日本福音ルーテル田園調布教会、事故物件田園調布警察署-田園調布と教会【14/14】

[第378回] 日本の教会シリーズ
   田園調布の教会というと、田園調布駅の西側、道路が放射線状になった地域の外縁部にある プロテスタントの日本基督教団 田園調布教会 と カトリック田園調布教会 を思い浮かべますが、田園調布駅の東側にもプロテスタントの教会があるのを見つけました。↓
画像

( ↑ 北側から見たもの。)
↑ 「日本福音ルーテル田園調布教会」と書かれています。
画像

画像

( ↑ 南側から見たもの。)


   「日本福音ルーテル田園調布教会」。 環状8号の西側にあります。 環八側から見ると、道路に沿った「ぺったんこ建築」のように見えたのですが、グーグル地図で見ると、けっこう敷地はあるようで、建物も小さくないようです。
※ 日本福音ルーテル 田園調布教会 http://denenchofu-lutheran.strikingly.com/
宗教法人 日本福音ルーテル教会 http://www.jelc.or.jp/
ウィキペディア―日本福音ルーテル教会 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A6%8F%E9%9F%B3%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%AB%E6%95%99%E4%BC%9A

   日本福音ルーテル田園調布教会のホームページによると、ルーテル教会 とは、≪ 宗教改革者ルターが興したプロテスタント教会です。1517年にマルチン・ルターの宗教改革によりドイツで誕生したルーテル教会は、ドイツだけでなく北欧にも広がり、国民教会となりました。その後、アメリカにも渡り、更にアジア、アフリカ、ラテン・アメリカなどに至り、今日では全世界に広がっています。≫ ということで、ルターの宗教改革により生まれた教会ですから、プロテスタントです。
   《ウィキペディア―日本基督教団》https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9F%BA%E7%9D%A3%E6%95%99%E5%9B%A3 を見ると、戦中、プロテスタントの諸派が合同して日本基督教団ができたが、戦後、日本基督教団を離脱した派と残留した派があり、日本福音ルーテル教会 は離脱したようです。 私は、子供の頃、日本基督教団の教会というものがプロテスタントで、その他に、単立教会として、個人が始めた「教会」があり、それらには、単立であるからこその気概と真摯な態度があるものもあれば、かなり、怪しいものもあると思っていました。だから、日本基督教団の教会なら「このうえもなくすばらしいかどうかはわからないが、そんなに変な教会ではないだろう」というように思っていたのに対し、カトリックでない、日本基督教団でない、という教会は胡散臭い・・・みたいな感覚を持っていたのですが、そういうことでもないようです。
   有名なものとしては、慈善鍋で有名な救世軍てのは、あれもプロテスタントで、戦中は日本基督教団に合同したけれども、戦後は離脱したらしい。 もっとも、自分自身もちびっとしか給料もらってないのに慈善鍋にカネを投げ込んで「聖人」にでもなったような気持になる人というのはどんなものかとも思うし、もしも、生活に困っている人がいるのなら、慈善鍋なんてものをやるよりも、行政に働きかけた方がいいのではないのか、とも思えるわけで、社会科学的に思考すると、あんまりよくないのではないか、なんかちょっと違うんじゃないか、とも思えてきます。
   私の父などは、私が宗教哲学の研究者になる道を進みたいなどと思っても、「宗教はアヘンであるとマルクスは言うてお~る。焼き討ちじゃあ、焼~き討ちじゃあ~あ」「うちは大学院になんか行かすような金持とは違います。甘ったれなさんな」「うちは文学部みたいなもんに行かすような金持とは違います。甘ったれなさんな。とってちってたあ~あ」・・・と言いまくってきたくせして、大阪府箕面市の日本基督教団 箕面教会のS田牧師(男。大阪経済大学卒・東京神学大学卒)が、教会に来ていた私立五流大学を卒業して会社に就職したけれども、うまくいかないので牧師に転職したいという男がいた時に、「東京神学大学(とーしんだい)に行くための学費を教会員で援助しましょう」などと言い出した時には、そのための「特別献金」なんてものを払い、そして、「わしぁ、聖人やね~ん」とか言うておった。 私になら出さないカネを、すでに、私立五流大学を出て会社に勤めたがうまくいかないから牧師に転職したいなどと言い出した他人がいると、「特別献金」なんてものをして、「わしぁ、聖人やねん。おまえとは違うねんぞ、チャンコロとは」と言いまくった。だから、私はその種の「特別献金」なんてものをする人間というのは好きではないのだ。私には「大学でも何でもカネ出す者がどこの大学のどの学部に行くかは決める権利があるんや。親がカネ出す以上は親に決める権利があるんじゃ。もし、行きたい大学の行きたい学部に行ってやりたい勉強をしたいなんぞと思いあがった甘ったれたことをぬかすのならば、新聞配達をやって大学に行きなさい。甘ったれてはならぬぞ、チャンコロ。てってこっこてっててってらったらったらったら♪ てってこっこてっててってらったらったらったらあ~あ! 撃ちてしやまん。一億火の玉。欲しがりません、勝つまでは! どんがんどんがらがった、ちゃちゃちゃちゃちゃあ~ん♪」〔⇒《YouTube-<軍歌>軍艦行進曲(軍艦マーチ) 》https://www.youtube.com/watch?v=mTwUiUCO7l0 〕と言い続けてきたのである。「戸締り用心、火の用心。わしに孝行でえよお。すべてをわしのために捧げ尽く~す。とってちってたあ。マッチ一本火事の元!」とか言うておったのだ。だから、私立五流大学を甘ったれて卒業したけれども、会社に勤めたらうまくいかないから牧師に転職したい・・・などと言い出したヤツ、もし、本当にそこから人生の経路を変更して牧師屋になりたいのなら、それこそ、新聞配達でもやっていけばいいことである。 「甘ったれるな!」と言ってやりたい・・・が、ところが、そういう相手には父は「甘ったれるな!」とは絶対に言わないのだった。 だいたい、私が高校卒業する年に東大を落ちたところ、「高校は義務教育ではないんやから、おまえは高校行くべきではないのに、甘ったれて高校みたいなもん、行きおってからに、このチャンコロ! おまえは高校行く必要ないのに甘ったれて行きおってからに。ましてや、おまえみたいなもん、大学行かんでもええんじゃ、チャンコロ。チャンコロは大学行くな、チャンコロ! このチャンコロめが、チャンコロ。大学行くな、チャンコロ。このチャンコロ、ちゃんころ、チャンコロ、ちゃんころ」と毎日毎日言われ続けたものだが、その基準から考えると、大阪経大みたいなもん、甘ったれて甘ったれて行ったようなヤツが、なんで、とーしんだい(東京神学大学)なんて、私立大学をもうひとつ行くんだ?!? そんなもん、行きたかったら、それこそ、新聞配達やって行けばいいことだ。なんで、そんなやつに「特別献金」なんてくれてやらなきゃならんのだ。ふざけんな!  思い上がるな! 甘ったれるな! ・・・・と思うのだが、「聖人」は私のような「チャンコロ」とは考え方が違うらしかった。 だから、「聖人」も好きではないし、「特別献金」なんてなおさら好きではない。「わしぁ、貧乏やからな」の日陰の月見草としては、「慈善鍋」なんて、「こっちが欲しいわ」!!!

   日本福音ルーテル教会はクルマの通りが多い環八沿いにあるので、環八の側から見ると、「あんまり、田園調布っぽくない」感じですが、日本福音ルーテル教会の西側あたりまでが「ともかく、田園調布」の範囲の限界かと思います。
   これより南、環八に沿って南下して、「田園調布警察署」なんてのが北西の角にある環八と中原街道の交差点付近まで行くと、もはや、そのあたりは、たとえ、住居表示は田園調布でも、《「この漫才で田園調布に家が建つ」というフレーズの田園調布》とは別ですね。田園調布警察署なんてのは最寄駅だって東横線・目黒線の「田園調布」でもなければ「多摩川」でもない。池上線の「雪が谷大塚」ですし。
   1980年代には、「田園調布警察署」という言い方はしなかったと思ったのですが、《ウィキペディア-田園調布警察署》https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E5%9C%92%E8%AA%BF%E5%B8%83%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E7%BD%B2 を見ると、実際、そうだったようで、
≪ 1935年(昭和10年):東調布警察署として開設。大森警察署より分離開設。
   1987年(昭和62年):田園調布警察署と改称。 ≫
と出ています。 もともと、このあたりは、荏原郡調布村 であって、その一部分に田園都市株式会社が田園の良さと都市の良さを兼ね備えた街を作ろうとして、「田園調布」を作ったわけで、それは、駅の西側の道路が放射線状になっている地域(住居表示では、大田区田園調布3丁目 と 世田谷区玉川田園調布 )と田園調布駅のすぐ東側の地域(住居表示では、大田区田園調布2丁目 と 世田谷区玉川田園調布 )のあたりのことであって、田園調布警察署のある大田区田園調布1丁目というのは、荏原郡調布村ではあっても「田園調布」ではなかったはずです。だから、1935年〔「人、苦、皆(1937)」の盧溝橋事件、日中戦争開始の1937年の2年前。 「人、苦、再(1931)」の満州事変の1931年の4年後。 要するに、満州事変と日中戦争の間の時期。〕に警察署ができた時も、あくまでも、「東調布警察署」(調布村の東の端)だった、ということではないでしょうか。1987年〔阪神優勝・PL学園(桑田・清原3年)優勝の2年後〕に「ブランド地名」の「田園調布」を署名につけたとしても、「あんまり、田園調布っぽくない」・・・のは当然ですね。


   日本福音ルーテル教会の前の環八を南に向かって歩きますと、環八と中原街道が交差する交差点の右手前(交差点の北西のカド)に、おそろしいものが見えてきます。↓
画像

( ↑ 北面。 )
画像

( ↑ 正面。 南側。)
画像

( ↑ 環八の高架を挟んで、南東側から見たもの。)
>↑ 暴力団 田園調布警察署 ↓



画像

↑ は、↓ の部分。

・-・-・-・-・-・-・ー
(YAHOO!ニュース) 2015/10/6(火) 6:08掲載 http://news.yahoo.co.jp/pickup/6176552
警部補が拳銃自殺図る? =署内で宿直勤務中―警視庁
  5日午後9時ごろ、東京都大田区田園調布の警視庁田園調布署で、拳銃の発射音がしたため署員が調べたところ、同署5階トイレ内で地域課の男性警部補(29)が頭から血を流して倒れているのが見つかった。(時事通信)
ー・-・-・-・-・-・-・-
(朝日新聞) 2015年10月6日13時20分  http://www.asahi.com/articles/ASHB605Z9HB5UTIL05F.html
警部補、署内で拳銃自殺か 頭から血、死亡 東京・大田
  東京都大田区の警視庁田園調布署の5階男子トイレで5日午後9時5分ごろ、地域課係長の来島(くるしま)友樹(ゆうき)警部補(29)が頭から血を流し倒れているのを別の署員が見つけた。警部補は病院に運ばれ、約3時間後に死亡が確認された。そばに拳銃があり、警視庁は警部補が自殺を図った可能性が高いとみている。
  署によると、警部補はこの日午後3時からの勤務中で、貸与の拳銃を持っていた。「パン」という音を聞いた署員が駆けつけ発見した。トイレの個室に内側から鍵をかけた状態だったという。
  斎藤辰義署長は、「拳銃による職員の自殺が疑われる事案が発生したことは誠に遺憾。動機等、事実関係については今後、確認してまいります」とのコメントを出した。
ー・-・-・-・-・-・-・-・-
   そこで、拳銃自殺した者がいた・・・となると、当然、田園調布警察署というのは「事故物件」であろう・・・・と思ったのだが、事故物件公示サイトの《大島てる》http://www.oshimaland.co.jp/ を見ると、この近所のマンションで・・・・ということがあった、といったことは掲載されているが、田園調布警察署は「事故物件」としてのマークはついていない。 怖いから指摘できないのかもしれない・・・・が、たとえ、事故物件公示サイト「大島てる」が「事故物件」と認定しなくても、拳銃自殺したような人間が出たような建物というのは、一般に、「事故物件」であろう。 ・・・しかし、その前に、もともと、警察署なんてものは、普段から暴力と違法行為がおこなわれている場所であり、チンピラの巣窟であり、全体が事故物件であるわけで、何をいまさら・・・てところだろう。 そんな所に住みたいなんて思う人間あんまりないと思うし。
※ 田園調布警察署HP http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/shokai/ichiran/kankatsu/denenchofu/index.html

   田園調布警察署の住所は、大田区田園調布1丁目1番8号 らしい。 こんな場所も住居表示では「田園調布」になるらしいが、田園調布駅の西側の道路が放射線状になった地域が最も「田園調布らしい田園調布」「『この漫才で田園調布に家が建つ』というフレーズが似合いそうな田園調布」だが、駅のすぐ東側もまた田園調布であり、渋沢栄一の計画としては、駅の西側が住宅地・駅の東側が商業地 という計画だったらしいだけあって、東側の方は「商店が多いが住宅もある」という地域だが、東側でもまた「田園調布駅のすぐ東側」「最寄駅が田園調布か多摩川駅である範囲」は田園調布と考えてよいだろうけれども、田園調布警察署があるあたりは、最寄駅も「雪が谷大塚」であり、住居表示は田園調布であっても、あんまり、田園調布という感じではない。
   今は昔、1980年代の終わり、東京都港区の青山で交通誘導警備の仕事をアルバイトでやった時、生コン車のおっさんが「このへん、歩いてるやつ見ると、なんか、『青山て顔』してるよなあ」と言い、そして、「その点、俺たちは『葛西か江戸川の顔』だもんなあ」と言って、私も「葛西か江戸川の顔」の仲間に入れてもらったのだが、たしかに、そう言われて見ると、東京メトロ「表参道」駅から青山学院にかけてのあたりを歩いている人間てのは、「青山って顔」していたし、「青山みたいな服装」していた。 同じ理屈で、↑の田園調布警察署に勤めているチンピラが「田園調布みたいな顔」しているか? ・・・というと、そんなもの、してるわけないだろうが!!!・・・・。
   ちなみに、ダンナがタクシーの運転手という東條さち子さんの漫画によると、タクシーの運転手には、元ヤクザのタクシードライバー・元警察官のタクシードライバーというのがいて、この2者は大変よく似ているというのだが、あえて、見わける方法としては、「いかにもヤクザ」「見るからにヤクザ」「どう見たって絶対にヤクザ」て感じがするのは、たいてい、警察の方だ・・・というのだ。おそらく、そうだろう。

  この交差点を曲がって東へ(東京の都心方面へ)進むと、右手に池上線「雪が谷大塚」駅がある。↓
画像

画像

「石川台」駅・「洗足池」駅も中原街道からすぐだが、「雪が谷大塚」駅が最も中原街道に近接している。

   かつては、池上線と目蒲線というのは、「似た者同士」で、なんだか、緑色の芋虫みたいな電車が、ちんたら走っていたのだが、いつしか、目蒲線は東では都営三田線・南北線と乗り入れ、西では「多摩川」駅から蒲田方面ではなく東横線と同じ経路で「日吉」駅まで行くようになって「目黒線」と改称。なんだか、ずいぶんと近代的な路線に変貌した。

   ↓は、東急池上線「戸越銀座」駅
画像

↑ 内装に木を使ったおしゃれなデザイン・・・・だが、目蒲線が近代的になるとともに、池上線も影響受けたのか・・・???

   《ウィキペディア―目黒蒲田電鉄》https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%AE%E9%BB%92%E8%92%B2%E7%94%B0%E9%9B%BB%E9%89%84 を見ると、「東急目黒線の目黒―多摩川の部分+蒲田線」(旧 目蒲線)は、目黒蒲田電鉄だったらしく、それが、姉妹会社の東京横浜電鉄を買収して、後に、社名を東京横浜電鉄に改称した、らしい。 又、目黒蒲田電鉄は、≪ 1918年に実業家渋沢栄一らによって立ち上げられた『理想的な住宅地「田園都市」の開発』を目的とする田園都市株式会社が進めていた鉄道事業を受け継いで、1922年(大正11年)に子会社として分離・設立された。≫ という。なるほど、目黒から「田園調布」・「多摩川」までと、「田園調布」「多摩川」から蒲田までの鉄道だったのだ。 もし、目黒から蒲田を結ぶ鉄道という趣旨なら、わざわざ、「田園調布」・「多摩川」を経由するのは遠回りだが、「田園調布」(元「多摩川台」)・「多摩川」(元「多摩川園」)と山手線の「目黒」・京浜東北線の「蒲田」を結ぶ鉄道として敷設された・・ということなら、このルートをとっているというのは、わかる。
   《ウィキペディア―池上電気鉄道》https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E4%B8%8A%E9%9B%BB%E6%B0%97%E9%89%84%E9%81%93 によると、池上線は、最初、池上電気鉄道として池上本門寺への参詣のための路線として計画され、当初は、目黒―大森間の計画だったのが、池上―蒲田がひかれて、それから、目黒蒲田電鉄が目黒―田園調布―多摩川ー蒲田 で敷設されたことから、目黒からではなく五反田から池上―蒲田 という鉄道になったらしい。 その後、目黒蒲田電鉄と池上電気鉄道の競合で互いに不利になることがないよう、池上電気鉄道が目蒲電鉄に買収されて池上線になったらしい。 なるほど。 目蒲線と池上線は、近い場所を似た経路を走っているのはどうしてかと思ったが、最初から東急が目蒲線と池上線を敷設したわけではなく、目黒蒲田電鉄と池上電気鉄道という競合する電鉄があって、その後、同じ会社の別路線になった、ということだったのだ。
   では、大井町線はどうなんだというと、《ウィキペディア―東急大井町線》https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%80%A5%E5%A4%A7%E4%BA%95%E7%94%BA%E7%B7%9A によると、目黒蒲田電鉄が、大井町―大岡山間を敷設して大井町線とし、自由が丘―二子玉川間を敷設して二子玉川線として、後に自由が丘―大岡山がつながって大井町―二子玉川間が大井町線になったらしい。その後、一時、田園都市線と名称変更したが、二子玉川から溝の口方面の田園都市線が二子玉川から新玉川線に乗り入れるようになって、大井町―二子玉川間が大井町線という旧称に戻った、らしい。

   (2018.6.1.) 

☆ 田園調布と田園調布の教会
1. 魅力のある街(東京圏)。田園調布はどこまでか。態度の悪い不動産屋にへつらうな。http://tetsukenrumba.at.webry.info/201806/article_1.html
2. 放射線状道路の扇の要の位置の田園調布駅はおしゃれ http://tetsukenrumba.at.webry.info/201806/article_2.html
3. 放射線状道路の扇の要の位置の広場。 独特のデザインの田園調布駅 http://tetsukenrumba.at.webry.info/201806/article_3.html
4. 居住環境を考えた田園調布の街並み。居心地のよい宝来公園 http://tetsukenrumba.at.webry.info/201806/article_4.html
5  日本基督教団 田園調布教会(1) 高すぎる樹木、鎧をかぶったみたいな教会堂、倉庫みたいな建物 http://tetsukenrumba.at.webry.info/201806/article_5.html
6.  同 (2) 跳ね返す素材、教会堂は重厚である必要があるか。「セコム、必要ですか」 http://tetsukenrumba.at.webry.info/201806/article_6.html
7.  同 (3) 牧師館がなぜ教会堂の脇にないのか。遮る扉の玄関扉 http://tetsukenrumba.at.webry.info/201806/article_7.html
8.  同 (4) 「ああ、無情」 「太客」vs「どうでもいい来場者」vs「酔っ払い」 http://tetsukenrumba.at.webry.info/201806/article_8.html
9.  同 (5) バザーの際の違和感。 新教会堂ファサードは・・・みたい http://tetsukenrumba.at.webry.info/201806/article_9.html
10. 同 (6) パイプオルガン・ハンドベルと偶像崇拝・惑溺 http://tetsukenrumba.at.webry.info/201806/article_10.html
11.台(うてな)人体実験と精神医学ファシズム 吉益脩夫 http://tetsukenrumba.at.webry.info/201806/article_11.html
12.今は見当たらない「矢野一郎邸」と「旧人見純一画室」 http://tetsukenrumba.at.webry.info/201806/article_12.html
13.カトリック田園調布教会と聖フランシスコ修道院 http://tetsukenrumba.at.webry.info/201806/article_13.html
14.日本福音ルーテル田園調布教会、事故物件田園調布警察署 〔今回〕


キリスト者の自由・聖書への序言 (岩波文庫)
岩波書店
マルティン・ルター

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キリスト者の自由・聖書への序言 (岩波文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック