哲建ルンバ

アクセスカウンタ

zoom RSS 橋下徹の君が代強制礼拝式の当日は、海外旅行へ行こう、or、そうだ 京都 行こう。

<<   作成日時 : 2012/02/03 00:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

〔第80回〕
   今は昔。 もう35年ほど前のこと。 「橋下徹が卒業した北野高校」という言い方は同校の卒業生として、人間として少なくとも橋下よりはまともな人間であると自負している者として、極めて不愉快であるが、今では、「野間宏の出身校の北野高校」「川島武宜の出身校」「手塚治虫の出身校」「森毅の出身校」「佐伯祐三の出身校」と言うより「橋下徹の出身校の北野高校」という方が世間に通るようになってしまった北野高校に私が橋下よりも10年ほど早く入学した時のこと。
[わからない方のために説明すると、野間宏・・・文学者。『真空地帯』(岩波文庫)・『親鸞』『狭山裁判』(岩波新書)他。 川島武宜(たけよし)・・・民法学者。『結婚』『日本人の法意識』(岩波新書)・『民法総則』(有斐閣 法律学全集)他。 手塚治虫・・・漫画家。『鉄腕アトム』『どろろ』『アドルフに告ぐ』他。 森毅・・・数学者。『数学受験術指南』『元気がでる教育の話』(中公新書)他。 佐伯祐三・・・画家。]
   4月の最初に「入学式」があり、各クラスの担任の先生の紹介があったが、その時、あるクラスの担任の20代の女性教諭(政治思想的には「少なくとも真ん中より右」の人)が「今、海外旅行に行かれていまして、欠席されています」ということがあった。 それをどう考えるべきなのか、その時はよくわからなかった。 勉強は勉強できっちりとやって、遊ぶ時は徹底して遊ぶ、学ぶ時は学び、教える時は教え、海外旅行に行く時は行く時で遠慮なく行く・・・・とプラスに評価するべきなのだろうか。 今では海外旅行などは、誰でも比較的簡単に行くようになったけれども、35年ほど前は、今ほど簡単に誰でもは行かない行けない時代で、それを、海外旅行に行って見聞を広めるというのは、さすがに北野高校の教諭だけある・・・・と、ほめるべきことなのか・・・・、どうなのかよくわからなかった。但し、私の親などは、「入学式に海外旅行で欠席するなんて・・・。」と言っていたし、そう思う父兄はあったと思う。学校の先生にも有給休暇はあり、有給休暇を取得して悪いことはないはずだけれども、息子の入学式・娘の入学式だからということで、休むのは厳しい状況でも、無理をして有給休暇を取得して会社を休んで入学式に出席した父親・母親もいるわけで、そういう父兄の間では、「? 」と感じる人もあったと思う。 高校在学中は、この件について、どう考えるべきかよくわからなかったが、卒業して何年も経ち、会社というとことに勤めるようになって、考えると、たしかに、授業が始まってから休むよりも、入学式を休んだ方が、授業の進行に支障はないのであり、その点では、生徒にマイナスにはならないかもしれないけれども、しかし、そうであっても、もしも、私が、高校の教諭であったならば、もしも、私が高校の教諭になっていたとしたら、生徒のために、入学式には出席するようにしてあげたい、自分の仕事としてやるのであれば、病気や怪我ならしかたがないけれども、そうでなければ、出席するようにしてあげたい、と思うようになった。もし、私が高校の教諭になっていたら、どれだけのことができたかはわからないけれども、できるだけのことを生徒にしてあげたいと思うし、「できるだけのこと」の中には、入学式には出席する、ということも含まれる。

   しかし、である。 橋下徹松井一郎 中西正人の3名、
 “ 悪のトライアングル ” が、
「入学式」「卒業式」を 君が代強制礼拝式 にしようとしている
 のだ。 そうなると、話は変わってくる。

   私が小学生とか幼稚園児とかであった頃、まだ、世間には、ストライキというものがあった。今でも、法律上はあるのだが、実施されることは本当に少なくなった。 それとともに、今はJRになった国鉄には、「順法闘争」というものが行われることがあった。 「順法闘争」って、どういう意味なんだろうなあ? と、子供のころ、ずっと、思っていた。 要するに、完全に列車を止めるのではなく、ノロノロ運転をすることを「順法闘争」と言っていたのだが、なんで、ノロノロ運転を「順法闘争」と言うのだろう、と言葉の意味がよくわからなかった。
   本来、公務員であろうが公共事業であろうが、労働者である以上は、労働三権(団結権・団体交渉権・団体行動権〔争議権〕)は認められなければならない権利であり、公務員であるとかなんとか理屈をつけて認めないというのは間違っており、それを認めさせる闘争であるという主張で「順法(遵法)」〔法に遵う〕と書かれたものを、その頃、見たことがあるように思う。
   労働法においては、「順法〔遵法〕」〔法に遵う(したがう)〕闘争とは、労働者が使用者に対して、主張を通すための闘争の手段として、それまで、法を守ってこなかった問題を、「法を守る」ということで使用者側にアピールするというものを「順法闘争(遵法闘争)」と言う。 たとえば、労働基準法破りの長時間労働をおこなってきたものを、労働基準法の規定時間を超えては時間外労働はおこなわない、というのは、あくまで、法を守っているのであり、ストライキの是非など論じる対象にならないことになる。 交通機関であれば、猛スピードでの運転は危険である、ということで、民法第90条には公序良俗違反の法律行為は無効と規定されており、職場における業務命令も、法律に違反する業務命令が無効であるのとともに、公序良俗に違反する業務命令も無効であり、安全を無視した猛スピードでの運行を要求する業務命令は無効である、ということで、安全運転の実施、ということから、低速度での運行というものがでてくる、ということが考えられるわけです。 

   今から20年くらい前、相撲の横綱・2代目・若乃花(今の間垣親方)が、親方(二子山親方、初代・若乃花)の娘と離婚して、再婚する結婚式の時、二子山親方(初代・若乃花)は、今も自分の部屋の弟子であるけれども、同時に、自分の娘の離婚した相手でもある2代目・若乃花(間垣親方)の再婚する結婚式に、「結婚式なんだから、めでたいことじゃないか。」と言いながら、「用事で欠席」したというのを新聞で見た記憶がある。
   なるほど、物事の対応のしかたとして、「用事で欠席」というものがあるのか、と、その時、まだ、「大学生」であった私は、ひとつ、「世の中のこと」を勉強した。


   ところで、大阪の公立の学校をおのれの私物であるかのように勘違いしている 橋下 徹 ・ 松井一郎 ・ 中西正人 の “ 悪のトライアングル ” が、「卒業式」を 「君が代強制礼拝式」 にしてしまおうと画策し、「君が代強制礼拝」に同意しない教員を解雇しようとしているというのであるが、その対応としてであるが、ここは、ひとつ「穏便に」、「用事で欠席」するのが「大人の対応」ではないか、・・・ということを考えた。
   「穏便に解決」という「大人の対応」である。

  
   これも、今は昔。 「こまわりくん」という漫画の主人公がいた。 漫画の名称は『がきデカ』といい、山上たつひこ という人が書いていた。 一時は、相当に人気があった。 かなり、下品な漫画ではあるが、それまで、多くの人間が思いつかなかった発想での漫画であった。
※ 私くらいの年代の人間には知らない人はあまりないと思うが、最近の若い人では知らない人もあるかもしれない。知らない人は、
「ウィキペディア―がきデカ」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8C%E3%81%8D%E3%83%87%E3%82%AB
「がきデカ 画像」http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%81%8C%E3%81%8D%E3%83%87%E3%82%AB  他参照。

   小学生である“少年警察官”「こまわり」が「かーちゃん」からおつかいを頼まれてお金を渡されたものの、家の前で、ギャクをやっていると、「かーちゃん」から、「変なギャクやってんじゃないの。早く行きなさい。」とひっぱたかれ、「こまわり」が、
「くっそお〜お。 思いっきり、ひっぱたきやがったな。
腹が立つから、いっちょ、このカネで、
   キャバレーでも、行ってこましたろか!
     トルコでも行ってこましたろか!
 」
と言ってポーズをとる、という場面があった。
  なお、ここで言う「トルコ」というのは、聖ソフィア寺院などがあるイスタンブールなどのあるトルコ共和国のことではなく、当時は「トルコ風呂」といった、今でいう「ソープランド」のことである。

   な〜るほど、人の大事な「卒業式」を 「君が代強制礼拝式」にしやがって、くっそお〜お。
腹が立つから、いっちょ、その時間に、
   キャバレーでも行ってこましたろか!
      ソープランドでも行ってこましたろか!
 

   実際のところ、橋下・松井・中西の
  “ 悪のトライアングル ” が実施する 君が代礼拝強制式 などという不潔なものに出席するよりも、
ソープランドにでも行った方が、 よっぽど “ 健康的 ” ではないか!


   やっぱり、人間は、健康第一! でんなあ〜あ・・・・。

   しかし、である。 橋下・松井・中西の ”悪のトライアングル” が実行する 君が代強制礼拝式 なんぞに出席するよりは、
  いっちょ、その時間にキャバレーでも行ってこましたるか! ソープランドでも行ってこましたるか!
というのは、なんらやましいことではないと思うし、 その方が、よ〜っぽど、“健康的”だと思うのであるが、
それをやった場合、右翼系のマスコミに、「学校の先生が卒業式を欠席して、キャバレーに行った」と非難する大義名分を与えてしまう危険性があると思うのだ。
  もうひとつ、その時間帯に、キャバレーが開業しているかどうかという問題もあるし、「卒業式」は午前中が多いのに対して、ソープランドも、昼からじゃないか? 
  それで、実際のところ、無理にソープランドに行かなきゃならんこともなく、風呂は風呂でも、
  サウナ風呂ですっきり! でもいいのだけれどもね。


  そこで、思い出すのが、私が高校(“橋下徹の出身の北野高校”)に入学した時の入学式である。 「海外旅行に行って入学式を欠席」という先生がいらっしゃったのである。 (政治思想的には「少なくとも真ん中より右の人」がである。) それで、それをどう評価するかは人によって異なったのであるが、別に、入学式の日に海外旅行に行ったからということで、「懲戒」も受けないし、「左遷」もされていないし、ましてや、「解雇」なんかされていないわけですよ。彼女は。 2年の時には私のクラスの担任になった彼女は。
  君が代強制礼拝式 なんぞという不潔なものに うかつに出席して、それで、
 
 「 君が代に対する礼拝のしかたが不敬であーる!」
とかなんとか言われて解雇されるくらいならば、
ですよ。
  さっさと海外旅行に行った方が、よ〜っぽど、いいじゃありませんか♪

  ・・・ということで、
ハワイがぼくらを呼んでいる♪   行こうよ、シンガポール♪ 
 君が代強制礼拝式の当日は、
  “ ローマの休日 ” “ パリの恋人!” 
  れっつごー! 
※「ローマの休日」・「パリの恋人」は、
⇒《YouTube―「ローマの休日」予告編》http://www.youtube.com/watch?v=w0byyOJVabc
  《YouTube―【予告】「スクリーン•ビューティーズvol.1」パリの恋人 》http://www.youtube.com/watch?v=aT-OfaWmVTs

⇒ 大阪市・大阪府の教員の皆さん、 パスポートの準備はお早めに! 
 

  今は、海外旅行も私が高校生くらいの時より安く行けるし、行きやすくなったけれども、しかし、世の中、そのカネのない人もいるかもしれないし、海外旅行の準備が間に合わないなんて人も中にはいるかもしれない・・・。 そういう人はどうすればいいか・・・。

   そうだ 京都 行こう 


“ ぞくっとしたのは、冬の寒さだけが原因だろうか?”(↓)
画像

   ↑ 東寺 〔東寺真言宗総本山〕 金堂 (国宝)  (ユネスコ世界遺産)
最寄駅:近鉄京都線「東寺」。 JR「京都」駅から徒歩でも遠くない。
  東寺 に行った時、「ぞくっ としてのは、冬の寒さだけが原因だろうか?!?」というコピーの入ったポスターが金堂であったか講堂であったかに貼られていました。 たしかに! 東寺の金堂も、講堂も、外から見ても、中に入っても、「ぞくっ、」とする建物で、そして、それは、決して、「冬の寒さ」だけが原因ではない。 
※東寺 のホームページは、 http://www.toji.or.jp/
    行こうぜ、京都。 行こうぜ、東寺。
画像

      ↑ 大原 三千院(さんぜんいん) 有清園と弁天池
       「京都〜♪ 大原 三千院♪
        恋に疲れた 女が ひとり〜♪
       結城に塩瀬の素描の帯が、池の水面(みずも)にゆれていた
        京都〜♪ 大原 三千院♪
         恋に疲れた 女が ひとり〜♪ 」
画像

      ↑ 大原 三千院 往生極楽院  (重要文化財) 
  大原はいい。 三千院もいいし、寂光院も、大原全体がいい。
 恋に疲れていなくても、女でなくても、大原はいい。  
※三千院 のホームページは、http://www.sanzenin.or.jp/ 
「京都」「三条」「四条河原町」「出町柳」からバス、「大原」下車。

画像

      ↑ 栂ノ尾 高山寺(こうざんじ)  参道。
       「京都〜♪  栂ノ尾(とがのお) 高山寺(こうざんじ)♪
        恋に疲れた 女が、 ひとり〜♪
       大島紬につづれの帯が、影を落とした石畳、
        京都〜♪ 栂ノ尾 高山寺(こうざんじ)♪
          恋に疲れた女が、 ひとり〜♪」
画像

      ↑ 栂ノ尾 高山寺 石水院(国宝) (ユネスコ世界遺産)
※栂尾山高山寺 のホームページは、http://www.kosanji.com/
JR「京都」駅からバス。 「栂ノ尾」下車。
※デュークエイセスが歌う「女ひとり」(永六輔 作詞、いずみ たく作曲)を知らない方は、(知ってる人も)
⇒「YouTube―女ひとり by デューク・エイセス.avi」http://www.youtube.com/watch?v=ZMFllRWuxfE


  ということで、大阪市・大阪府の教員の皆さん。 アホの橋下 なんかにかかずらってるより、
 そうだ 京都 行こう。
 ・・・・・・、まあ、四天王寺 でも お初天神 でもいいんだけどね・・・。
  「右翼の橋下」が喜びそうなところで、湊川神社 とか、四条畷神社 というのも、けっこう、悪くないかもお〜・・・・。 観心寺もいいな♪
 

   それで、私なんかが小学生の頃は、「日教組のストライキ」というものがあったんですよ。 なんか、今となっては、なつかしいけれども。  それで、小学生の頃は、「先生は、ストで学校に来ないけれども、きみらは来るんやで。来て、教室で、きっちり自習するんやで。ええな。」と言われて、きっちり、そうしていたわけです。 今から思うと、小学生って、真面目やなあ〜あ・・・・と思いますね。 
   だって、もしも、大学で、先生が同じことを言ったとしたら、大学生は、来ると思いますか?
たぶん、誰も来んだろう。 
   最近では、ストライキというものが本当に少なくなって、やるのは プロ野球選手会くらい になりましたが、
プロ野球選手会が、ストライキをやって、「ぼくらは、球場には来ないけれども、観客の皆さんは、球場に来て、観客席に座って、グランドを見てるんやで。」と言ったら、誰か来るか? というと、誰も来ないと思うのです。
   それを、小学生は、来るんだから、えらいなあ〜あ、ほんまに小学生は真面目やなあ〜あ・・・。

   ということで、先生が、ハワイに言ったり、シンガポールに言ったり、京都に言ったり、お初天神に行ったりする以上は、生徒の方も、別に、君が代強制礼拝式 などという不潔なものに出る必要はないでしょう。
   卒業証書などというものは、何も、君が代礼拝式で渡さなければならないものでもなし、君が代礼拝式に受け取らなきゃならないものでもなし。
   マア、君が代礼拝式 は、橋下・松井・中西とそれと同類の教員だけで、どうぞ。

   「順法(遵法)」とは法に遵う(したがう)ことを言い、「順法闘争(遵法闘争)」とは法に遵う(したがう)ことによって、使用者側の不当な態度と闘うことを言います。 有給休暇はこういう時に使わずに、いったい、いつ、使うんですか? (まあ、サラリーマンからすれば、学校の先生て、夏休み・冬休み・春休みがあって、ま〜だ、有給休暇が取れるとは、けっこうなお仕事でんなあ〜あ・・・という気になりますけどね。 でも、まあ、取ればいいでしょ。合法なんだもん。) 「真ん中より右の人」が海外旅行に行って入学式を欠席しても、「懲戒」も「左遷」もないし、当然、「解雇」もなかったから、安心して取っていいんじゃないですか。(本人、大威張りだったし。) 君が代強制礼拝式 などという不潔なものに出席するより、有給休暇使って、海外旅行でも行った方が、よっぽどいい。

  ということで、君が代礼拝式 の当日は、
「大人の対応」「穏便な対応」として、
 海外旅行に行こう♪ 
    もしくは、
 そうだ 京都 行こう。
 ・・・・・・・・ということで、決まり。

 おい、橋下、なんか、文句あるか? 


ー・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
    もしも、海外旅行が気に食わない、京都もだめ、と言うならば、
⇒それなら、君が代礼拝の間だけでも、ウンコするしかないのだけれどもね。 ウンコして悪いとは言わんだろお。 ウンコ。 だって「出物腫れものところかまわず」と言うように、ウンコはがまんのしようがないでしょ。 トイレ行ってだめだってんなら、そこでするよ。 何を?てウンコだよ。 ウンコ!

   大阪市・大阪府の教員の皆さん、大阪市・大阪府の中学生・高校生の皆さん。
君が代礼拝式 の時には、 
 ⇒ ウンコ するに限る。 ウンコ!
 

    なんてったって、ウンコ!!!

  おい、橋下、おまえ、まさか、ウンコするな、なんて言わないよな。
 もし、ひとにウンコするなと言うなら、まず、自分が実行しろ。自分がウンコするな!
  橋下こそ、ウンコするなよ! 一生、ウンコするな! 金輪際、ウンコするな! いいな!
  
           (2012.2.2.)

☆ 永六輔作詞・いずみ たく作曲「女ひとり」に、「大原 三千院」「栂ノ尾 高山寺」とともに登場する「嵐山(らんざん) 大覚寺」と名古曾の滝跡 の写真は、
大覚寺・大沢池・名古曾の滝
1.大覚寺参道、覚勝院。「持明院統」と「大覚寺統」 http://tetsukenrumba.at.webry.info/201704/article_1.html
2.宸殿・正寝殿ほか http://tetsukenrumba.at.webry.info/201704/article_2.html
3.庭湖館・霊明殿・御影堂・心経殿・唐門。慈性親王は殺されたのか?http://tetsukenrumba.at.webry.info/201704/article_3.html
4.五大堂・安井堂(御霊殿)。五大堂と大沢池と桜。五大明王とは。http://tetsukenrumba.at.webry.info/201704/article_4.html
5.大沢池、名古曾滝跡と「女ひとり」。「君が代」は音楽的に良くない理由 http://tetsukenrumba.at.webry.info/201704/article_5.html
6. 大沢池東岸より。JR「嵯峨嵐山」駅、阪急「嵐山」駅他。http://tetsukenrumba.at.webry.info/201704/article_6.html
で掲載しましたので、どうぞ、ご覧くださいませ。
 (2017.4.15.)


京都・観光文化検定試験―公式テキストブック
淡交社
京都商工会議所

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 京都・観光文化検定試験―公式テキストブック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



がきデカ 1 (少年チャンピオン・コミックス)
秋田書店
山上 たつひこ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by がきデカ 1 (少年チャンピオン・コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
どら声で「君が代」を歌えばいいと思います。
これ以上の遵法闘争はないです。
むの
2012/03/20 10:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
橋下徹の君が代強制礼拝式の当日は、海外旅行へ行こう、or、そうだ 京都 行こう。 哲建ルンバ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる