親水公園。在原業平からの由来 https://tetsukenrumba.at.webry.info/201901/article_6.html

ゲゲゲの鬼太郎 (1) (ちくま文庫)
筑摩書房
水木 しげる

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



箱庭 (徳間文庫)
徳間書店
2013-02-01
内田 康夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


≪ 瀬川は舌舐めずりをしてから言った。
「あんた、紅葉谷公園の土産物屋さんで、事件のことを訊いて行ったでしょうが」
 呼び名の「あなた」が「あんた」に変わっている。
「ええ訊きましたよ」
「そうか、やっぱりあんただったか・・・・その際、あんたは麻薬のことを言ったそうじゃないですか」
「ああ、そういえば、そんなことを言いましたね」
「認めるわけですな」
「ええ、言ったことは事実ですよ」
「いま、麻薬は持っていますか?」
「えっ? 冗談じゃない」
 浅見は呆れて、思わずポカーンと口を開けた。
「いや、冗談で言っちょるわけではないです。一応、所持品を調べさせてもらいますが、よろしいですな」
「待ってくださいよ。どういう根拠があってそんなことをするのですか。第一、令状もなしに、理不尽じゃありませんか
「緊急やむを得ざる場合には、そのかぎりではありませんからな。とくに現行犯と認められる場合には捜査権を行使できるのです」
「現行犯?・・・・」
 浅見が怒りの形相を作るのを無視しえ、瀬川は部下に顎をしゃくって、浅見のバッグを調べるように命じ、自分も部屋のあちこちを検分し始めた。・・・・ ≫
≪・・・しかし、それから間もなく、刑事が言ったとおり報告がもたらされた。それも、警視正の制服を着用した岩国署長自ら部下を引き連れて、この部屋にやって来て、いきなり「やあやあ、どうも、浅見さん」と、まるで遠来の客を迎えるような挨拶をした。
  にこやかな笑顔といい、大げさな頭の下げ方といい、いまのいままで警察の権威を振りかざしていた刑事の立場も、母親を殺された可哀そうな娘の存在も、まったく無視してしまっている。 ・・・・
「浅見刑事局長の弟さんがこちらに見えておられるとは知りませんでしたなあ。そんならそうと、早くおっしゃっていただかんと、当方としても対応の仕方に困るのですよ」
 言って「ははは」と笑ったが、内心、(人騒がせなやっちゃ――)ぐらいに思っているにちがいない。・・・・≫
≪「浅見さんが刑事局長さんの弟さんとは、まったく驚きましたよ」
 二人きりになると、依田はようやくくだけた口調になった。
「しかし、あの瀬川警部のほうがもっとびっくりしたのとちがいますか。浅見さんに何かまずいこと言ったのではないかいうて、私に確かめておったですよ。だから、麻薬の捜査をやってましたねと言うたら、ギョッとして、あとでよろしゅう言っておいてくれと頼まれました」
 そう言って「ははは」と高笑いした。 ・・・ ≫
( 内田康夫『箱庭』 2013.徳間文庫 ↑) 


さんまいのおふだ (松谷みよ子むかしむかし)
童心社
松谷 みよ子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック