東京都美術館と「ボストン美術館の至宝展」【6/6】通用門と事務棟・西面・公募展棟南面・椅子背面の色彩

[第319回]東京圏の美術館・博物館(11)‐5
   東京都美術館には南東側からの進入路に基づく外観、内庭に入った雰囲気だけではなく、東面・北面にもまた別の顔があったのですが、今回は西面を取り上げます。
   まず、北西側、上野動物園と東京都美術館の間の道、地下を京成電鉄が走っている道を北から南に進むと、東京都美術館の北西部、「通用門」の向こうに「事務棟」が見えます。↓
画像

画像

↑「事務棟」への出入口ですから、一般の見学者は通行しませんが、南面を見なれた者にとっては、東京都美術館の別の顔が見えておもしろい。


   さらに南に進むと、右手(西側)に上野動物園が見えてきます。東京都美術館は西面もまた別の顔を持っています。↓
画像

画像

(↑ 東京都美術館 西面。 北側から見て。 )
画像

(↑ 東京都美術館 西面。 南側から見て。 )
東京都美術館の東面は企画展棟ですので、その内部は全体が一続きの展示室で、外から見ても平面、一直線ですが、西側は公募展の展示室がいくつか南北に並列していますので、部屋ごとに雁行しており、西側の外から見ても雁行した外観になっています。
   かつて、上野動物園に入った時、動物園から見た東京都美術館、動物園から見た上野東照宮というものが、東から見たものとまた異なった感じがあったので、動物園の動物を見るためではなく、東京都美術館や上野東照宮の外観を動物園側から見るために入園するのも悪くないと思ったことがありました。上野東照宮の参道の脇にある五重塔は、なぜか、動物園の敷地の側にありますし。その際、こちらから見た東京都美術館はまたずいぶんと違った印象を与えるものだと思ったのが、その動物園の今は通常使われていない方の「門」。現在、主として使用されている上野駅側の門より少し北にある、どうやら、「旧正門」らしい門の場所でした。
   外観は同じ場所を見るのでも、すぐ近くから見るのと、ある程度離れて見たのとでは印象が違います。東京都美術館の西面をある程度離れて見ようと思うと、上野動物園の中に入らないと見えません。上野動物園の中から撮影した東京都美術館の写真も手元にありますが、今回の訪問で撮ったものではありませんし、どうやら、今後も東京都美術館に行くことはありそうですので、それは次回以降にまわします。

   南面でも、美術展見学のために来場した時は、JR「上野」駅や京成「上野」駅から来た時、南面の中央部の開いた箇所、東の企画展棟と西の公募展棟の間から中庭部分に進入していきますから、南面でも公募展棟の南面は目にすることが少ないのですが、それをあえて見ると、↓
画像

↑ 「出窓」ではないが、縦長の窓の下に「出っ張り」がある。こんなのがあった・・・と美術展を見るのではなく美術館の建物を見てまわると気づきます。
   ハウスメーカーの設計担当者というのは、南道路なら南面、東道路なら東面と南面、西道路なら西面と南面のデザインを考えると、もうそこで力尽きて・・・というのか、それ以外の面の外観については「間取り優先」というのかで、「ど~おで~もいい~いでえ~すよお~お♪」となる場合が多いように思うのですが、その点、「建築家」の設計の建物の場合、四面すべてに「手抜きがない」という特徴があります。但し、この場合の「建築家」というのは、東京都美術館の設計者の前川國男であるとかそういった「建築家」のことであって、三井ホームhttp://www.mitsuihome.co.jp/ の「建築家とインテリアコーディネーターのつくる家」とかいうしょーもないコピーの言う「建築家」のおっさん、「そのへんの設計事務所のおっさん」のことではありません・・・というのは、今さら言わなくてもわかりますよね。
   ちなみに、三井ホームhttp://www.mitsuihome.co.jp/ という会社は「成り上がり者」が頼みたい会社ナンバーワン・・・て知ってましたか。医者屋なんてのも三井ホームに頼みたい人種の多い職種ですよね。(株)一条工務店http://www.ichijo.co.jp/ におりました時、1992年に入社して、最初に見せられた「営業マニュアル」のような本に、「ツーバイフォー工法と競合になったら三井ホームをほめろ」と書いてあったので、はあ? そんなもん、ほめたら三井ホームで契約されるのと違うのかあ? アホちゃうか・・と思ったのですが、それは、(株)一条工務店の「営業マニュアル」というのは「浜松流」「浜松でよければすべてよし」という冊子であったためです。(株)一条工務店は、1992年の時点で、主力の「セゾン275S1」というものを、東京都では坪55万円で販売していたのに、それを静岡県の浜松・掛川では、なんと、坪48万円で超ウルトラダンピング販売していたのです。ですから、東京都では、クルマにたとえるなら「クラウンくらい」の価格帯の建物であったのが、それを浜松・掛川の営業は、クラウンをカローラくらいの価格でダンピング販売していたようなものだったのです。名古屋でも坪49万5千円でしたので、名古屋でも「クラウンをカローラの価格でウルトラダンピング販売で売っていた」と言えます。それでいて、彼ら、浜松・掛川・名古屋の営業は、まるで、自分たちが努力して売ったかのようなえらそうな態度を取りまくってきましたが、実際は彼らの努力で売ったのではなく、ダンピング販売とテレビ広告とその地にあった商品性とで売ってきたのです。まず、ドカンと一発、ウルトラダンピングをした販売と、静岡県西部と愛知県のみテレビ広告を“ドカンと一発♪”やりまくったことによって売っていたのです。「都合の悪いことは、知らんプリプリ~♪」と彼ら浜松・掛川・名古屋の営業はやっていたのです。(株)一条工務店の浜松・掛川・名古屋の営業ども、彼ら卑怯者どもは。もし、東京圏で「三井ホームをほめろ」というそれをやったら、「イナカのクラウン」をクラウンの値段で売っている会社は「都市部のクラウン」をクラウンで売っていた(株)三井ホームなんてほめたあかつきには、「一条さんの営業さんて親切だねえ」と喜ばれるか「一条工務店の営業てアホちゃうか」と思われるか、どちらかしたあげく、三井ホームでお建てになることになります。
   「イナカのクラウン」を都市部でクラウンの値段で売らされている者と「その地に合ったクラウン」をカローラの値段でテレビ広告付き・「地元の会社」という「売り」付きでダンピング販売している者とで、後者の方が多く売れたとしても、当たり前と違いますか? ところが、遠州人はそういう手口を使うのが大得意で、それをやらずにはおれない性分の人種でした。東京では、「イナカのクラウン」は東京圏の都市部のクラウンと比べても同程度の価格でしたので、「都市部のクラウン」をクラウンの値段で販売している会社の商品をほめたりすると、「イナカのクラウン」は売れなくなってしまいます。それに対して、浜松・掛川・名古屋では、「その地に合ったクラウン」をカローラの値段でウルトラダンピング販売していましたので、「都市圏用クラウン」をクラウンの値段で販売している会社と競合になった場合、その競合相手の構法がツーバイフォー工法ですと、「三井ホームをほめろ」という「一条工務店営業マニュアル」に書かれていたものを実行すると、浜松とか掛川とかですと、クラウンの値段を出せない人がけっこういたようなのです。そういう人が「うちはクラウンは買えないみたいだねえ」となった時、「その地に合ったクラウン」(東京圏の人間の感覚からすれば「イナカのクラウン」)をカローラの値段でダンピング販売していた会社、即ち、(株)一条工務店だと建てられる♪ ということで、(株)一条工務店に戻って来て契約いただけるようでした。「浜松流」はそんなことして契約取っていたのです。

   (株)一条工務店http://www.ichijo.co.jp/ に同時期に入社して一緒に研修を受けた人で栃木県中部の営業所に勤務した男が教えてくれたのですが、県庁所在地の宇都宮市の南の石橋町に自治医大という大学があり、自治医大の附属病院があって、そこに勤務している医者というのが住宅展示場に来ることが多くて、そういう医者屋野郎というのは、三井ホームで建てたがるヤツが多かったそうなのです。そうすると、(株)一条工務店の営業はどうしたかというと、「三井ホームはいいですねえ~え」と、三井ホームをせっせせっせとほめるのだそうです。すると、そういう医者は喜んで帰って三井ホームで建てようとするそうです・・が、自治医大の附属病院に勤めていた医者なんてのは勤務医で、医者屋といってもサラリーマンなので、開業医とは違って、会社員の給料としては悪くない方でも、患者を薬漬け検査漬けしてドカンと一発もうけているわけではないので、三井ホームでは建てられないヤツが多いというのです。ありぁ、三井ホームでは建てられないわとなった時、三井ホーム以外で、一番、気持ちよくさせてくれた営業さんの所、すなわち、「三井ホームをほめろ」という「一条営業マニュアル」を実行した営業さんの所へ帰ってくるそうです。そして、「祝 契約 ◇◇☆☆様邸」となるというのです。しかし、同時期入社の仲間として彼は教えてくれたのですが、しかし、私は知っているが彼は知らないものがひとつあります。それは、他の医大・医学部に比べて「自治医大卒の医者というのは、貧乏人のデショウの人間が多い」ということです。私も、「うちは医学部なんか行かすような金持とは違います。甘ったれなさんな」と父から言われましたので、それなら、自治医大なら・・といったことも考えたことがある人間です。
   学費については、
(1) 医学部は、法学部・経済学部が4年間であるのに対して6年間行かないといけないので、その分、費用がかかる。
(2) 国立大学・公立大学〔和歌山県立医大とか・・〕と私立大学の医学部では、国立大学の方が安い。国立大学はどの学部でも学費は同じで、法学部・経済学部も工学部・理学部も医学部・歯学部も学費は同じ。
(3) 私立大学の医学部の場合、慶應大学では、法・経済・商・文学部は学費はほぼ同じで、理工学部はそれよりも高く、医学部はさらに高いが、正規に合格して入学する限り、特に寄付金などは必要ないので、サラリーマンの息子・娘で慶應大医学部に行く人もある。
  他に、慈恵医大なんてのも寄付金なしで行けるのではないか・・・と聞いた。関西では大阪医大は、京大医学部・阪大医学部など受ける学生が「滑り止め」で受けることが多い大学だが、「補欠でない合格者」は寄付金などいらないとしていたはずである・・・・が。 この「補欠でない合格者」というのがくせもので、入学定員きっちりの数だけ合格者を発表して、それ以外に補欠合格者を発表すると、正規合格者の何割かは京大医学部・阪大医学部などに合格してそちらに行ってしまうので、実際に入学する人間には補欠合格者の割合が大きいとかいう話がある。
  これらの他の私立の医学部・医大は、ほとんどが裏口。世の中には、金権裏口医学部と言われる私立医学部に正規入学しようと努力して何年も浪人している人がいるらしいが、そういう私立医大には、寄付金を払わない限り、金輪際、どんな点数を入学試験で取ろうが、ずえったいに合格になんかならない! と言われており、国立大学の医学部なら、何年も浪人して合格ということもありえても、私立金権医学部に模擬試験で「合格確実」なんて「判定」もらっても、ちっとも「合格確実」ではなく、寄付金を払わない限り「不合格確実」らしい。
(4)  それで、「私立」に分類されるが、例外的な存在が、自治医大で、これは「私立」に分類されるとはいえ、設立者は全国の都道府県であり、全国の都道府県がへき地の診療所に勤務する医者を養成するために設立した大学で、全寮制で学費はタダ! 寮費もタダ♪ という行こうとする者にはうれしい話♪ で、条件として、卒業後、出身都道府県が指定するへき地の診療所で何年か勤務すること、というのがあるが、考えようによっては、卒業後、就職口を探さなくても決めてもらえるので、失業の心配はないと考えることもできる。
(5) 防衛医大というのは、これは防衛大とともに「大学」ではなく「大学校」で、防衛省の職員、公務員の扱いなので、学費を払わなくていいだけでなく、在学中から給料が出るというおいしい話・・・だが、条件として、自衛隊の医官を養成する大学校なので、自衛隊に勤務しないといけないことになり、それを嫌だというとそれまでもらったものを返さないといけないことになってくるらしく、自衛官は嫌だという人は避けた方がいいでしょう。
   こういったことを考えると、結果として、金持ち順に並べると、
私立金権裏口医学部→私立大学医学部→国立公立医学部 及び、防衛医大→自治医大
となるわけだ。 今は昔、1981年のことだが、帝京大学医学部https://www.teikyo-u.ac.jp/faculties/undergraduate/medicine_d/ に裏口入学して卒業して医者屋やっていたF山(男。当時、30歳)が、「ぼくは学生時代、お金がなかったから」などとナマ言いやがったことがあったが、そんなことはウソに決まっている。帝京大医学部金権裏口入学が貧乏人なわけないだろうが! 「患者」を薬漬け・検査漬け・毒盛りして稼いだカネで私立金権裏口ドバカ医学部に入った男が貧乏なわけないだろうが! ふざけんな! バカ言ってんじゃないわ♪〔⇒《YouTube―三年目の浮気 》https://www.youtube.com/watch?v=DgBvi-cZbJM 〕
  ちなみにそのF山、勤務場所が東大付属病院(俗に言う「東大病院」)で、「この僕は、東京大学理科三類に現役で通ったんだぞお。わかってんのかあ」と何度も私に怒鳴りつけましたが、実は彼が卒業した医学部は「トウ京大学医学部」ではなく「テイ京大学医学部」でした。「東大病院」という名称は不当表示ではないかと思いますね。ジャロに言ってやった方がいいのではないかとも思います。「事実とちが~う。まぎらわしい、などなど」に該当すると思います。〔⇒《YouTube-JARO 白雪姫篇 》https://www.youtube.com/watch?v=OyGtVTySYEo 〕
   それに対し、国立大医学部に行った人間というのは、金持ちの息子・娘もおればそうでない親の息子・娘もいる。そして、自治医大というのは、学費タダ!・寮費タダ♪!の大学のなので、結果として、貧乏人の息子が多い大学・・・ということになる。そして、貧乏人の息子で自治医大に行って医者屋になったものだから、親としては「自慢の息子」で、よっぽどエライみたいに思っているが、親がそう思って手の舞足の踏むところを知らず♪なんて状態になって、本人もまたおのれがよっぽどエライみたいに思ったヤツというの、別の言い方をすると、「成り上がり」というのは、その「成り上がり根性」で、いっちょ、持家を建てようではないかと考えた時、成り上がり者が建てたい会社というと、なんと言っても、三井ホーム! となる・・・・・のだが、悲しいかな、成り上がり者でもともと金持ちではなく、大学でて勤めたとしても勤務医、サラリーマンなので、私よりはずっと給料は高いとしても、医者屋としては高い方ではないので、三井ホームでは建てられない・・となることが少なくないらしいのだ。その結果、「ツーバイフォーと競合になったら、三井ホームをほめろ」という、東京の営業が聞くと、なんじゃ、そりぁあ~あ・・て文句を実行した(株)一条工務店の営業さんの所に帰って来てくれる・・・というのだ。ああ、おいしい・・とその(株)一条工務店の営業は言っとりましたが、彼は、自治医大付属病院に勤務の医者屋は、(株)一条工務店にとってはけっこうおいしい客だということは知っていたが、そのからくり、病院勤務の医者の中でも、自治医大卒の医者というのは、他の医大の出身者よりも貧乏人の息子が多いということは知らなかったようだ。 なぜ知らないかというと、自分が受けることを考えたことがないからで、私がなぜ知っているかというと、自分が受けることを考えたことがあるからだ。
 
   これ↓は空調機でしょうか。
画像

ハウスメーカーの戸建住宅では、ガスボイラー・灯油ボイラー・灯油ボイラー用灯油タンク・プロパンガスのボンベといったものは、北側、あるいは屋外の玄関と逆側、北玄関の家なら西側か東側の玄関から比較的遠い位置といった場所に配置して、エアコンの室外機はそのエアコンを使用している部屋の外側で玄関のすぐそばでない位置に設置し、特に覆いなどつけないか、日射が直接あたるような場所の場合には日光が直接あたらないように屋根をつけるか、そのくらいだと思うのですが、「建築家」の設計による建物の場合、空調機とかダクトとかも、そういったものもデザインを損なわないように配慮するか、もしくは、それをデザインとして利用するか考えられるのが一般的ですが、これもそのひとつでしょうか。 一般には、南面には空調機とかは持ってこない場合が多いのですが、東京都美術館の場合、東面は東京国立博物館の方へ人が通行する面であり、北面もまた広場になっているので、あえて、南面の中央進入路より西の公募展棟の南に持って来たということなのか・・・。

   [第305回]《東京都美術館とブリューゲル『バベルの塔』展【4】高さを競う愚か、美術展と音楽会、公立進学校のメリット》http://tetsukenrumba.at.webry.info/201706/article_9.html  でも写真を掲載して述べましたが、1階中庭部分から見た企画展棟の窓部分です。↓
画像

↑色彩豊かな背もたれ付き椅子の背もたれの背面が見えますが、椅子というものは前から見るものとは決まっていないわけです。 窓に近い場所に置いた場合、背もたれが屋外から見えることがあり、あらかじめ、それを想定してカラフルなものを並べたということだと思いますが、そのあたりの配慮もいいですね。
   机というのは、私が使う机なんてのは、オフィスで使う机でも自宅で使う机でも、机の向こう側は空いていますが、それは、たいてい、机は壁に面して使うからということでしょう。オフィスでは向こう側にも誰かの机がこっち向いて配置されています。それに対して、“エライ人”が使う机というのは、これは机の向こう側の側面に板が貼ってあるのです。これは机の下で足を組んでいても、靴を脱いで水虫をかいていても、靴を脱いで靴下も脱いでいても、それでも、カッコつけられるように側面に板が貼ってあるようです。今は昔、1980年代後半、横浜市のJR「東戸塚」駅の東のあたりに本社があった日立電子サービス(株)〔2011年に日立情報システムズ と 合併して、(株)日立システムズ《持株比率:日立製作所100%》 となったらしい。〕という会社に面接に行った時、5人ほど並んで座っていた役員らしいおっさん達が机の下で靴を脱いで行儀悪く足を組んでいたのを見て、こちらは真剣に応募しているのに、採用するか不採用にするかは別の問題として、この会社の人間はそういう態度をとるのか・・・と思ったことがありました。その時は、応募する者はそれだけ立場は弱く、採用側はそういう態度をとっても通るのかと思ったのですが、そうじゃない。私が採用担当者もしくは経営者なら、採否にかかわらず自分の会社に応募してくれた人にそんな不真面目な態度はとりません。そんな傲慢で不真面目な態度では「おごる日立は久しからず」と「東芝みたい」になる可能性だってないとは言えません。
  私の父なんかは、自宅で壁につけて使うのに、わざわざ、そういう机を買ったりしましたが、「エライ人ぶりたい人」というしょーもないおっさん というのも、自宅では壁に接して使うのにそういうのを購入することがあるようですが、 壁につけて使う場合、足の向こうに側板のある机は、側板と壁との間に埃がたまって掃除しにくく、かえって不便です。

  (2017.10.14.)

☆ 東京都美術館と「ボストン美術館の至宝展」
1. ゴッホと佐伯祐三の「郵便配達夫」http://tetsukenrumba.at.webry.info/201710/article_1.html
2. とがったオブジェは端 http://tetsukenrumba.at.webry.info/201710/article_2.html
3. なぜルノワールか。発掘して自国に持ち帰る是非。http://tetsukenrumba.at.webry.info/201710/article_3.html
4. 東面のプランター http://tetsukenrumba.at.webry.info/201710/article_4.html
5. 北口・博物館動物園駅・池田家黒門・自由な女神http://tetsukenrumba.at.webry.info/201710/article_5.html
6. 通用門・事務棟・西面・公募展棟南面・椅子の背が窓から見える窓〔今回〕


佐伯祐三 (新潮日本美術文庫)
新潮社
斉藤 泰嘉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 佐伯祐三 (新潮日本美術文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



週刊ダイヤモンド 2016年 5/28 号 [雑誌] (慶應三田会 学閥の王者)
ダイヤモンド社
2016-05-23
ダイヤモンド社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 週刊ダイヤモンド 2016年 5/28 号 [雑誌] (慶應三田会 学閥の王者) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

画像


画像

画像

( ↑『週刊ダイヤモンド 2016.5.28. 第104巻21号 特集 慶應三田会』(2016.5.23.発行 ダイヤモンド社 所収 ↑)
   最近は、「東大は私立6年制受験校の人間の行く所」みたいな認識が広がり、東日本の公立高校でも、東大に合格できる可能性がある高校生で東大ではなく京大を目指す人がけっこういると聞いた。慶應なんてのは、↑のような「慶應義塾カースト」があり、「私学だってことは、いいってことじゃないか。北野高校の人間はこんな常識がわからんのか」と発言する教授がけっこうおられる大学であるということを考えると、北野高校のような公立進学校の人間は、何もわざわざそんな感じの悪い大学に行かなくても京大に行った方がいいのではないかと思ったりもします。実際、「慶應義塾カースト」の最底辺で、いいかげん、うんざりした経験を持つ者からすると。
   私が慶應大学に在学中、ある講義で教授が「私の甥で高校生がいるんだけれども、東大に行きたいと言ってるんだが、私は東大なんかに行くよりも早稲田か慶應、できれば慶應に行った方がいいと言ってやるんだけれども、『誰が慶應なんか、行くもんか』なんて言うんですよ。『どうして、慶應は嫌なんだ』と言うと、高校の世界史の先生が慶應の出身で間違ったことを教えたと言って、あんないいかげんなヤツの卒業した大学なんか誰が行くか」と言ったと。「そんなことで、慶應は嫌だ、東大の方がいいなどと言うのは馬鹿げている。なんでそんな考え方をするのかと思う」と話されたことがあったが、東大に行こうとしている高校生に「東大なんていいことないぞお。慶應に行けよお」と言っても、普通は「誰が慶應みたいなもん行くもんか」と思うだろう。その先生が「東大なんか行くよりも早稲田か慶應、できれば慶應に行くべきだ」と言われたのは、その先生が内部進学かそれに準ずる環境で育った方ではないか。そういう人にとっては「あえて、東大に行かなくても早稲田か慶應、できれば慶應に」という考え方はあるのだろう。しかし、東大に多く進学する6年制私立受験校に行った人は東大に行った方がいいと思うし、公立伝統進学校に行った人は京大に行った方がいいと思う。
  「常識」とは何か・・という問題もあるわけで、「私の彼はサラリーマン」なんて歌で、「私の彼は金持ちボンボン」のところで、「金持ちボンボン」は「財布は厚いが常識うすい~♪」という文句が出てきますが〔⇒《YouTube-シャインズ 「私の彼はサラリーマン」 》https://www.youtube.com/watch?v=RykB69Hzn6I〕、慶應の内部進学の人というのは、公立高校出身の人間から見て「常識うす~い~♪」と思えたものでも、彼らはそれを「常識」だと思っていますし、そういう人が、「外部の連中を教育してやらんといかんからなあ」と豪語します。 支配者にとっては支配者がやることは非常識でも常識であり、支配者にたてつく者の主張は何であれ非常識だとか、あるいは「未成熟」だとか「自我が確立されていない」だとか「独立自尊の精神が身についていない」だとか「なんとか症候群」「なんじゃらシンドローム」だとかいうことになるのです。それを慶應義塾で常に実行しているのが内部進学および「準内部進学」の人たちです。やっぱり、「常識」というのは支配者が指定するもので、支配者が指定した以上は非常識でも常識になるのだなあと実感されます・・・が、さすがに「塾風強姦主義」については支配者といえども、「常識」と認定はできなかったのか、清家塾長は輪姦広告研究会に解散を命じ、実行犯の輪姦魔どもを無期停学にされたようです・・・が、それはあくまでも表に出たからで、なおかつ、もしかすると、被害者側の親が慶應義塾において「有力者」で加害者側がそうではなかったから、といったことがあったという可能性がないとはいえないように思えます。加害者の方が有力者で被害者が「外部の者」だったとしたら、被害者側は泣き寝入りさせられた可能性は小さくないような気がします。慶應義塾においては、輪姦広告研究会と似たような行為はしばしばおこなわれてきたし、彼ら実行犯、即ち、内部進学及び「準内部進学」の強姦魔どもは、彼らのそういう態度を「塾風」だの「独立自尊」だの「福沢精神」だの、あるいは「自我が確立されている」「アイデンティティーを持っている」だの「そういう人間が社会で役に立つ」だの「思考が柔軟」だの「協調性がある」だの「慶大生らしいスマートさを発揮している」だのと称してきたのであり、そういう慶應義塾の状態に憂慮する者に対して「未成熟」だの「自我が確立されていない」だの「独立自尊の精神が身についていない」だのなんだのかんだのと悪口雑言を浴びせてきたのであり、それが慶應義塾の伝統であったのです。「協調性」とは、輪姦魔どもに加担するのが「協調性」なのか、そうではなく、そういう場面においては、「おい、やめておけ」と言うことができる者の方が「協調性」なのか・・・というと、内部進学および「準内部進学」の塾風主義者は迷うことなく前者を主張する。そういった内部進学独善主義の慶應義塾の伝統に適応するのに抵抗し、いったん入学した以上は誰しも同じ権利と義務があるのではないのかと主張するような「外部の者」を「精神適応」させようとして、内部進学独善主義・塾風強姦主義に適応することに抵抗する者を「モラトリアム人間(病)」と「診断」して「人間による人間の加工」をおこなおうとしてきたのが慶應大学医学部助教授のイカサマ精神分析・エセ精神分析の内部進学の小此木啓吾であった。
  インターネットで見ると、慶應義塾大学の 輪姦広告研究会を弁護したい人も出ていたようだが、私は次のように言いたい。
  「溺れかけたイヌに手を差し伸べてはならない。 むしろ、ぶん殴って沈めてしまう必要がある。」 と。
  (2017.10.14.)

   インターネットのニュースによると、輪姦慶大生どもは不起訴になったらしいが不可解である。(12.4.)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック