これは放射能汚染は大丈夫かな?(11)~鮭、ニシン。チョコレート。及、橋下徹「脱原発」→「容認」変化

〔第95回〕
   放射能汚染の状況が改善されたわけでもないのですが、橋下徹・中原徹の“ダブル徹”のおかげで、何回か述べた放射能汚染の問題について、このブログではしばらくご無沙汰しました。 もしかして、橋下・中原ダブル徹 と松井一郎・中西正人の右翼カルテット が、「日の丸」「君が代」の強制という蛮行を強行するのは、原発事故と放射能汚染から国民の関心をそらそうとしての陰謀なのか???・・・・などという可能性を考えてしまうが・・・まったく、ありえないことでもないように思うが、そういうことはないか?
   橋下中原維新一派が何かと派手に騒ぎ立てるのは、国民の関心を原発事故と放射能汚染からそらそうとしてのことで、そういう行動を取るのと引き換えに何かを取得させてもらうという取引を誰かとおこなっている・・・などということはないか???  東日本での福島第一原発事故と放射能汚染の問題から国民の目をそらせよう・関心をそらせようとして、西の方の大阪でワアワア騒いでいる・・・などということはないか?  かつ、橋下が関電(関西電力)に、脱原発を働きかけたというが、はたして、それは本心だと信頼して良いのかどうか???  国民の関心を原発事故と放射能汚染からそらそうと「維新」だ何だと派手に騒ぎ立てていることのカモフラージュで、一時的に「脱原発」を口にしたなどということはないのか???  〔 ・・・→と思って、2012.3.29.にこのブログを公開したら、橋下は、あっと言う間に「容認」に変わった。はや~・・・。(2012.6.1.追加)〕
  〔 なお、このブログは、当初、《これは放射能汚染は大丈夫かな?(11)~鮭、ニシン。 チョコレート。及、橋下の脱原発主張は本気か? 》という表題で公開しましたが、まさしく「あっ」と言う間に、私の予想以上に早く、橋下が「容認」に変ってしまったので、表題も、上記のように変更させていただきました。(2012.6.1.) 〕   

【1】鮭(さけ)〔塩鮭〕
画像

画像

画像

  ↑ 塩鮭  カナダ産 天然  「カナダ産紅鮭 上 甘口」
     購入店:マルエツ  原材料名:鮭、食塩、酸化防止剤(V..C.)

画像

  ↑ 塩鮭  チリ産 養殖 「銀鮭甘口(養殖)」
     購入店:西友    原材料名:鮭、食塩

   福島第一原発事故による放射能汚染と放射能汚染水の太平洋への放出により、海産物については、基本的には「太平洋側は北海道から静岡県まで危ない」と考えると、庶民の魚である塩鮭も、国産のものは控えた方がいいのだろうか・・ということになってくる。 スーパーなどで見ると、「北海道産」と書かれたものと「ロシア産」と書かれたものがよく置かれている。 この2つは天然である。  もうひとつ、「チリ産 養殖」と書かれたものもよく見かける。 「アメリカ合衆国産」「カナダ産」のものも見ることがあるが、店によりその時により、置かれている時と置かれていない時がある。 
   私は、最初、日本の漁師さんには申し訳ないけれども、我が身を守るためには、国産の鮭はやめて外国産のものにした方がいいかと思って「ロシア産」の塩鮭を買って何度か食べた。 なかなかおいしかった。
   日本には、かつて、観念的反共反ソ主義とでもいうような人、かつ、「ソ連」と「ロシア」を一緒にしてしまう人がいたが、批判するならば、悪口雑言罵詈讒謗を浴びせるような批判のしかたではなく、論拠をあげて論理的に批判するべきであると思う。 又、チェルノブイリ原発事故なども反共反ソの宣伝に利用しようとする人もいて、悪いのはソ連であって原発ではないというように話を持っていこうとするようなテレビ番組も見たことがあったが、チェルノブイリ原発の事故はソ連の問題というよりも原発の問題であったということを思い知らされることになってしまった。 私は「ロシア民謡」が好きで、ロシア文学も好きだ。(本来、このブログは、橋下のアホを批判したり原発の問題をとりあげたりするのではなく、ロシア民謡論などを述べる、もっと、楽しいものにするつもりであったのだが、原発事故が起こり、橋下中原ダブル徹などというろくでもない連中が日本を無茶苦茶にしてしまいそうで、その為に、ここしばらく、調子が変わってしまった。) 私はイルクーツクとバイカル湖に行ったことがあるが、イルクーツクの街の戸建の現地の人が言うところの「木造住宅」、日本流で言えば「ログハウス」は魅力的であり、そこに住む人たちも素朴な感じで、「ソ連社会帝国主義」と言われたスターリンからブレジネフなどの時代の強硬な政治的態度の印象とは、ずいぶんと印象が違ったし、イルクーツクにもバイカル湖にも、また行きたいという気持ちになったし、そういう気持ちになる場所だと思う。 現地のロシア人のガイドさんも、真面目な人であり、本当に、一般的な日本人よりもよっぽど誠実な人だった。
   「ロシア人」を、かつての「ソ連社会帝国主義」と言われたソ連の強硬な政治的対応と混同してしまう人がいるが、それは違う。  しかし、ロシア製・ロシア産のものについて、アメリカ合衆国や西ヨーロッパの物と比較して、あるいは、韓国産のものなどと比較して、信用性が高いかというと、必ずしも高いとは言いきれないように思えてしまうところが、やはり、現実問題としてないとは言えない。
   そして、一番の問題は、「ロシア産」と言う時、その「ロシア」とは、実際問題として、どこなのか? ということがある。 「ノルウェー産」というのは、おそらくノルウェー沖であろうと思う。 「中国産」も中国の周辺の海域ではないかと思う。「アメリカ合衆国産」は、大西洋側か太平洋側かわからないがアメリカ合衆国のどちら側かだと思う。アラスカ近海の可能性もあるかもしれないが、そのあたりであろう。  「ロシア産」はどうか。 ロシア連邦という国は、ソ連よりは面積は狭いといっても、それでも相当に広い。 海産物の場合、ロシアの接する海というと、サンクトペテルブルクなどが面するバルト海、ムルマンスクなどが面する北海などもあるが、日本に輸入される物というのは、ウラジオストクなどの沿海州かサハリン、千島列島に住んでいる「ロシア人」が獲ったものだと思われる。 となると、どこの海で獲ったものかというと、結論として、獲った場所から考えると「国産」とたいして変わらないのではないか、ということになってくるのだ。 北海道の漁師がとれば「北海道産」で、千島列島に住んでいる「ロシア人」が獲れば「ロシア産」ということであれば、「ロシア産」だから「国産」よりも放射能汚染は少ないだろうという期待はあまりできないのではないか、と思えてくるのです。
   さらに、「ロシア人」そのものは、決して悪い人たちではないし、一般の「ロシア人」は素朴な感じの人が多く、真面目な人が多いという印象を、私は1回だけのイルクーツクとバイカル湖畔のリストビャンカへの旅行では感じたが、しかし、漁業において、どういう対応をしているかという点において、他の国よりも良心的な対応ができているかどうかという点についてはわからない。それは別の問題のように思える。 日本の漁船が獲らない「福島県沖」で獲って、それを「ロシア産」として日本に輸出しているということが絶対にないとは言えないのではないか・・・・という不安を少々感じてしまうのです。 そこまでやっていなくても、「ロシア産」の場合、実際に獲っている海域から考えて、「北海道産」を避けて買う意味がそれほどないのではないか、と思えるのです。 それで、「ロシア産」は「国産」「北海道産」を避けるのと同じ意味で避けるようにしました。
   代わりに、スーパーなどでよく見かける「チリ産 養殖」の塩鮭を何度か買って食べて見たのです。 チリという国は無茶苦茶南北に長い国なので、「チリ産」だけでは北の方か南の方かわかりませんが、いずれであっても、福島第一原発から流出した放射性物質の影響は少ないであろうと判断しました。 しかし、「チリ産 養殖」の鮭は、実際問題として、おいしくないのです。 なんだか、肥満体の動物の肉でも食べたみたいで、しまっていないような感じがするし、どう形容してよいかわからないけれども、とにかく、おいしくないのです。 おいしくないということは、養殖の場合、あまり良い餌を与えていないか、大量に飼育して病気を防ぐために薬物を散布しているか、食べる人間の健康にも良くないものを食べさせられているか、飼育環境が良くないか・・・といった可能性が考えられるように思い、実際に健康によくない物を含んでいるかどうかわからないけれども、「チリ産 養殖」はおいしくなくて、再度、食べる気になれない為、買うのはやめました。 上の写真は、たまたま、西友で買ったものの写真ですが、さまざまな店で「チリ産 養殖」の塩鮭を買って食べましたが、どの店で買ったものも同様においしくなかった。


【2】チョコレート
(1)
画像

 ↑(左)「“ロイヤル” ストロベリーチョコレート 100g」ストロベリー香料使用
   (右)「“ロイヤル”ダークチョコレート 100g」

画像

 「“ロイヤル” ストロベリーチョコレート 100グラム」
 原産国名:ポーランド  輸入者:株式会社サンエス・・東京都足立区加平3-2-17
 購入店:ダイソー
 原材料名:砂糖、植物油脂、ホエイパウダー、カカオマス、全脂粉乳、ココアバター、脱脂粉乳、乳糖、乳化剤(大豆由来)、香料、着色料(ビートレッド)

   「粉乳(ふんにゅう)」とは、「コトバンク 世界大百科事典第二版の解説 粉乳」http://kotobank.jp/word/%E7%B2%89%E4%B9%B3 によれば、≪牛乳の性質をできるだけ変えないように,濃縮,乾燥し,粉末状にしたもの。≫で、≪使用される原料や用途によって,全脂粉乳,脱脂粉乳,調製粉乳などの種類がある。≫という。
   「全脂粉乳」とは、「weblio辞書 お菓子の辞典 イシハラ -全脂粉乳」http://www.weblio.jp/content/%E5%85%A8%E8%84%82%E7%B2%89%E4%B9%B3 によると、≪・牛乳を濃縮乾燥し、粉末にしたもの。乳等省令では<全粉乳>と表示。水分5%以下、乳固形分95%以上、乳脂肪25%以上。≫を言うらしい。
   「ホエイ」とは。 「ウィキペディア-乳清」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%B3%E6%B8%85 には、≪乳清(にゅうせい)とは、乳(牛乳)から乳脂肪分やカゼインなどを除いた水溶液である。乳漿(にゅうしょう)とも言う。英語ではホエイまたはホエー(whey)。≫と書かれている。 太洋ホエールズともクジラとも関係ないみたい。
   「ビートレッド」 ≪ビートレッドは主に、和洋菓子、菓子類、冷菓、氷菓子などを赤色に着色する目的で使われている着色料です。 アカザ科ビートの根から、搾汁したもの、または水、酸性水溶液、もしくは、エチルアルコールで抽出して作られています。 アカザ科というのは、双子葉植物の科の1つです。大部分が草で乾燥地や海岸に生息しているものが多く、塩生植物もあります。 ・・・・人への影響・危険性については、天然の植物が原料のため危険性は高くないと思われます。≫と、「食品添加物-ビートレッド」http://www.mvleisureworld.com/na-colorant/entry151.html  には書かれています。  もっとも、人への危険性は高くないとしても、「無果汁」「ストロベリー香料使用」と書かれているとはいえ、包装紙にいちごの絵が描かれていて「・・・・・ストロベリーチョコレート」という名前がついているわりに、いちごはまったく入っていないというのは、どうでしょう。
   「香料」とだけの表示では、どういう香料かわからないですね。

画像

 「“ロイヤル” ダークチョコレート 100グラム」
 原産国名:ポーランド  輸入者:株式会社サンエス・・東京都足立区加平3-2-17
 購入店:ダイソー
 原材料名:砂糖、乳糖、乳化剤(大豆由来)、香料

(2)
画像

画像

 ↑ 「ミルクチョコレート」
   原産国名:ポーランド  輸入者:威亞日本株式会社・・・東京都千代田区霞が関3-8-1
   購入店:ダイソー
   原材料名:砂糖、ココアバター、カカオマス、全粉乳、脱脂粉乳、ホエイパウダー(乳製品)、乳脂肪(乳または乳製品を主原料とする食品)、乳化剤、香料、(原材料の一部に大豆由来を含む。)

  上記3つは、100円ショップのダイソーで買ったもので、「100円プラス消費税」にしてはお買い得のような気がします・・・・が、放射能汚染については、ポーランド製品というのはどうでしょうか。 チェルノブイリ原発事故の影響は、今も東ヨーロッパに影響が完全になくなったということはないと思われますが、福島第一原発事故の影響が大きい日本の製品に比べれば、放射能汚染の安全性は高い、と考えて良いのでしょうか。
  ただ、〔第64回〕《これは放射能汚染は大丈夫かな?(6)―ボーロ・ジャイアントコーン・かぼちゃの種・チョコレート 》http://tetsukenrumba.at.webry.info/201111/article_10.html であげた「アズダ チョコレート」(ドイツ産)のように、その国で販売する前提で製造された物を日本に輸入して、日本人向けに日本語で表記したものをシールで貼ってある商品と違って、この3つは、日本で販売されることを前提として、日本語で表記された包装紙で包まれている商品なので、その国で販売する物については、福島第一原発に近い都県の産品は輸入しない・使わないようにしていても、日本に輸出する前提で生産するものについては、その制限をはずすというようなことをしてはいないだろうな? と、すべて外国語で表記されたその国で販売する前提での商品に比べて、日本語表記の包装紙の商品について、多少、不安は感じます。 わざわざ、ポーランドまで福島第一原発から近い都県の物を買って運んで、また、日本に輸出して・・という手間とカネはかけないだろう・・・とは思うのですが・・・・。


   私は、今、千葉県に住んでいますが、先日、大阪に行ってきました。 東日本に比べれば、福島第一原発事故による放射能汚染の影響は深刻ではなさそうですが、しかし、東京都や千葉県で、西日本産の野菜や果物が売られているわけですから、大阪で福島第一原発から近い都県の物が売られていてもおかしくないわけです。 西日本の店で食事をしても、外食の際に、福島第一原発から違い場所の産品が使用されている可能性は十分あるということになりますね。
   
【3】 「ニシンそば」
   私は「ニシンそば」が好きなのですが、東京都から千葉県にかけての外食店では「ニシンそば」がメニューにない店が多い。 東京にも「ニシンそば」を出すそば屋はないわけではないようですが、基本的には「ニシンそば」は関西のものらしく、東京都や千葉県では「ニシンそば」がメニューにある店は少ないのです。 それが、「ニシンそば」は京都が発祥だという説も聞きますが、京都でなくても、大阪でも、そば屋なら、「普通の店」で、「ニシンそば」が食べられて、それがおいしいのです。 ニシンは、「ウィキペディア-ニシン」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B7%E3%83%B3 によれば、≪昭和30年(1955年)以降、日本国内での水揚量は100tにまで激減してロシアやカナダからの輸入品が大半を占めるようになった≫というのですが、上記の「塩鮭」と同じ問題がでてきます。 カナダはともかく、「ロシア」というのは、実際にどの海域で獲ったものなんだろうか? という問題が出て来るのです。福島第一原発から流出された放射性物質の影響のある北太平洋地域の可能性が考えられるのではないのでしょうか。 ニシンそば は私の好物なので、食べられなくなっては嫌なのですが、不安を感じます。
※「にしんそば」については、
「ウィキペディア-にしんそば」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AB%E3%81%97%E3%82%93%E3%81%9D%E3%81%B0 他参照。
         (2012.3.29.)
========================================================
武田邦彦教授のブログhttp://takedanet.com/ の《(速報)北九州報告・・島田市と併せて》(2012.5.25.)http://takedanet.com/2012/05/post_cffd.html に、福岡県北九州市 と 静岡県島田市 での瓦礫の焼却による放射線量の変化が掲載されていますが、影響は相当に大きいようです。 福島県、及び、東北被災県に、早く、放射性物質を捕捉できる焼却場を設けるべきで、全国どの自治体にせよ、放射能汚染を受けた瓦礫を受け入れて放射性物質を補足できる機能のない既存の焼却場で焼却するのはやめるべきです。 (2012.5.27.)
======================================================== 
ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
(YAHOO!ニュース)
橋下市長、大飯再稼働「容認」の背景
TBS系(JNN) 6月1日(金)1時32分配信  http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20120601-00000003-jnn-pol
関西電力・大飯原発の再稼働について、大阪市の橋下市長は「うわべばかり言っていてもしかたがない。建て前論ばかり言っても。事実上の容認」と理解を示しました。およそ1か月前は「誰も安全だなんて言っていない。このまま進めるのは国家の重大危機」と述べるなど再稼働批判の急先鋒だった橋下氏。一転して容認した背景には何があったのか、橋下氏のブレーンに真相を問いました。
 「うわべばかり言ってもしかたない。建て前論ばかり言っても。事実上の容認ですよ」(大阪市 橋下徹市長)
  31日、関西電力・大飯原発の再稼働を容認すると明言した大阪市の橋下市長。野田総理も「最終的には私の責任で判断する」と発言していて、大飯原発の再稼働に向けた動きは最終段階に入りました。再稼働の容認を明言した橋下市長ですが、これまで原発の建設や再稼働には反対の姿勢を続けてきました。
 「新規原発ないし原発の延長計画、これを府県民の総力で止めにかかる」(去年4月)
 「誰も安全だなんて言ってない。このまま進めていくことは国家の重大危機だと認識」(4月)
  ところが、5月に入ると橋下市長の発言に変化が見られるようになりました。  「もし再稼働ということがあるなら、動かし方。それは臨時なのかどうか、1か月か2か月か3か月か、そういう動かし方もあるのではないかと」(19日)
  そして、31日・・・
  「事実上の容認ですよ。
この夏どうしても乗り切る必要があれば、暫定的な基準で暫定的な安全判断かもわからないが、もうそれは容認と」
  こうした発言の変化の背景や真意について、大阪市特別顧問の古賀氏は次のように説明します。
  「きのうの段階で政府は絶対(大飯原発を)動かすことがはっきりしたので新しい段階に入った。あれこれ言い訳するのは潔くない。それよりはここで一回整理をして次の戦いに入っていこうと」(大阪市特別顧問 古賀茂明氏)  政府の試算で、大飯原発が再稼働しなければ電力が14.9%不足するという関電管内。原子炉2基をフル出力させるには6週間かかるため、夏の電力需要のピークに間に合わせるには今がギリギリのタイミングという事情もあります。
 「『安全は万全なものではない、不十分だ』と政府に認めさせる。そういうものならば再稼働はフル稼働はあり得ない。どうしても足りない夏の間だけだと。9月には止めるんですねというところになんとか持っていきたい」(大阪市特別顧問 古賀茂明氏)
  30日に開かれた関西広域連合の会合。関係者によりますと、非公開の部分で齋藤官房副長官から次のような発言があったといいます。
  「もう決めます」(齋藤勁官房副長官)
  「再稼働を決めるということか?」(出席者)
  「そう理解していただいて結構です」(齋藤勁官房副長官)
  出席者はこのやりとりで“政府が大飯原発の再稼働に向けて押し切ろうとしている”と判断。これまで再稼働に反対してきた関西広域連合でしたが、結局「限定的」という表現を使って、政府が適切に再稼働を判断するよう求める声明を発表しました。
 「あくまでも暫定的、限定的。臨時的再稼働はやむをえないと言う方が気持ち的には近い」(滋賀県 嘉田由紀子知事)
  「積極的な判断はこの(声明)中ではしていない。(夏の)需給をにらんだ暫定的、限定的な稼働」(京都府 山田啓二知事)
  再稼働に向けた手続き。次に福井県議会とおおい町が同意すれば、最終的に福井県知事が判断します。
  おおい町では・・・
  「安全さえきちんと守っていただければ、私は賛成ですけど。事故だけはちょっと・・・小さい子がいるので」(住民)
 政府は、福井県知事の理解が得られたと判断すれば、来週改めて関係閣僚会合を開き、再稼働を決定することになります。 (31日23:53) 最終更新:6月1日(金)7時35分
ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
   「安全さえきちんと守っていただければ、・・・」と おおい町の住民が言っているというが、福島第一原発では、「安全対策は万全をとっています。」と言っていて、大事故が起こったのである。 決して、「安全対策はいいかげんです。」と言って稼働させていたのではない。  再度、「安全対策に万全を尽くして」と言われても、信頼できるわけないでしょう。 「想定外」とか言われるのと違いますか? 
   第二次世界大戦中においても、京都は爆撃を受けず、京都の文化財は焼失を免れたが、若狭湾の原発で大事故が起これば、京阪神地域の人間が被害を受けるとともに、京都の文化財も、事実上、廃墟となるだろう。 京都にはお寺の大本山も多くあるが、移転を迫られる事態となる可能性がある。 最近、はやりの「京野菜」もだめになるだろう。
   若狭湾地域には、京阪神地域から鉄道で行くには、北陸線・湖西線で敦賀まで行って小浜線で西に行くか、綾部から舞鶴線で西舞鶴まで行き小浜線で東に行くかで、高速道路利用でクルマで行く場合でも、敦賀から西に行くか舞鶴から東に行くかであり、かつ、滋賀県の湖西地域から若狭湾地域は、間に山があって地上からは直接見えないので、京阪神地域から若狭湾地域へは遠いような気がしてしまうが、実際には、京都市・大阪市から おおい町・高浜町までは、敦賀よりも直線距離では近い。舞鶴市までの距離と比べても遠くない。京都市から おおい町・高浜町までの距離は舞鶴市までの距離よりも短い。(「ヤフー地図―おおい発電所」http://maps.loco.yahoo.co.jp/maps?lat=35.54063326&lon=135.65204198&ac=18483&az=3&z=16 参照。 ) 東京から福島第一原発までの距離の約半分しかない。 東京から東海第二原発までの距離くらいしかない。 かつ、間に山があっても、福島第一原発の事故による放射性物質は、阿武隈山地を超えて福島市・郡山市など福島県中通り地域にも大量に飛散したという事実を認識するべきだ。
   東京圏では、最初に、茨城県の水戸市の少し北の東海村に原発が作られたが、おそらく、事故が発生した時に、東海村では東京に近すぎるので、事故が発生しても東京に影響が出にくい場所として、同じ方面で東海村よりも遠い場所として、福島県浜通りの双葉郡地域が選ばれたと思われる。 かつ、茨城県より、福島県中通りより、福島県浜通り地域は、政治的に力が弱かったのではないか。 中通りの人間でも、浜通りでの原発事故が中通りにこれほど影響があると思っていなかった人が多かったのではないか。 同じ論理を関西にあてはめれば、若狭湾では京阪神地域に近すぎることになるが、福島県では中通りの方が浜通りよりも政治的に強く、茨城県の方が福島県浜通りよりも政治的に強かったのに対して、福井県においては、旧・越前国と旧・若狭国では、県庁所在地の福井市が旧・越前国にあるように、旧・越前地域の方が旧・若狭地域より政治的に強かったのではないか。 それで、東海村の原発は小規模なものにとどめて、福島県浜通りに大規模なものを作ったように、若狭地域の原発は小規模なものにとどめて越前地域に大規模なものを作るという方向にいかなかったのではないか。及び、感覚的に、敦賀より西に若狭湾地域が、鉄道やクルマで行く場合に、東か西から迂回して行くために、実際の直線距離よりも、感覚的に遠いように思ったからということがあるのではないか。
   若狭湾地域の原発が事故を起こせば、大阪までの距離は、福島第一原発から東京までの距離よりはるかに短いということを、大阪人はきっちりと認識するべきだ。
   「安全さえきちんと守っていただければ、」などということは、今現在、ありえないということを おおい町住民はきっちりと認識するべきだ。 かつ、事故が起こらなくても、原発は、日常的に少量の放射性物質を空中・海中に放出しているという事実を知らない周辺住民が少なくないようだが、そのあたりも、きっちりと認識するべきです。

   まあ、しかし、予想通り、橋下 徹とそのとりまきはいいかげんな奴らだなあ・・・・。 そんなに骨のある反対ではないと思っていたが、いったん、「断固反対」と言いだしたからには、もう少しは「反対」を続けるかと思ったが、予想以上に、早かった。 その程度の人間だということだろうか・・・。
                (2012.6.1.)

(追記) 4月12日に、「名無し」様からコメントをいただきました。 粉ミルクのベクレル値まであげていただきまして、ありがとうございます。 しかし、≪世界中の人々達は、基準値を量って、食べていますよ。(笑) ≫と書かれていますが、日本人は、今、誰もが十分に≪基準値を量って、食べています≫か? 
   「≪核実験で、どこの国も、汚染されました≫から原発事故による放射能汚染もかまわない、もしくは、たいしたことない」と考えるのではなく、「核実験による放射能汚染も原発事故による放射能汚染も認めるべきではない」と考えるべきではないでしょうか。
   ≪今更騒ぎすぎですよ≫と言われるのであれば、そう言われる方とその家族が、放射能汚染食品、もしくは、そこまでいかなくても、被害地域の産物を率先して食べてください。 それは嫌でしょ。 違いますか?
   なお、できましたら、本名ではなくニックネームでかまいませんから、、「名無し」ではなく、ご自分を表す名称を記入していただければ、その方がうれしく思います。 (2012.6.1.)

〔参考〕
――・・・自民と民主以外の、脱原発を訴えている党が政権を獲るという、たとえば、僕は橋下徹はまったく支持できないのですが、でも、彼は一応、脱原発を謳っていますよね。
小出 って言ってますけど、本気ではないと思います。もし、橋下総理なんかが誕生すれば、きっと原発推進の旗を振るでしょう。
――(笑)。言い切りますね。
小出 橋下さんなんかに期待したらダメです。だって彼が組むとしたら、石原慎太郎都知事とか、平沼赳夫たちあがれ日本代表とか言ってるわけじゃないですか。原発を推進するに決まっています。・・・・
 (小出裕章《東電、政府、保安院、御用学者――この国ではなぜ「大権力であれば責任を取らなくてよい」ことになっているのか 》 インタビュー=兵庫慎司 〔「SIGHT 2012SPRING vol.51 3・11から1年。この国ではなぜ誰も罰せられないのか」2012.4.10.株式会社ロッキング・オン 所収〕)  (2012.6.17.追加)


SIGHT (サイト) 2012年 04月号 [雑誌]
ロッキング・オン
2012-03-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SIGHT (サイト) 2012年 04月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

名無し
2012年04月12日 16:19
放射能ヒステリーですね。(笑) 放射能汚染なんて、過去の、核実験で、どこの国も、汚染されましたよ。 下の数値は、1960年代の、粉ミルクから出た放射性物質の話です。
346.69 Bq/kg 1963年
322.05 Bq/kg 1964年
233.84 Bq/kg 1965年
169.57 Bq/kg 1964年
159.40 Bq/kg 1964年
今更騒ぎすぎですよ。世界中の人々達は、基準値を量って、食べていますよ。(笑)
抹茶
2013年02月11日 21:17
今は福島で24万Bq/kgの魚が見つかってますね。都内でも黒い物質が24万Bq/kg。過去の核実験の汚染がかわいく見えてしまう。

この記事へのトラックバック