「建築家」と「建築屋」と「建築士」はどう違うのでしょうか??? 〔引っ越し掲載〕

(建築家+建築屋)÷2 〔より正確には (49×建築家 + 51×建築屋)÷100〕 のブログ(1)
 長年、住宅建築会社に勤めてきて、「建築屋」に愛着を持つようになりました。
 ところで、「建築家」と「建築屋」はどう違うのでしょうか。
 もうひとつ、「建築士」というのがあり、これは、1級建築士・2級建築士・木造建築士の国家試験に合格して登録した人が「建築士」と、わりと、はっきりとしているのです。但し、大学の建築学科を卒業して建築士の資格を取得したからということで、それで「建築家」になったようなつもりでいるニーチャン・ネーチャンを見ると、え~~え、それでえ~え~・・・と言いたくなったりもしますが、そうすると、「建築家」というのは、そうなにご立派なのか? というと、そうでもないような気もします。

 一般的な感覚としては、「建築家」というのは、たとえば、代々木体育館(東京オリンピック屋内総合競技場)・東京カテドラル聖マリア大聖堂・東京都庁舎とかを設計したという丹下健三大先生のように、なんかこう、おどろおどろしいものを作る人のことで、「姓は丹下、名は健三」とか名のられると、なんだかよくわかんないけどすご~~い・・・とか思ってしまいそうになったりして・・・という人のこと。 あるいは、黒川紀章さんみたいに、都知事選挙に出馬して落選する人のこと?・・とか思ったり・・・。 学歴としては大阪芸大中退の安藤忠雄という人が「建築家」と認定されるまでは、東大建築学科を卒業した人間で菊川怜以外の人間が「建築家」で、大学としては、マア、言うと怒られるかもしれないけれども、実際のところ、“下の方” の大学か建築専門学校あたりを卒業して1級建築士か2級建築士の試験に合格したということで“先生”になったようなつもりのニーチャン・オッサンが建築士で、学歴としては高卒か中卒であって、工事現場で仕事をしてきたということで、「匠の技」とかなんか、そんな感じの人と「文系学部」出身の人間が建築屋・・・みたいな感じ・・・がしていました。

あるいは、スタンドカラーシャツを着ている人が「建築家」で、作業服を着ている人が「建築屋」・・・???  さらに、作業服界におけるシャネルかイヴサンローラン、もしくは、サルバトーレフェラガモのような存在である「寅壱」の服を着ている人は「職人」・・・・???

 それで、建築会社に勤めて、「建築家」の気概と「建築屋」の現実性とをともに身につけた存在になろうと考え、自分自身を 「 (建築家+建築屋)÷2 」と定義づけてきました。このブログも 「(建築家+建築屋)÷2 のブログ」として、はじめさせていただきたいと思います。 これを読んでいると会社・学校に遅刻する~う・・ということがなければ、御一読いただくととてもうれしく思いますので、よろしくお願いいたします。
  
 ところで、自分で自分を「建築家」と思っている人には、「建築家」は「建築屋」より上だと思っている人が多いように思うのですが、「世界の丹下」が設計した 東京カテドラル聖マリア大聖堂(東京都文京区)は、竣工直後より雨漏れがしたということで、もしも、建築屋であれば、竣工直後から雨漏れがしたということであれば、直してくれと言われ、直さないなら建築費を返すか、さもなくば、壊して建替えろ、と言われるところであり、それを、「建築家」であれば、最初から雨漏れのする建物を作っても、それでも「名作」と評価されるのですから、「建築屋」から見れば、なんだか、「建築家」というのは、結構なお仕事だなあ・・・と言いたくなるようなところもあります。

画像

         ↑ 東京カテドラル聖マリア大聖堂(1964)    丹下健三

画像

   ↑ 東京カテドラル聖マリア大聖堂  竣工時から雨漏りしたという天窓部分


 ということで、どう考えても、無条件には、「建築家」が「建築屋」より上とは認めがたいと思っている建築屋、(建築家+建築屋)÷2 より正確には、 ( 49×建築家 + 51×建築屋 )÷100=私 という者のつぶやきでございます。 どうぞよろしく・・・。

なお、
スタンドカラーシャツ については、
http://www.e-yamaki.co.jp/yamaki/shirts/top3_collar15.html?bs_body=bc_stand.html
他を参照。

丹下健三 については、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B9%E4%B8%8B%E5%81%A5%E4%B8%89

東京カテドラル聖マリア大聖堂 については、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%AB%E3%83%86%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%AB%E8%81%96%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E5%A4%A7%E8%81%96%E5%A0%82  あるいは、
http://www.tokyo.catholic.jp/text/cathedral/katedoraltoha.htm

黒川紀章 については、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E5%B7%9D%E7%B4%80%E7%AB%A0

安藤忠雄 については、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E8%97%A4%E5%BF%A0%E9%9B%84

他をご参照ください。

====================================================================

以上は、「私が勤務する建築会社のホームページとリンクした私のブログ」に掲載した、そのブログの第1回のもので、この第1回≪「建築家」と「建築屋」と「建築士」はどう違うのでしょうか???≫は、2010年(平22年)8月に「公開」させていただいたものです。 事情により削除いたしましたが、私は、削除したものは内容のあるものと思っており、又、いったん、「公開」したものは、作成者のみのものではなく、賛否にかかわらず、読んでくださった方・読みたいと考えてくださる方と共有のものという性質をもっており、作成者といえども、「記憶違い」のものの訂正、補足、「入力ミス」の訂正などは良いと思いますが、完全な削除は、好ましくないと考え、ここに、「引っ越し掲載」させていただきます。(建築家+建築屋)÷2 〔より正確には (49×建築家 + 51×建築屋)÷100〕 のブログ 、もしくは、。(建築家+建築屋)÷2のブログ と記したものは、「引っ越し掲載」です。 よろしくお願いいたします。

==================================

〔 この稿は、「哲建ルンバ」としては、第3回ということになります。 〕


住宅巡礼
新潮社
中村 好文

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 住宅巡礼 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



今生きるヴォーリズ精神
晃洋書房
佐々木 伸尚

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 今生きるヴォーリズ精神 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック