私のブログに「死ね!!」というコメントを入れられた方へ。

〔第46回〕 私のブログに、「死ね!!」というコメントを入れられた方がありました。
[1] 2011年7月18日 16:42
《〔第30回〕屋上の魅力! 屋上でコーヒーブレイク、屋上でワンコと遊ぶ、屋上で野菜栽培、屋上でパットの練習?!?》http://tetsukenrumba.at.webry.info/201101/article_30.html に対して、 「死ね!」

[2] 2011年7月18日 16:50
《〔第34回〕宅建業に勤務する宅建主任資格をまだ取得していない若い人たちへ。宅建主任資格取得の勧め。〔引越掲載〕 》http://tetsukenrumba.at.webry.info/201101/article_34.html に対して、  「士ね!!」

[3] 2011年7月18日 16:52
《〔第2回〕ワイングラスを鷲づかみにする“建築家” vs キッチンスペシャリストの実力(?) 》http://tetsukenrumba.at.webry.info/201101/article_2.html に対して、  「死ね!! 死ね!!」

[4] 2011年7月18日 16:57
《〔第45回〕なぜ、「放射能汚染から子供と ““ 女性を ”” 守れ」か知っていますか? 》http://tetsukenrumba.at.webry.info/201107/article_1.html に対して、   「死ね!!」

[5] 2011年7月18日 17:20
《〔第1回〕ブログ「哲建ルンバ」開始!~バックミュージックは「マツケンサンバ」で・・・ 》http://tetsukenrumba.at.webry.info/201101/article_1.html  に対して、  「死ね!!」

[6] 2011年7月18日 17:28
《〔第36回〕ポケットに手をつっこむ営業・自分の靴を揃えない営業―良い営業・悪い営業、できる営業・だめな営業(2) 》http://tetsukenrumba.at.webry.info/201101/article_36.html  に対して、  「死ね!!」

以上、計6回、「死ね!!」「士ね!!」「死ね!! 死ね!!」というコメントを、「哲建チンポ」という芸名というのかブログネームというのか匿名というのかで、入れられています。
  私は、自分のブログへのコメントについては、私が述べた内容に対して賛成・同感等のコメントも、反対・批判等のコメントも、歓迎しており、反対・批判のコメントに対しては、私の方でも、その反対・批判のコメントに対して批判をおこなうことはありますが、たとえ、私が肯定できないと思ったコメントであっても、私のブログにコメントをいただいたことに対しては、心よりうれしく思っており、たとえ、私のブログへの反対意見のコメントに反論を述べる場合でも、コメントをいただいた方に対して敵意などはまったくありませんし、私のブログに関心を持っていただいた友人に対して友情とともに返答をおこなっているつもりでいます。

  しかし、今回、「死ね!!」というコメントを、私のブログ、6回について、送られたものについては、私としては、そのコメントに対して、発言のしようがありません。
  「死ね!!」というのは、私が、ブログで述べた中での誰か登場人物についてなのか、そのブログが不愉快だという意思表示なのか、ブログ作成者である私についてなのか、わかりません。
  もしも、ブログの中での私の発言内容に不適切なものがある、あるいは、不適切な表現があるということでの批判であれば、そのように述べていただければ、私の方でも、検討して、実際にそうであるかないか考えて、確かにそうであると思えば、その部分について、自己批判をおこない、その後のものについて、十分に気をつけるということもできるのですが、このコメントのしかたでは、どこが気に入らないのかもわからないのです。
  私は、自分のブログに批判的コメントをいただいた場合に、その批判に対して私がどう考えるか、できるだけ述べるようにしたいと思いますし、それは、私のブログに関心を持っていただいた方に対しての友情として答えたいと思うのですが、何について言われているのかもわからないものについては、反論も説明もしようがありません。

  それとも、このブログにおいてではなく、作成者の私を個人的に知っている方で、私に対して良く思っていない方が、私が作成しているブログであると思って、「死ね!!」というコメントを入れられたのでしょうか。 もしもそれなら、私のブログに対してコメントとして入れるのではなく、私に手紙でも送られた方が良かったのではないかと思います。当然、自分の氏名をフルネームで名乗った上で。
  
  ブログ名・ブログネームというものは、本名ではありませんが、私がブログ名としている「哲建ルンバ」と、ブログネームとした「モンテ=クリスト伯+中原中也+ヴォーリズ」については、なぜ、その名前をつけたかについて、〔第1回〕ブログ「哲建ルンバ」開始!~バックミュージックは「マツケンサンバ」で・・・ http://tetsukenrumba.at.webry.info/201101/article_1.html で説明させていただいきましたが、良くも悪くも私の今までの人生からつけた名前であり、私の自己紹介でもある名前であって、戸籍上の氏名ではなくても、まったく、匿名というわけでもない名前であるのです。
  「死ね!!」というコメントをされた方。 あなたの名乗られた名前、「哲建チンポ」とは、あなたにふさわしい名前ですか?  あまりにも哀しい名前だと思いませんか? 前半の「哲建」は私のブログの名前「哲建ルンバ」を非難・攻撃する為だけにつけられた名前で、後半は「チンポ」。 あなたは、御自分を、私のブログを攻撃する為だけの「チンポ」だと自分で言われているということですか? あまりにも哀しい名前ではありませんか。 人を批判する場合でも、まず、自分自身があって、その上で批判するのでなければ情けない。 それに対して、「哲建チンポ」という名称には、私のブログ名「哲建ルンバ」を批判、あるいは、非難するぞ、という意味が前半で、後半は「チンポ」、それだけ。 御自分というものがない、ということですか? あまりにも哀しいじゃないですか。
  私のブログ名・ブログネームは、いずれも戸籍上の名前ではありませんが、私の自己紹介にもなっているものであり、その意味で、まったく匿名でもありませんし、自分自身の人生について、ブログの中でも正直に述べたりしており、まったく、匿名で発言しているわけではありません。 今まで、コメントをいただいた方にも、ブログネームは実名ではない名前でいただいていますが、その名前を名乗られるにおいて、何か、その方に思い入れがあったかと思われる名前をつけられているように思い、このコメントをいただいた方は、こんな方なのかなあ・・・などと思いをもったりもいたします。 「哲建チンポ」などという名前を名乗って、それで、人がどういう印象を受けるか、ということを考えてみられた方が良いと思います。 あなたは、私のブログを批判・非難する為だけの「チンポ」ですか? そうではないのでしょう。 それなら、私のブログを非難するだけの名称ではなく、自分自身についてふりかえり、自分自身を表すのにふさわしいと自分で思える名前を名乗ってください。

   今後、私のブログに対して、コメントをいただく場合には、ぜひ、この部分について、自分はこの理由により、こう考える、というように、 論拠を示して批判をおこなってください。 どの部分についての批判であるか示し、論拠をしめしての批判であれば、その批判について賛成出来る場合、賛成できない場合にかかわらず、コメントをいただくことについては、大いに歓迎いたします。  そして、自分自身を卑しめるような名前を名乗らず、自分で自分に誇りを持てるような名前を名乗ってください。
   よろしくおねがいいたします。


   不当な境遇でも希望を求める人たちの本『モンテ=クリスト伯』、
   魂の詩人・中原中也、
   心の建築家・ウィリアム=メレル=ヴォーリズ、
 その3人の名前を勝手にいただいたブログネーム:
       モンテ=クリスト伯+中原中也+ヴォーリズ

(追記) この後、自称「哲建チンポ」さんから、
〔第47回〕《小出裕章氏の放射能汚染食品等に関しての「子供手当」的発想に疑問、他 》(2011.7.28.公開)http://tetsukenrumba.at.webry.info/201107/article_3.html に対しても、「チンカス野郎 ナメンナヨ!!」というコメントを、2011.8.1. 14:45に受けました。
  私の返答としては、この〔第46回〕《私のブログに「死ね!!」というコメントを入れられた方へ。》の内容の通りです。又、それ以外の返答はいたしようがありません。
  「チンポ」とか「チンカス」といったものに、ずいぶんとこだわりをお持ちのようですが、コメントされているものが、私のブログの中に登場する人に対してのものなのか、作成者に対してのものなのかもわかりません。 コメントされるのであれば、この回のコメント欄に、この回の内容に対してコメントいただいた方が良いようにも思うのですが、なぜ、この回ではなく他の回のブログに、コメントと言えないような「コメント」を入れられるのか理解に苦しみます。 
     (2011.8.1)

(追記) この後、自称「哲建チンポ」様から、
〔第53回〕《佐高 信(さたか まこと) による 武田 邦彦 批判に対する批判》http://tetsukenrumba.at.webry.info/201110/article_3.html にも、≪ 糞野郎元気か? 死んでくれ!≫という “コメント” が、2011年10月26日 14:22にありました。 自称「哲建チンポ」様への回答は、この〔第46回〕《私のブログに「死ね!!」というコメントを入れられた方へ。》の通りであり、それ以外に述べることは特にありません。 しかし、相変わらず、「糞」とか「チンポ」とかにこだわりがあるようですなあ・・・。 (2011.10.26.)

(追記) インターネットで検索して見ると、ブログのコメント欄に「死ね」というコメントを入れらる人は、私以外にもあるらしく、
≪「死ね!」と言われて自殺を図る子にコメント承認制は効果がない ≫http://ekken.blog1.fc2.com/blog-entry-859.html  他、いろいろ載っています。 何のつもりかわかりませんが、誰であれ、「死ね」とかいうコメントはやめた方がいいと思いますよ。 もっとも、自称「哲建チンポ」さんの場合、私のブログの話の中に出てくる人物に対して「死ね」なのか、作成者の私に「死ね」なのかもよくわかりませんし、わたしなんかは、天の邪鬼(アマノジャク)なのか、もう死にたいわあ~あ・・・とかいうような気持ちになっている時に、「死ね」と言われると、かえって勇気がわいてきたりしますけど・・・・・。
「黄色と黒は勇気のしるし。24時間戦えますか♪」→「YouTube―リゲイン CM 1990」 http://www.youtube.com/watch?v=E3W4m3lQ18E&feature=related    (2011.11.1.)


R.コルサコフ:シェエラザード
ユニバーサル ミュージック クラシック
2002-07-24
ゲルギエフ(ワレリー)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by R.コルサコフ:シェエラザード の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



中原中也詩集 (ワイド版 岩波文庫)
岩波書店
中原 中也

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 中原中也詩集 (ワイド版 岩波文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック