アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「会社」のブログ記事

みんなの「会社」ブログ

タイトル 日 時
駅弁売場を見ると思いだす、なぜトンカツ弁当か。千葉工大の男は新幹線に乗せて私には出さなかった小堀住研
駅弁売場を見ると思いだす、なぜトンカツ弁当か。千葉工大の男は新幹線に乗せて私には出さなかった小堀住研 [第298回]    私は大阪出身で今は東京圏に住んでいますので、東京と関西の間を往復することがあります。 東京と関西とを行き来する手段としては、新幹線・飛行機・夜行バス・昼間のバス・東海道線(在来線)・マイカー といったものが考えられますが、一番、一般的なのは新幹線でしょう。    飛行機は高そうな感じがしますが、全日空は株主優待券を持っておれば半額で乗れます。(日本航空は、資本制経済の原理として、株主の権利がゼロになった時には、会社は存在しなくなるはずであり、会社が存続している以上は存続... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/04 21:58
建築CAD検定2級3級合格験体験記5−建築CAD検定の3級・2級・准1級の内容。 権威主義のバカ会社
建築CAD検定2級3級合格験体験記5−建築CAD検定の3級・2級・准1級の内容。 権威主義のバカ会社 [第221回]建築CAD検定2級3級合格験体験記≪5≫-パソコン・CAD学習帖3-5 【16】 2級・3級・准1級のいずれを受験するべきか。    全国建築CAD連盟 が実施する 建築CAD検定 には、私が受験を考え出した2004年においては、3級・2級とCADのカリキュラムがある高校の高校生限定で4級の3つの級がありました。 現在は、それに准1級ができて、5つになりました。 1級 は、将来、できる可能性もあるそうですが、今現在はありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/11 01:36
建築CAD検定2級3級合格体験記1−パソコン・CAD学習帖3 CADて何?学歴コンプレッスの経営者
[第217回]建築CAD検定2級・3級合格体験記≪1≫ 【1】 建築CAD検定 の 2級 と 3級 に合格したよ♪    聞いて、聞いて、聞いてえ。 2014年の10月の受験で、建築CAD検定の2級と3級に合格しました        )^o^(   (#^.^#)   (*^_^*)   すごいでしょお〜お・・・・て、誰もすごいと思わんか?  別に自慢するものでもないし、自慢してもしかたがないのだけれども、一生懸命努力した結果、なんとか合格できました。 ・・・・という文章を打ち込んで、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/11 00:48
「マルチ商法」と「良い商品」について。原理研そっくり、○○ウェイの勧誘。職場を悪用してのマルチ勧誘。
「マルチ商法」と「良い商品」について。原理研そっくり、○○ウェイの勧誘。職場を悪用してのマルチ勧誘。 [第192回]    私が勤めてきた千葉市中央区鵜の森町 の ◇◇ハウジング有限会社(建設業)に、マルチ商法の 「○○ウェイ」 にはまっている人が何人かいました。 「はまっている」と表現してしまうと、その活動をやっている人から怒られるかもしれません。「はまっている」というのは否定的な表現であり、それをやっている人としてはその活動に参加してはいても「はまっている」とは考えていないでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/08 11:09
ポケットに手をつっこむ営業・自分の靴を揃えない営業―良い営業・悪い営業、できる営業・だめな営業(2)
ポケットに手をつっこむ営業・自分の靴を揃えない営業―良い営業・悪い営業、できる営業・だめな営業(2) 〔引越掲載〕 〔(建築家+建築屋)÷2 のブログ 第36回〕    私は、住宅建築の営業の仕事を長くおこなってきましたが、他社や他社の従業員をライバル(好敵手、競争相手 rival)とはとらえても、決して、エネミー(敵 enemy)とは考えてきませんでした。     在来木造の I 社の栃木県のS展示場にいた時の同僚で、他の会社の担当者がお客様に出した郵便が宛先不明で返ってきたものが間違えて I 社に届けられた時、私が、その会社の担当者に返してあげるべきだと言ってもきかず、届けずに開封して... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/01/26 20:56
パロディ版の麻原彰晃〜R研究所(=R法人会)の、一見、漫画チックなファシズム 〔引越掲載〕
パロディ版の麻原彰晃〜R研究所(=R法人会)の、一見、漫画チックなファシズム 〔引越掲載〕 〔(建築家+建築屋)÷2 のブログ 第35回〕   このブログの第25、26、29、30回でも指摘した問題の多い団体のR研究所(=R法人会)は、企業でも、特に、中小零細のオーナー企業の経営者に取り入り、経営者に公私混同をさせて従業員の人権を侵害して従業員に強制的にR研究所(=R法人会)の行事に参加させるという不当なやり方を常套手段にしています。   それとともに、R研究所(=R法人会)に精神汚染されてしまった哀しい経営者のもとに、「職場の教養」という名の冊子を紙爆弾のごとく大量に送りつけ( ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/26 20:33
社会人のルール・会社人のマナー・商人の掟 〔引越掲載〕
社会人のルール・会社人のマナー・商人の掟 〔引越掲載〕 〔(建築家+建築屋)÷2 のブログ 第30回〕   昔から、真面目に商売をおこなってきた人達の間では、自分は自分、人は人として、「ひと様の商売に口出すことはしない」という、わかっている人にとってはあたりまえのことが商人の掟とされてきたわけです。 会社という形での運営が主になってきても、他社に対して干渉するようなことはするべきではない、ということが、会社人のマナー、そして、社会人のルールとして、認識されてきたのであり、それを心がけていない者は、社会人として、あるいは、会社人として、2流以下、プロ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/26 20:05
「親孝行しろよ」と人に言いたがる人達〜貧困なる精神構造 〔引越掲載〕
「親孝行しろよ」と人に言いたがる人達〜貧困なる精神構造 〔引越掲載〕 〔(建築家+建築屋)÷2 のブログ 第29回〕    世の中には、「親孝行」なるものを自分がやろうとする人と、自分がやるのではなく、ひとに「親孝行しろよ」と言いたがる人とがいるように思います。 ひとに「親孝行しろよお」などと言うのなら、その前に、それよりも、自分自身が行えばよさそうですが、そういう人は、たいてい、自分が「親孝行」をやりたいのではなく、ひとに「親孝行しろよ」と言いたいのであって、客観的に見れば、頭を冷やして考えれば、そういうことを言っている人こそ、「親孝行しろよお」と言われてよさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/26 19:58
倫理は人に教えるものか、倫理は人から教えられるものか。 〔引越掲載〕
倫理は人に教えるものか、倫理は人から教えられるものか。 〔引越掲載〕 〔(建築家+建築屋)÷2 のブログ 第26回〕   前回、千葉県に複数の営業所を持つリフォーム会社Wホームの社長Hさんが入信していたR研究所(=R法人会)という神道系の宗教の団体にして右翼系の政治団体について述べました。 R研究所(=R法人会)は、「太陽を拝みなさい」とか言いながら、法律上、宗教団体になっていないことを理由に「宗教ではないんです。倫理の団体なんです。」と言ってはぐらかそうとしているのですが、法律上、宗教団体になっていなくても、実質的に宗教の性質を持つ団体は宗教の団体です。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/26 19:36
明石家さんま のピッチングコーチは役立つか? 〜営業と会社の話(1) 〔引越掲載〕
明石家さんま のピッチングコーチは役立つか? 〜営業と会社の話(1) 〔引越掲載〕 〔(建築家+建築屋)÷2 のブログ 第25回〕  どこがいいのかわからないけれども、今では、日本で知らない人がないくらいの有名芸人になった明石家さんま が最初にテレビに出だしたのは、巨人から阪神に移籍した小林繁投手のモノマネであったと思います。江川卓との交換トレードで阪神に移籍してすぐに最多勝をあげて注目された小林繁の投球フォームを真似た動作がテレビに頻繁に登場しましたが、たしかに小林の投げ方とそっくりではあったのですが、だからといって、明石家さんま が小林と同じ球を投げることができたのかとい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/26 19:32
「木造の靴のはき方」VS『できる男のシューズ学』―良い営業・悪い営業、できる営業・だめな営業〔1〕
「木造の靴のはき方」VS『できる男のシューズ学』―良い営業・悪い営業、できる営業・だめな営業〔1〕 〔引越掲載〕 〔(建築家+建築屋)÷2 のブログ 第20回〕    私が、最初に住宅建築業の会社に勤め始めた時から数えて20年を超えました。もっとも、途中で、建築ではなく不動産の会社に勤めた時期もあり、失業者であった期間もありますので、実際に勤めていた期間は20年未満ですが、いずれにせよ、この業界で働く人間の中ではベテランの方になるのは間違いないと思います。    私は、もともと、中学生や高校生の頃から建築業の仕事をしたいと思っていたわけではなく、営業の仕事をしたいと思っていたわけでもなく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/26 18:43

トップへ | みんなの「会社」ブログ

哲建ルンバ 会社のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる